商品レビュー カメラのナニワ あべの店

ツァイス ミルバス21mm F2.8 ZEにて撮影してきました!

カメラのナニワ あべの店のみやもとです。

 

春のこの季節は、段々とあったかくポカポカ陽気が続いています。
花の撮影や風景写真の撮影などが、ほかの季節と違って楽しめますね!

今回ご紹介するレンズは、ツァイス Zeiss  Milvus ミルバス 21mm F2.8 ZE(キヤノンEFマウント) です。

 

見た目にも流線型の曲線ラインが際立ち、独特のレンズ雰囲気を漂わせています。

今回キヤノン EOS 5D MarkⅡにツァイス ミルバス 21mm F2.8 ZEを装着して撮影してきました。天候も良く撮影日和でした!!

撮影場所は大阪府和泉市にある、リサイクル環境公園です。
この時期は、ラッパ水仙が一面に咲いていました。
ラッパ水仙が終わると芝桜が一面に咲きはじめます。

 

(シャッタースピード1/320秒・絞りF8・ISO 100   絞り優先・ホワイトバランス オート)

広大な畑一面に咲き乱れている様子を、広角21mmの画角を活かして撮影してみました。
今回はC-PLフィルター(偏光フィルター)を持っていなかったので青空がくすんでしまっています。
...反省

(シャッタースピード1/1000秒・絞りF2.8・ISO 100   絞り優先・ホワイトバランス 太陽光)開放絞りF2.8を活かして撮影してみました。
背景に小さいボケ玉ができています。標準ズームレンズに比べると、明るいレンズになるため、シャッタースピード1/1600秒のように、早めのシャッタースピードで撮ることが可能です。

 

(シャッタースピード1/1600秒・絞りF2.8・ISO 100   絞り優先・ホワイトバランス 太陽光)

 

最後に最短撮影距離である、22cmまで近くに寄って撮影しました。背景のボケ味が良い感じです。
ピント合わせはMFのみなので、ピントリングが大きくかつ適度なトルクもあるのでAFレンズと違い微調整などしやすく使いやすいです。


*商品仕様に関しては、全長87.3mmで重量が755gで開放F値が2.8と明るくフィルター径は82mmとなっております。
*最短撮影距離は22cmなので被写体に近づいて撮影ができます。
*レンズにはZeiss  T* 反射防止コーティングが施されており、そしてレンズのエッジの部分には墨塗りも施されております。
最も際立つ性能は、フレアやゴーストの発生を極限まで軽減されていることです。

やはり、Zeiss  T* 反射防止コーティングが活きているのでしょうか!!
描写力も良くフレアやゴーストの軽減も良く純正レンズと異なりさすが、ツァイスのレンズでした。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

カメラのナニワ・スタジオ728

あべの店 みやもと

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2019/04/21

気軽にツァイスの描写を楽しめるカメラ CONTAX G1

  • #コンタックス
商品レビュー
2019/04/14

魅惑の一眼 Canon EOS 5D《京都の猫 撮影レビュー》

  • #キヤノン
  • #デジタル一眼
商品レビュー
2019/04/12

人気オールドレンズ三番勝負!

  • #オールドレンズ
もっと見る