コラム カメラのナニワ 京都店

【楽しく撮ろうよ!カメラと散歩 001】 デジタルカメラでオールドレンズを使ってみた!

こんにちは、カメラのナニワ京都店スタッフの宮田です。
収差がどうこう、レンズ構成がどうこう、8Kだの4Kだの、ミラーレスが、裏面照射が。(@_@)
カメラって、デジタル・フィルム問わず難しい話が多いですよね。
難しい話は置いといて、楽しく写真を撮りながら基本スキルが上がればいいんじゃない?
そんなことを考えながら、この「楽しく撮ろうよ!カメラと散歩」コラムを書いていこうと思います。

まずは第一回目。
「デジタルカメラでオールドレンズを使ってみた!」

最近フィルムカメラが大学生に人気みたいですね。「エモイ写真が撮れる!」と言う事で、当店のフィルム現像内容も、7割がエモイ系の写真です。エモイ写真が撮りたいとフィルムカメラを探しに来たり、古いレンズを買いに来たりと多くの若い方にご来店いただいております。
そこで今回は、デジタルカメラにオールドレンズを付けて、フィルムライクなポヤポヤっとした写真を撮ってみました。

今回は、カメラを始めてみたい。オールドレンズに興味がある。ポヤポヤしたエモイ写真が撮りたい。散歩が好きな方(笑)むけに、詳しい説明やテクニックは省いております。第一回目として「こんな写真が撮れるんだ」という、カメラ初心者への入口になればと思います。

↓全シリーズの一覧はコチラをクリック♪

【楽しく撮ろうよ!カメラと散歩 全シリーズ】

 


・・・・ 用語解説 ・・・・

◆オールドレンズって何?

簡単に言うと、フィルムカメラ時代のレンズたち。古い、古いレンズです。
独特のボケ具合や、フレア、ゴーストが出たりと写真に味を加えてくれます。
カメラとレンズのメーカーが違うと付けることが出来ないことがあります。
また、同じメーカーでも取り付けができない場合もあるので注意が必要です。
その場合は、マウントアダプターが必要になります。

◆マウントアダプターって何?

カメラとレンズの間に取り付ける事で、違うメーカー同士でも取り付けが可能になるリング。
ペンタックスM42レンズを富士フィルムXシリーズのカメラに付けたり出来ます。
いろいろな種類が発売されています、カメラ・レンズにあったものを選びましょう。
自分のカメラを店頭に持ってきて店員さんに聞いてみるのも良いでしょう。


・・・・ カメラと散歩 開始! ・・・・

デジカメに50㎜レンズ1本を取り付けて、京都植物園を散歩してきました。
曇り時々晴れ、気温36度の蒸し風呂状態の中、なるべく爽やかな写真にする為、色調をブルー側に寄せておます。

まずは、温室内の写真。
手前の花にピントを合わせ、背景に空を入れて明るめに撮影。
ポヤッとした背景が、爽やかさを演出してくれます。

同じく、手前の葉っぱにピントを合わせてバックに明るい反射と葉っぱを入れて撮影。
なんともない景色も、ボケと明るい色調で夢の中のような写真に。
オールドレンズらしいポヤポヤ感が出てますね!

アクセントに赤い花?を入れてみた。色調をブルー系に寄せているので、非現実感とポヤポヤ感が相まって素敵。

足元の花も撮ってみた。つやつやとした花弁、周りのやわらかいボケが花を立体的に見せてくれる。
それにしても、温室内は湿度がすごい。ムシムシしている。。。

今回は絞りがf1.8と言う明るいレンズを使った。そのためピントの合う範囲が狭く、絞り開放で接近してとるとこのようにピントの浅い「えもいわれぬ(エモイ)」写真ができた。また周辺が落ち込み暗く写るので、この水滴写真のように逆手を取って中心を明るく撮影することもできる。

温室内の高山植物コーナー(クーラーが効いている)で体をリセット、自販機で冷たいお茶飲んで、外に出る。
薄曇りで、花の撮影するにはもってこいの天気。だが気温は36度を超えている、5分歩くと汗がダクダク。
そんな中、鳥居があったので撮影。逆行気味にして明るめに写るように露出を調整。

ヒマワリを探したが、みんな首が下を向いていてあまり面白くない。バラ園に行ってバラを探すも枯れかけている物が多い。そんな中、自動水まき機の真下にあるバラが、キラキラと輝いていたので撮影した。よく見るとシャボンボケしている、オールドレンズらしいボケだ。


何気ない、アスファルトに飛び出した小さな花も、オールドレンズ、絞り開放、色調ブルーで、エモイ写真に。

あまりにも暑すぎて、倒れる前に一旦避難。家に帰ってお昼寝。
体調を整えて夕方から八坂神社の方へ。
夜になると境内の提灯にあかりが点く、たくさんの提灯が子供の頃みた夏祭りとダブってノスタルジックな気分に浸れる。

 

小さな石灯篭に近づいて撮影、絞りは開放。バックの自販機がうまい具合にボケてくれた。
ポヤポヤとした明かりの中に、エッジの効いた「祇園」の文字が柔らかく浮かび上がる。

今回の「カメラと散歩」でお気に入りの写真はこちら。
家の近くの線路の写真。シンメトリックでレールのキラキラ感が素敵でした。
色調をブルー系に寄せているので、なんだか気怠い夏の朝感が。。。

実際は、夕方だったのでこのような感じ。
デジタルカメラだと、後から色の調整ができるので表現の幅が広がって作品つくりが楽しい。

今回の作例は、CANON FD50mm f/1.8 SC (1973年発売)をマウントアダプターで、愛機のFuji X-T3(2018年発売)に付けて撮影しました!
柔らかな色の出方、シャープなピントの切れ味、暗い所でも撮れる明るさ、独特のボケ具合。
エモイ系、ポヤポヤ系にする為、色調をブルー系にしていますが、通常の色調もとても素晴らしいレンズでした。
通常の色調の写真も紹介します。

柔らかな色の出方、グラデーションが素晴らしい

キレッキレのピント

暗くなってもへっちゃら、開放絞りで夕方でもスナップが撮れる

独特のボケ具合、柔らかくとろけるよう。


・・・・ 最後に ・・・・

いかがでしたでしょうか?
デジカメ&オールドレンズでの撮影。
今回はエモイ系に絞って撮影してみましたが、通常撮影も素敵な描写。
カメラに、写真に興味を持っていただけたでしょうか。
次回からは、写真撮影の基本などを作例を交えて皆様と一緒に楽しんでいきたいと思います。

「いや~、カメラって良いですね。 (^_-)-☆ 」ではまた!


******************

カメラのナニワ京都店は、四条通沿いにございます。
京都へ遊びに来た際は、一度のぞいてみてください、よろしくお願いします。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

コラム
2020/11/30

インスタ映えにも!フィルター効果で新しい表現に出会える 〜オリンパスのアートフィルター作例紹介〜

コラム
2020/11/30

【1994年】生まれた年のカメラを使ってみよう!!【平成6年】

  • #生まれ年カメラ
  • #同い年カメラ
  • #フイルムカメラ
  • #ニコン
コラム
2020/11/25

【年が】生まれ年のカメラで遊ぼう!!~1986年~【ばれるネ☆彡】

  • #生まれ年カメラ
  • #同い年カメラ
  • #写ルンです
  • #フイルムカメラ
  • #富士フイルム
もっと見る