中古在庫情報!「SUPER WIDE HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II」

2017年6月27日

コシナ製の超広角レンズの入荷です。

スーパーワイドヘリアー15mm/F4.5 アスフェリカルⅡ

Lマウントのスーパーワイドヘリアー15mmF4.5アスフェリカルの光学系はそのままに、

ライカMマウント互換のVMマウントにしたマニュアル 単焦点レンズです。

レンズフードは、一体型

距離計連動になり、レンズ先端に52mm径のフィルターが装着可能となりました。

レンズ構成は、6群8枚 非球面レンズなどを使用して諸収差を補正

画角110° 絞り羽は10枚 最短撮影距離 0.5m

距離計連動範囲 ∞~0.7m(カメラにより異なる) 重量 156g

 

ランク:AB (少スレあり) 付属品:F/Rキャップ

PLU:2221130196977

ナニワ価格:¥43,000-

当店では、Leica(ライカ) カメラ・レンズはもちろん、

他メーカーのMマウントレンズも高価買取致しております。

最新デジタル一眼レフカメラに買換えをお考えなら、まずはお問い合わせください。

新品は、ズバリ ナニワ価格でお安く!カメラ買取り価格は高価買取り!

最新機種への買い替えなら下取り優待でさらにお得です!

カメラのナニワ 心斎橋店 電話:(06)-6281-4133

ご来店お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 


【関西発】おすすめ!撮って楽しい、乗って楽しいローカル鉄道10選

2017年6月20日

こんにちは。鉄道マニアの池田です。

ここ数年、鉄道ブームのようで、雑誌やテレビでも良く特集が組まれています。

特にローカル鉄道は、のどかな田園風景や山間部など景色に良いところを走っている路線が多く、撮り鉄するにも、乗り鉄するにもピッタリの鉄道なんです。

そこで今回は、私が実際に行って撮影したことのある関西近郊のローカル鉄道を、都道府県別にご紹介したいと思います。

撮影、鉄道旅の参考になればと思います。

 

【兵庫県】

北条鉄道

小野市の粟生駅と加西市の北条町駅を結ぶ13.6Kmのローカル線です。この路線の魅力は田園地帯を走る列車だけでなく駅舎にもあり、法華口駅、播磨下里駅、長駅は国登録有形文化財にも指定されています。

また、かぶと虫列車やサンタ列車などの季節限定のイベント列車も運行されています。

 

播磨下里駅~長駅で撮影

「とまれみよ」と書かれた踏切が何だか懐かしい。沿線にはこんな風景がいっぱいです。

 

播磨下里駅~長駅で撮影

秋の沿線にはコスモスが咲いていました。コスモスだけでなく、沿線は田園地帯ですので色づいた稲穂もキレイです。

 

網引駅~田原駅で撮影

のどかな田園地帯を走る列車。田んぼに水を入れたばかりの頃は、水面に映る列車を狙うことができます。

 

法華口駅で撮影

ボランティア駅長さんで有名な法華口駅。去って行く列車にいつまでも手を振る姿はステキです。また、この法華口は駅舎も風情があり、特に桜の時期には絶好の被写体となります。

 

北条鉄道は関西からも比較的近く、オススメのローカル線です。

 

 

JR播但線

姫路駅と和田山駅を結ぶ65.7Kmの路線で、姫路駅から寺前駅までは電化されており、国鉄型の電車が走っています。寺前駅から和田山駅までは非電化区間で、ディーゼルカーが走ります。

和田山駅のひとつ手前の竹田駅は、天空の城として有名な竹田城跡への最寄り駅となっています。

 

新野駅~寺前駅で撮影

姫路駅から寺前駅までは、国鉄車両の103系が走っています。6月上旬、上の撮影場所は一面の麦畑でした。

 

長谷駅~生野駅で撮影

播但線の有名撮影ポイント。1両編成の列車より、編成の長い特急列車「はまかぜ」の撮影に向いています。寺前駅から和田山駅間の普通列車は、キハ40系の気動車が走ります。

 

もし青春18切符等で山陰方面へ行かれる場合は、福知山線経由ではなく景色の良い播但線経由がオススメです。

 

 

【京都府】

京都丹後鉄道

「丹鉄」の愛称で親しまれる京都丹後鉄道は、兵庫県の豊岡駅と宮津駅を結ぶ宮豊線、宮津駅と舞鶴駅を結ぶ宮舞線、そして福知山駅と宮津駅を結ぶ宮福線の3路線があります。

特に宮舞線は美しい海岸線沿いを走り、撮り鉄、乗り鉄を楽しませてくれます。

また、車両も豊富で観光列車の「くろまつ号」「あかまつ号」「あおまつ号」をはじめ、「丹後の海」という特急列車なども運行され、撮り鉄にとっては色んな車両が撮影できるので楽しい路線です。

