商品レビュー レモン社 銀座教会店

ニコン AI Noct-Nikkor 58mm F1.2Sを試写しました

1977年、開放絞りでの夜間撮影を目的に作られた、Nocturne(夜想曲)からその名をとったといわれるニコンNoct Nikkor 58mm F1.2が発売されました。
そして2013年10月31日、現代のノクトとしてAF-S Nikkor 58mm f/1.4Gが発売されています。

レンズの設計は、レンズが明るくなればなるほど収差の補正が困難であり、広角化・大口径化するほど著しく発生するサジタルコマフレアの発生がレンズ設計の大きな課題となり、とりわけ大口径化がメーカーの技術力の高さの指標となっていました。
※サジタルコマフレアとは画像同心円方向に広がるコマ収差で画像のコントラスト低下を及ぼします

サジタルコマフレアによるコントラストの低下は、日中の順光では目立ちませんが、被写体が点像で、コントラストの高い夜景や天体の撮影に限っては非常に目立ってしまうようです。
その問題解決としての回答が、ノクトニッコールだったのです。

ニコン AI Noct-Nikkor 58mm F1.2S(1)

 

ニコン AI Noct-Nikkor 58mm F1.2S(7)

上記写真のピントの位置を調整

ニコン AI Noct-Nikkor 58mm F1.2S(4)

1/320 F2.8 ISO100 WB:AUTO

ニコン AI Noct-Nikkor 58mm F1.2S(5)

1/40 F4 ISO100 +2.0 WB:電球

ニコン AI Noct-Nikkor 58mm F1.2S(6)

1/15 F5.6 ISO100 +2.0 WB:フラッシュ

ニコン AI Noct-Nikkor 58mm F1.2S(3)

 

フレアを抑えたレンズなので、フレアによるフワッとした柔らかい、トロトロな絵がお好みなら、AI Nikkor 50mm F1.2Sの方が適しています。ポートレートも同様かと思います。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

Mamiya 7Ⅱ + N 43mm F4.5L
商品レビュー
2020/10/02

【最強の超広角レンズ】Mamiya N 43mm F4.5L 作例付き使用レビュー

  • #Mamiya7Ⅱ
  • #広角レンズ
  • #マミヤ
  • #中判
  • #レンジファインダー
商品レビュー
2020/09/30

フィルムカメラデビュー!【撮影条件別 作例付き】Kodak M35

  • #M35
  • #使いやすいフィルムカメラ
  • #簡単フィルムカメラ
  • #オススメフィルムカメラ
  • #フィルムカメラデビュー
  • #Kodak
  • #初心者
  • #フイルムカメラ
商品レビュー
2020/09/27

憧れの高級カメラLEICA X VARIO【愛猫 撮影レビュー】

もっと見る