イベント 梅田買取センター

2016CP+(シーピープラス) LOMO ロモ

トイカメラの元祖的な存在といえば!やっぱりLOMO!ですよね!

そのLOMOからも色々新製品が発売され楽しい写真が撮れそうですよ~!

 

LOMO

 

 

まずは定番のLC-A+

LOMO

LOMOといえばだれもが思い浮かべるロングセラーモデルですね!

特徴は時々ばっちり決まってシャープに写るゾーンフォーカスは慣れると!

結構ピントはしっかり来ますよ~!

慣れないうちはピンボケ写真になる事も多いですが!!

次に強烈に鮮やかに写る32mm f2.8 Minitarレンズ!コントラストも際立ってますね!

そしてNEWモデルとして17mm f4.5 Minigon1 ウルトラワイドレンズ搭載のLC-W

もラインナップされました!ロモならではの写真の世界がひろがりました!

LOMO

なんじゃーこりゃー!!!!

LC-Aのデザインはそのままになんと120ブローニフィルムモデルも新発売!!

その名も LC-A120 そのまんまですね~~!

LC-Aの写りをそのままに120フィルムでも味わう事が出来ちゃうんですね~!

ピントはもちろん4段階のゾーンフォーカス 多重露出機能 ケーブルレリーズ 三脚穴

等の機能も満載です!

LOMO

LOMO

もちろん定番商品となったアクションサンプラーや LUBITELもありました!!

そしてLOMOの目玉商品は!なんとLC-Aのレンズ部分をMマウント化した!

THE LOMO LC-A MINITAR-1 ART LENS 2.8/32です!

デジタルカメラでLC-Aのレンズ特性でもある周辺光量落ちヴィネット効果を

存分に味わって楽しめますね!

LOMO

 

1958年に発売されたRUSSAR(ルサール)20mm f5.6 スーパーワイドアングルレンズも

LOMOによって蘇りました!

シャープな写りでスーパーワイドアングルを楽しめます!

LOMO

 

このThe New Petzval 58mm f1.9は新搭載のボケ調整リングにより

ユニークなぐるぐるボケが7段階で楽しめるんですね!

しかもこのレンズニコンFマウント仕様とキヤノンEFマウント仕様があるので

今お持ちのニコンのデジタル一眼やキヤノンのEOSデジタルで楽しめるんですよね!

LOMO

LOMO

ロシアレンズの名作jupiterもLOMOが復活させましたね!

50mm f1.5

やわらかで力強い!きれいなボケ味が楽しめるのでポートレート等の

人物撮影で威力を発揮してくれることでしょう!

このLOMOGRAPHY ART LENSESシリーズですがこれからも色々でてきそうなので

目が離せない存在になりそうです!

梅田中古買取センター まるやま

 

 

 

この記事のハッシュタグ

関連の記事

イベント
2018/09/08

フジXシリーズで撮る「ちん電(阪堺電車)撮影体験セミナー」を開催

  • #オススメ
  • #富士フイルム
イベント
2018/08/31

【写真家たちの新しい物語】 吉永陽一写真展「いきづかい-いつもの鉄路」【大阪地区写真展情報】

  • #富士フイルム
イベント
2018/08/21

芸術に触れる一生に一度の秋・写真展をPickUp!

もっと見る