 

丹後由良駅~丹後神崎駅で撮影

丹後由良駅~丹後神崎駅で撮影

京都丹後鉄道でもっとも有名な撮影ポイント、由良川橋梁。長さ約550mの鉄橋をのんびりと列車が走ります。この場所以外にも、奈具海岸などの絶景ポイントを列車は走り、乗り鉄にも最高の路線です。

 

 

【滋賀県】

近江鉄道

近江鉄道は滋賀県下で最古の私鉄であり、滋賀県東部を4路線が走り抜けています。

米原駅から彦根駅を通り多賀大社前駅を結ぶ彦根・多賀大社線、高宮駅から八日市駅を結ぶ湖東近江路線、八日市駅から近江八幡駅を結ぶ万葉あかね線、そして八日市駅から貴生川駅を結ぶ水口・蒲生野線の4路線で、観光名所を訪れるのにも便利な鉄道です。

近江平野ののどかな風景の中を走る列車はとても絵になります。

 

太郎坊宮前駅で撮影

近江鉄道には黄色い車両の列車が走ります。写真は万葉あかね線の太郎坊宮前駅で撮影しました。

 

太郎坊宮前駅付近で撮影

この写真も太郎坊宮駅付近で撮影しています。春に訪れて、駅付近をプラプラ散策していると菜の花畑があり、それと絡めて撮影した1枚です。有名撮影ポイントも良いですが、自分の足でポイントを探すのが楽しいですね。

 

武佐駅~近江八幡駅で撮影

この場所もたまたま車で走っていて見つけたポイント。田園地帯の線路沿いに桜並木があるのが目に止まり撮影した1枚です。

 

近江鉄道は、まだ私自身1回しか取材をしてませんので、あまり魅力的なところをご紹介できませんが、テレビやネットを見ると撮りたくなる場所がいっぱいあります。そのひとつに新八日市駅があります。この駅は駅舎が素晴らしく、一度は訪れたいと思っています。

私がこれから通って撮影したいと思っている、魅力たっぷりのローカル鉄道です。

 

信楽高原鐵道

JR信楽線を引き継ぎ、昭和62年に第三セクターとして開業しました。貴生川駅と信楽駅を結ぶ14.7Kmの路線です。信楽と言えば信楽焼が有名ですが、高原の町でもあり、その爽やかな高原地帯を走る列車は絶好の被写体となります。

 

雲井駅で撮影

雲井駅で撮影

この雲井駅では、山間部を走る上下線の列車を手軽に撮影することができます。人工物が少なく、田舎の雰囲気を表現しやすい場所です。

信楽高原鐵道は営業距離の短い路線ですが、景色の良いところを走っていますので、撮影ポイントは探せばたくさんありそうです。

 

 

【和歌山県】

紀州鉄道

鉄道ファンなら一度は訪れてみたい、御坊駅と西御坊駅を結ぶ2.7Kmの日本で一番短いローカル線です。軒先をかすめて走る列車は風情がたっぷり。列車の速度も時速約20キロととってもスロー。このゆる~い鉄道は一見の価値ありです。

 

西御坊駅で撮影

西御坊駅から超望遠レンズで隣の市役所前駅に止まっている列車を狙いました。線路のすぐ横は民家。超地域密着の路線だと感じます。

 

市役所前駅~西御坊駅で撮影

こんな感じで、民家のすぐ近くをのんびり列車が走ります。今は近代的な車両になってしまいましたが、昔はとても雰囲気抜群の車両が走っていました。

その車両に会いたければ・・・

紀伊御坊駅で撮影

紀伊御坊駅に留置、保存されています。ぜひお立ち寄りください。

 

紀州鉄道は営業距離がとても短いので、撮影ポイントも限られてきます。紀州鉄道らしさを表現するなら、終点の西御坊駅周辺がオススメです。

 

 

【三重県】

三岐鉄道北勢線

三岐鉄道は三岐線と北勢線の2路線があり、その中でも西桑名駅と阿下喜駅を結ぶ北勢線がローカル色がたっぷりでオススメです。そのひとつの理由として、今では数が少なくなった762mm軌間のナローゲージの路線なのです。線路幅が狭いということは、列車も小さくてとてもかわいらしく、実際に車両に乗ることで実感できます。

また沿線には、めがね橋やねじり橋など歴史的にも貴重な建造物もあり、それらと鉄道を絡めて撮影することができます。

 

楚原駅~麻生田駅で撮影

めがね橋を行く列車。手前は麦畑。最高のロケーションです。麦畑は毎年あるとは限りませんので、ご注意ください。

 

楚原駅~麻生田駅で撮影

線路幅の狭いナローゲージを表現してみました。雨が降り、レールが輝いてキレイでした。

 

