撮影テクニック カメラのナニワ 心斎橋本店

ニッシン「i60A」でストロボライティング入門!(オンカメラ編)

ブログ初登場です!カメラのナニワ心斎橋本店の阿部です。

突然ですが皆様、ストロボって難しいイメージがありませんか?

暗い所でストロボを使って明るく撮影しようとしても、不自然な写真になってしまったり、明るさがうまく調整できなかったりしますよね。

今回は私の大好きなニッシンのストロボ「i60A」を使って簡単、綺麗にライティングする方法をご紹介いたします。

 

ニッシン「i60A」とは

まずは「i60A」の紹介をいたします。

ニッシンジャパンが販売しているクリップオンストロボで、単三電池4本で動きます。

キヤノン用、ニコン用、フォーサーズ用、ソニー用、富士フイルム用と主要カメラメーカーに対応してます。

超小型ながら、ガイドナンバー60と大光量。

NAS対応電波式レシーバー内蔵で、カメラと離してワイヤレスでライティングすることも可能。(ワイヤレスでのライティングは次回のブログで解説します。)

純正のクリップオンストロボに引けをとらない高性能でありながら、純正と比べて手頃なお値段で、ライティング入門にはぴったりの機種なんです。

 

i60Aでオンカメラ・ストロボライティングに挑戦しよう

オンカメラ・ストロボライティングとは、カメラにクリップオンストロボを取り付けて行うライティングのことです。

クリップオンストロボの一番メジャーな使用方法ですね。

ライティングの効果が分かりやすいように、モデルさんに来てもらいました。

紹介します。ベティちゃんです。

 

 

可愛いですね。

今回は室内にバック紙を引いて、カメラには三脚を立てて撮影します。

今回の目標は彼女を明るく、可愛く撮ること

カメラの設定はすべてF7.1 シャッタースピード1/30 iso200で撮影します。

まずはストロボ発光なしで撮影してみましょう。

 

はい、暗いです。怖いです。単なる恐怖写真となってしまいました。

ではいよいよストロボを使ってみましょう。

i60AはTTL調光が可能で自動で明るさを合わせてくれますが、せっかくなので今回は光量をマニュアルで設定します。

まずはストロボを直接ベティちゃんに当ててみます。

(光量 1/16)

明るくはなりましたが、肌や髪に立体感がなく、不自然な写真になりました。そして背景に光が回っていません。

よくある失敗例で、ストロボの光を真正面から直接当てているのが原因です。

オンカメラストロボで自然な写真を撮るためには、もっと柔らかい光を当てる必要があります。

では次に光をバウンスさせてみましょう。

 

ストロボテクニック「バウンス」とは

バウンスとは、ストロボを被写体に直接向けず、天井や壁に向かって発光させ、反射した光を被写体に当てることです。

これによって光が拡散し、直接光を当てるよりも柔らかい光を当てることができます。

今回は天井を使ったバウンスを行います。

まずはストロボの角度を少し上にあげてみましょう。

(バウンスすると光が直接当たらないので、光量は1/2まで上げました。)

そうするとどうでしょう。

まだ光は硬いですが、さっきと比べるとかなり柔らかい印象になりました。

次にストロボを真上に向けます。

全体に光が回ってより自然な印象ですが、少し光量が足りないかもしれません。

そこでワンポイントテクニック!

i60Aには「キャッチライトパネル」が搭載されています。

ストロボの裏をスライドさせると白い板が引き出されます。

被写体の瞳に光を入れてより可愛く見せることができるのでポートレート撮影などに威力を発揮します。

また、キャッチライトパネル自体も光をバウンスしてるので、真上に向けて光量が少し足りない時や、バウンスさせるべき天井がないときなどにも活躍します。

キャッチライトパネルを使った写真がこちら。

かなり微妙な違いですが、少し肌が明るくなったのと、瞳の光(キャッチライト)がより強調されましたね。

 

今度はストロボを斜め後ろへ向けて、自分の背中側の壁でバウンスさせてみましょう。

(光量 1/1)

自然さ、柔らかさは一番ですね。

ベティちゃんの可愛さを上手く引き出せたと思います。

 

最後に、ズーム機能を使った写真を紹介します。

i60Aではレンズ画角に応じて照射角を自動変化させる、オートズーム機構を搭載しておりますが、あえて照射角をマニュアルで設定して一味違う当て方も試してみましょう。

レンズの画角は48mm相当ですが、ストロボの照射角を200mmに設定し、直接ベティちゃんに向けて発光させると、スポットライトのように狭い範囲に光を当てることができました!

 

ストロボはこわくない!

いかがでしたでしょうか?

確かにストロボをいきなり使いこなすのは難しいかもしれません。

でも光を自在に操ることで、きっともっと色んな、素敵な写真が撮れることでしょう。

あなたもi60Aでストロボライティングに挑戦してみませんか?

(オフカメラ・ストロボライティング編へ続く)

 

使用機材

■ニッシンジャパン i60A

■FUJIFILM X-H1

■フジノンレンズXF16-55mmF2.8 R LM WR

関連の記事

撮影テクニック
2019/10/19

ニッシンストロボ「i60A」とコマンダーで、オフカメラライティング!

撮影テクニック
2019/10/16

【撮影テクニック】かっこよく物撮りをしてみよう!の巻

  • #オススメ
撮影テクニック
2019/08/24

【独創的な写真が撮れる!?】特殊効果フィルターを使ってみた

もっと見る