撮影地情報 タカチホカメラ 天神店

【撮影地情報】 到津の森公園

こんにちは、タカチホカメラ天神店 長島です。

10月になり緊急事態宣言も解除されましたが、まだまだ制限がある生活が続きます。

これからの時期は、屋外で動物たちに癒されながら撮影されるのはどうでしょうか?

今回紹介するのは、北九州市の到津の森公園です。

動物園を中心にミニ遊園地、芝生広場などもあり、北九州市民のオアシスような場所です。
現在動物は、約90種480頭羽居るそうです。

作例は、数年前に撮影した分を参考までにご覧ください。

使用機材は、EOSKISS M+EF-EOS M+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMです。

三脚据えて撮影は、他のお客様のご迷惑になるので、全て手持ちで撮影しています。

セイロンゾウ( f5 1/250 ISO160 253mm(35換算158mm))

セイロンゾウ(f4.5 1/160 ISO320 100mm(35換算160mm))

ゾウはのんびりとした性格です。

有料で餌を上げることができるので、長い鼻を器用に使うので、餌を上げて見るのも

いろいろな写真が撮れるポイントになります。

ライオン(f4.5 1/200 ISO400 100mm(35換算160mm))

ライオン(f5 1/320 ISO1000 160mm(35換算320mm))

寝てることが多いですが、ガラス越しに迫力ある写真も撮れます。

フードを付けたレンズをガラスに押し付けて撮影すると反射が少ない写真が撮れます。

アミメキリン(f5 1/250 ISO160 158mm(35換算253mm))

アミメキリン(f5 1/320 ISO250 148mm(35換算236mm))

キリンは、背が高い~生物です。高いところの葉っぱもむしゃむしゃよく食べています。

到津の森には、展望台のような餌代があるので、そこに上って目の前で餌を食べる姿を観察や撮影できます。

ヤギ(f5.6 1/400 ISO100 227mm(35換算363mm))

ヤギ(f6.3 1/500 ISO100 135mm(35換算216mm))

ヤギ(f5.6 1/320 ISO160 200mm(35換算320mm))

ヤギの飼育場は、岩山と岩山が丸太橋で結ばれているので、

真下からいろんなアングルで撮影ができます。

夕方になると、夕日がヤギたちをいい感じに照らし出してくれます。

チャップマンシマウマ(f4.5 1/200 ISO200 100mm(35換算160mm))

チャップマンシマウマ(f5.6 1/640 ISO2000 400mm(35換算640mm))

シマウマは、なんと言っても、縞々の縞模様がおしゃれです。

その影響なのか、いろんな表情を見せてくれます。

タイミングが合えば、隣のキリンとツーショットで撮影ができます。

ニホンザル(f5 1/320 ISO100 148mm(35換算237mm))

ニホンザル(f5 1/320 ISO100 158mm(35換算253mm))

ニホンザルは、サル山に50頭生息しています。

1頭1頭個性があるので、とにかくいろんな表情や仕草が撮れるので、

最高の被写体になることは、間違いないと思います。

ちなみに毛づくろいをしてるのではなく、蚤取りをしています。

Lレンズでふさふさの毛並みの描写力にはしびれます(蚤は写ってませんでした)

ワオキツネザル(f5.6 1/640 ISO3200 340mm(35換算544mm))

ワオキツネザル(f5.6 1/640 ISO2500 400mm(35換算6400mm))

ワオキツネザルは、小さな体ですが、すごい運動能力が高いおさるさんです。

休憩している時を狙って撮影しましたが、檻越しに撮影するので、解放絞りで

撮影し、檻消していますが、よく見るとぼんやり写っていますね。

 

今回使用したEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのレンズですが、
Ⅱ型になり、手振れ補正が4段分になり、I型より少し重量は増しましたが、
手持ちで撮っても、使い勝手は格段によくなりました。
檻越し撮影方法は、檻にできるだけ近寄り、解放絞りで撮影すると檻が消えます。
ガラス越しで反射をできるだけ抑える方法は、レンズをできるだけガラスに密着させると反射が抑えられます。
今回撮影場所の、北九州市の到津の森公園は、動物園以外にミニ遊園地、
芝生広場などもあり、北九州市民のオアシスような場所です。
花も園内で沢山咲いていますが、10月下旬位からは園内が紅葉で彩り始めます。
紅葉の彩りとかわいい動物たちと一緒に撮影されるのも良いかなと思います。

最後に簡単な利用案内です。

【所在地】

福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8

【開園時間・休演日】

9:00~17:00

毎週火曜日休園日

【アクセス】

公共交通機関

●JR利用の場合:小倉駅下車、小倉駅バスセンター→バスで約25分→到津の森公園バス停→徒歩1分

●福岡市内方面高速バス利用の場合:西鉄天神バスセンターより「小倉駅行/いとうづ号」→到津の森公園バス停→徒歩1分

車利用の場合

●カーナビ等で、福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8または、到津の森公園と検索(駐車場は、北ゲート付近にあります)

ここを見て訪問される際は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
マスクの着用など予防対策をお願いします。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

撮影地情報
2021/09/09

【作例付き撮影地情報】 気分はイタリア?「日本のアマルフィ!?・和歌山県雑賀崎」

  • #キヤノン
  • #パナソニック
  • #デジタル一眼
撮影地情報
2021/09/06

【撮影地情報】京都府亀岡市穴太寺付近の彼岸花

  • #キヤノン
  • #オススメ
  • #富士フイルム
撮影地情報
2021/08/07

【作例付き撮影地情報】 和歌山県の夏「日本のエーゲ海!?・白崎海岸」

  • #AFレンズ
  • #キヤノン
  • #デジタル一眼
もっと見る