商品レビュー カメラのナニワ 梅田2号店

【これ以上50mm単焦点を生やさないために】COSINA Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

どーーーーーん!!!はい、こんにちは、カメラのナニワ梅田2号店の若林です。

今回のレビューは、今までで実際に触ってもらい、
欲しいと言った人が最も多いレンズのレビューです。

前回レビューした Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF
ピントリングを回しながらファインダーを覗くと危険なレンズでしたが、
今回は焦点距離が半分、そう50mm、 Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF です。

なんとなく想像していただけると思いますが、
あの危険な100mmから50mmになったぶん
使いやすくなってしまったんですよね。
つまり、危険度合が二倍になったわけですよ。

前に書いた Nikon F3 × AI Micro-Nikkor 55m f/2.8S のブログより
危険なブログです。マイクロニッコールも軽くて扱いやすいですが
ファインダーを覗いた時の違いが歴然としています。

実例として、
外光が入るオシャレなカフェで
「このレンズ使ってみ」って言って貸して
使ってもらったら、
「は?やば!何コレ!?」
ってリアクションをしました。
それからそいつは絶対買うと言い、
出物を探し中なんですよね。
こわいこわい。


このレンズのレビューやブログで、空気感まで写すって
言われてるんですけど、本当です。
なんか開放からシャープ、絞れば...
っていう定型文が嫌いなんで、
他の人と違う表現をしたいんですが、
このレンズはそう言いたくなるというか
本当に素晴らしいレンズです。
レンズ1本残すとしたら
残すレンズ1本にこのレンズを選びます。

ちなみにこのコンビがさいつよです。
はぁ~鬼かっこいい。。。


【作例】
フィルム編

フィルム:EKTACHROME E100 F値:F2.0 ボディ:F100
ハンドルがイカしてますねぇ~
写真右上に口径食が出ていますね。

フィルム:EKTACHROME E100 F値:F8.0 ボディ:F100
砂紋です。砂丘です。中田島砂丘です。
これデジタルで撮影していたら等倍で見てもらいたいやつですね。

フィルム:EKTACHROME E100 F値:どちらもF8.0 ボディ:F100
レンズの性能且つ、リバーサルということもありますが、
コントラスト高めです。

フィルム:EKTACHROME E100 F値:どちらもF5.6 ボディ:F100
ローライフレックス3.5Fでレビューしたときに写真を使わせていただいた、
げしとうじさんのチキン野菜ミックス大盛りです。
できるだけ被写界深度を稼ぎたかったので
手ブレしないギリギリのシャッタースピードで撮影しました。

フィルム:EKTACHROME E100 F値:F5.6 ボディ:F100
コーヒーにはコントラストがあってもいいんじゃないでしょうか。
直射日光でシャッタースピードを稼げたので、ある程度絞れました。
個人的に被写界深度薄々の写真が嫌いなので
できるだけ絞るようにしています。

フィルム:EKTACHROME E100 F値:どちらもF2.0 ボディ:F3HP
わずかに外光が届いたので、1/30でブレずに撮影できました。
50mmでも寄れる強みが、こういったカフェなどのテーブルフォトで生きてきます。

フィルム:EKTACHROME E100 F値:1,2枚目F2.8、3枚目F4.0 ボディ:F3HP
起用に立ち回ることができるのが
マクロレンズのいいところですね。
F1.4の単焦点よりF値が数段落ちたマクロレンズのほうが
普段使いにもいいと思います。
あたしはF1.4の単焦点レンズには戻れそうにないです。
マクロプラナーを試された方なら
この気持ちが理解できるのではないでしょうか。

フィルム:PORTRA400 F値:F5.6 ボディ:F100
カラッとしていて、いかにもフィルム写真って感じがします。
気持ち色乗りコッテリしている気がします。

フィルム:TRI-X400 F値:F5.6 ボディ:F3HP
本当にフィルムか?と思わせるような描写です。
本当にエロいです(描写が)。

フィルム:TRI-X400 F値:F4.0 ボディ:F3HP
鉄とか、水とか、木を撮ることでどんな写り方なのかを
見るんですけど、このレンズの写りはエロいです。

フィルム:TRI-X400 F値:F2.8 ボディ:F3HP
この日は曇りだったのでシャッタースピードが稼げなかったので
F値も開き気味で撮影。本当はF5.6ぐらいに絞りたかったですが、
それでもバッチリ写してくれます。

フィルム:TRI-X400 F値:1枚目F4.0、2枚目F2.8 ボディ:F3HP
この時は11月、紅葉の時期だったような気がするんですが、
桜が咲いていました。場所は大阪城公園です。
非常に美しかったです。


【デジタル編】

※ボディはX-Pro2なので焦点距離は35mm判換算約75mmです

フィルムシミュレーション:プロビア F値:F8.0 ISO:200 SS:1/900秒
F8.0まで絞れば、四隅までしっかり描写されます。
6000px×4000pxで載せてますので
クリックして確認してみてください。

フィルムシミュレーション:プロビア F値:F8.0 ISO:200 SS:1/280秒

フィルムシミュレーション:プロビア F値:F11 ISO:400 SS:1/750秒
こちらもトリミングせずそのまま画像載せていますので、
クリックしてご確認ください。

フィルムシミュレーション:クラシッククローム F値:F2.0 ISO:200 SS:1/1300秒

フィルムシミュレーション:プロビア F値:F5.6 ISO:200 SS:1/150秒

フィルムシミュレーション:プロビア F値:F5.6 ISO:200 SS:1/480秒

フィルムシミュレーション:プロビア F値:F2.0 ISO:400 SS:1/1700秒

フィルムシミュレーション:プロビア F値:F2.0 ISO:400 SS:1/75秒
Super Nettel 536/24のレンズ右下輝度の高いところにパープルフリンジが出現しました。


【まとめ】


良くないところ
・絞り開放でパープルフリンジが出現
・絞り開放付近で口径食になる
・標準レンズとしてはやや重たい
・寒いところではキンキンに冷える
・すでに生産完了しているのでやや入手しづらい

良いところ
・ファインダーを覗くだけで格別な世界が味わえる
・あたかも写真が上手くなったかのように感じる
・マクロレンズのなかでもF2.0という明るさ
・見た目かっこいい
・かつてないピントリングの滑らかさ
・フィーリングが神
・これ一本あれば何もいらないと思うからコスパが神
・だから他の50mmレンズがいらない

以上
このブログは自称Zeiss信者の若林が書きました。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2019/05/20

【作例付】RICOH GR Ⅲ 使用レビュー

商品レビュー
2019/05/16

キヤノン EOS Kiss X5《京都の猫 撮影レビュー》

  • #キヤノン
  • #デジタル一眼
  • #オススメ
商品レビュー
2019/04/29

【商品レビュー】ママたちにオススメ!CANON EOS kiss M

  • #キヤノン
  • #ミラーレス
もっと見る