商品レビュー カメラのナニワ 梅田2号店

グロ注意!!【写ルンですより写らないマジで生理的にムリなレンズ】ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm 使用レビュー

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

ブログのタイトルのインパクト強めなんですが、
そのタイトルに伝えたいことが全て詰まっています。

そして、最初に警告しておきます!!

※見る人によっては気分を害するかもしれませんので苦手な方は引き返してください。

※アイキャッチ画像で無理な人は絶対に見ないでください。この後にえげつない画像がありますゆえ。


ナニワグループのブログ内で過去に
カビやクモリに関することを書いたブログがあります。
そのブログが知識として得やすいと思います。↓の2記事をぜひご覧ください。

【コラム】レンズにカビが生えたりクモるって、本当?

【コラム】レンズのカビとかキズって実際写りに影響あるの(゚Д゚)?

上記した2つのブログと今回のブログが違うことをお伝えするならば

「カビの生え方と、曇り方が異常(比較対象にもならないレベル)で何も写らない」

です。

「写ルンですより写らない」と言わしめたその結果を
下に綴っていますので、ご覧ください。


【恐ろしく汚い光学状態】

このレンズ、どういった経緯でこのような状態になったかはわかりませんが、
ここまで状態が悪いレンズは初めてです。
13群20枚のレンズ構成がどのようになっているかをご覧ください。

まずは前群

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

前群すべての前玉の表と裏その周辺全てにおいてカビが生えています。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

正面から見るとこのような状態。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

アイキャッチ画像に使用した写真です。おぞましいです。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

レンズ周辺のコバにも容赦なくカビが生えています。


続いて中群

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

少し、ピントがあまいですが、バルサム切れが発生しています。もちろんしっかりカビも生え、しっかりとクモリもあります。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

ペンライトで照らしてiPhoneで撮影。バルサム切れの見本ですね。 水たまりに浮かぶ油といいますか、ゲリラ豪雨の雨雲レーダーのエコーといいますか、、、


後群

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

こちらもペンライトで照らしiPhoneで撮影。後玉にしっかり生えており、コバ部分、マウント部分もおそらくカビです。


中群と後群の間(グロ注意)

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

お月様でもコロナウイルスでもないです。レンズ前側から奥にピント合わせて撮影しました。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

ギャアアアアアアアアアア!!!!

拡大したくなるやん?
ここまでくると美しくも感じてしまう。

こんなものを見てしまうとレンズの管理をしっかりしたくなります。
管理に対しての気が引き締まりますね。
防湿庫がいかに安全で楽に保管できる場所かを痛感します。
人間もそうですが、レンズも不要不急の外出を控えるべきです。
自宅の防湿庫、もしくはみんなの防湿庫(カメラ屋)
保管するようにしませう。


【実験】

これだけ中身を細かくご覧いただいたうえで
実写しないのはモッタイナイので撮影してきました。

まずは、わかりやすいようにまったく同じ環境での撮り比べです。

※ボディは5D MarkⅢを使用しました。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

こちらがEF 24-105mm F/4.0 L IS USMを使用し撮影しました。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

こちらは上で撮影した状況とまったく同じ状況でこのレンズを使用し撮影しました。

!? !? !? !? !?

2.5m先にいるアタシはいづこへ?

シルエットがうっすらと見えるだけ、、、

写真を見た瞬間にポルナレフのあのセリフが脳裏をよぎりました。
みなさんも「そんなわけあらへん」「絶対ありえへん」
「写らへんことはないやろ~」って思ったとおもいます。

アタシもそう思いました。
でもですね、5D MarkⅢの光学式ファインダーで覗いても
何も見えないんです。ピントリングを回しても、
ファインダーで見える光景に変化がなかったです。

「何を言ってるのかわからねえと思うが、俺も何が起こっているのかわからなかった。」

だって、今まで写らなかったレンズを体験したことがなかったし、
曇ってても、カビが生えていても大抵写ってた。
その考えを見事にぶち壊してくれた。

なぜここまで写らないのか、、、それは

【中群から後群にかけての曇り方が異常だから】

このレンズは13群20枚のレンズ構成で前群には20枚の内6枚しかレンズが使われておらず。残りの14枚で中群から後群が構成されています

その中群から後群が異常に曇ってカビが生えており、写真がまともに写らないようになっています。また、撮影に影響が出るのはレンズの前側より後ろ側の方、つまりはイメージセンサー(撮像素子)に近いほど出やすいのです。

まさに、最悪の状態と呼ぶにふさわしく、写らなくて当然です。

余談ですが、1967年に発売されたこのレンズ、
13群20枚という張り切ったレンズ構成で
50mm~300mmでF4.5通しは
かなり値段が高かったのではないでしょうか?
そのレンズがこのありさまですので、
みんなの防湿庫の管理人(カメラ屋の店員)としては悲しいです。


【作例】

※ボディは5D MarkⅡを使用しました。
※ファインダーで見える光景は濃霧に等しいレベルです

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

まずは店の外へ出て、撮影した。隣のビルである。青空に赤い看板の白いビルというところまでは把握できます。 もちろんピントは合っています。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

店の中から外へ向け撮影。青空と白いビルまではおわかりいただけると思います。もちろんピントは合っています。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

太陽に向けてそのまま撮影。右側に写るオレンジ色の光はビルの反射光です。写らないということは情報が整理されて見やすいということ。ん?

これはビルとビルの間に向けて撮影した画像、ピントは奥側のビルに合っています。決して黒つぶれはしておりません。

上の画像の3分割した左下の交点ぐらいの位置をスポイトで見てみた。上で伝えたとおり黒つぶれはなく暗めのグラデーションが存在する。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

交差点で逆光で撮影。ちらほら見える点光源は車からの反射光です。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

F/4.5 1/800秒 ISO400 50mm 桜の枝を撮影。この頃はまだ綺麗には咲いていませんでした。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

F/4.5 1/800秒 ISO400 50mm 最短撮影距離2.5mで桜を前ボケにし撮影。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

F/4.5 1/800秒 ISO400 50mm 上と同じく、最短撮影距離2.5mで桜を前ボケにし撮影。センサーの汚れが見えます。

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

F/4.5 1/1250秒 ISO400 50mm 川沿いの桜の木を撮影。木の下でお花見している人が楽しそうですね。(たぶん念写)

この写真はiPhoneXSで撮影しました。続いて下の写真をご覧ください。まったく同じ位置から必ず大阪城が写るように撮影しました。↓

ZOOM-NIKKOR Auto 1:4.5 f=50mm ~ f=300mm

F/4.5 1/1000秒 ISO400 50mm iPhoneXSと画角は違いますが、大阪城が写るように撮影しました。(大事なことなので2回言いました)しかしながら見事な大阪城です。堂々と君臨しています。(心の中に写っています)

 


いかがでしたでしょうか?

結果として

  • 古い単焦点レンズの強いクモリ程度はまだ写る(今回のレンズに比べ)
  • レンズの一枚や二枚が曇っていてもだいたい写る(よほどキツイ曇りでなければ)
  • ズームレンズなどの搭載されているレンズが多いと曇り方次第で写らない(今回が良い例)
  • レンズの後方ほど撮影に影響がでやすい(デジタルでもフィルムでも変わりません)
  • 写らないレンズは存在する
  • 写ルンですより写らないレンズは存在する

写らないレンズの使用レビューなんて矛盾しているかもしれません。
でも矛盾しているからやらないのではなく、
矛盾しているからこそやるべきなんです。
写って当たり前と思うこと自体が間違いの可能性だってある。
変に道を踏み外さない限りね、、、

以上、カメラのナニワ梅田2号店の若林でした。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2020/09/11

【新製品】ニコン Z5 使用レビュー

商品レビュー
2020/09/01

【タムロン28-200RXDレンズで撮ってみた】晩夏点描・超標準ズームレンズの実力!

  • #レンズ
  • #便利
  • #一眼
  • #撮影
  • #ソニー
  • #タムロン
商品レビュー
2020/08/31

”カメラ”熱中症に注意!【使う】クラシックカメラ

もっと見る