楚原駅~麻生田駅で撮影

ここ三岐鉄道北勢線は楚原、麻生田駅間が撮影ポイントが多く、変化に富んだ写真を撮ることができます。

また、このあたりは貨物列車も走る三岐線とも近く、車なら数分で行くことができます。北勢線は日中、1時間に1往復の運転となりますので、三岐線を撮影することで時間を有効に活用できます。

 

三里駅~丹生川駅で撮影

北勢線のナローゲージのかわいい車両とは正反対、力強い機関車が牽引する貨物列車を撮影することができます。

 

三岐鉄道は撮るだけでなく、乗っても楽しい鉄道です。乗ることで、車両がどれだけ小さいのかが良くわかります。ぜひ、三岐鉄道北勢線にご乗車ください。

 

JR参宮線

参宮とあるように伊勢神宮の参詣路線として建設され、多気駅と鳥羽駅を結ぶ29.1Kmの路線です。この路線は田園風景を走る区間、海沿いを走る区間など変化に富んでおり、色んなパターンの撮影が楽しめます。

普通列車だけでなく、快速みえ号も走りますので、ローカル線でありながらも列車の本数も比較的多く、撮影を楽しむことができるでしょう。

 

宮川駅~山田上口駅で撮影

参宮線の有名撮影ポイント、宮川橋梁です。対岸からも撮影できますので、上下線の列車の撮影が可能です。

 

五十鈴ヶ丘駅~二見浦駅で撮影

ここも河口にかかる橋と絡めることができるポイント。サイドからも線路に近づいて正面からも撮れるポイントです。

 

多気駅~外城田駅で撮影

ここは起点である多気駅から車で10分程度の場所で、田園風景の中を走る列車を撮影することができます。背景は竹林で、人工物も少なく撮影しやすいポイントです。

 

参宮線は、今回ご紹介した写真以外に、海を絡めて撮影できるポイントもあります。時間をかけてゆっくり撮影したローカル線です。

 

 

【鳥取県】

若桜鉄道

郡家駅と若桜駅を結ぶ19.2Kmのローカル線で、この路線の目玉は何と言ってもSL。でもSLだけではありません。沿線にある23の施設が登録有形文化財に登録されており、被写体の多さは群を抜いています。鉄道写真だけでなく、駅舎などのスナップ写真も撮れますので、鉄道に興味の無い方にもオススメの路線と言えます。

路線は若桜谷を走り、田園風景や川・鉄橋などと絡めた撮影が楽しめます。

 

若桜駅で撮影

終着駅の若桜駅。構内には給水塔や転車台など、鉄道ファンにとってはたまらないものがたくさんあります。そして若桜駅と言えばSL。土日を中心に構内運転をすることもありますが、平日は給水塔の横で寝ています。

若桜駅は桜の季節がとても美しくオススメです。

 

八東駅~徳丸駅で撮影

上の八東川にかかる橋を走る列車を河原へ降りて撮影していますが土手からも撮影できます。

 

八東駅で撮影

八東駅は木造駅舎と、この木造の待合室が実にノスタルジーで私の大好きな駅です。この写真はその待合室の中から列車を狙いました。

 

若桜鉄道は今回紹介したポイント以外にもたくさんの撮影地があります。以前に若桜鉄道の撮影地をご紹介したブログを書いてますので、下記よりご覧いただければと思います。

若桜鉄道 撮影地情報 その1

若桜鉄道 撮影地情報 その2

 

若桜鉄道の難点は運転本数が少ない事。朝、夕は通勤、通学用で若干本数は多いものの、日中は2時間に1本程度になります。

でもご心配なく。最初の方に書きましたように、若桜鉄道には登録有形文化財がたくさんあります。列車の来ない時間帯は駅舎などを撮影して時間を有効活用してください。

 

 

【岡山県】

JR因美線

因美線は岡山県の東津山駅と鳥取県の鳥取駅を結ぶ70.8Kmの路線です。岡山県から鳥取県へと走り抜ける路線ですが、個人的には岡山県側の方が撮影スポットも多いようでオススメです。

沿線には木造駅舎も多く、特に美作滝尾駅は映画のロケ地として使われたことで有名となり、多くのカメラマンが訪れます。

また、春と秋には「みまさかスローライフ号」という臨時列車が走り、絶好の被写体となっています。

 

美作滝尾駅で撮影

美作滝尾駅で撮影

美作滝尾駅で撮影

上の3枚はすべて美作滝尾駅で撮影しています。木造駅舎で、ここだけ時代がタイムスリップしたかのような雰囲気で、列車がなくてもドンドン写真が撮れます。ホームの向かい側は田んぼで、そこからは駅舎と列車を絡めた撮影も可能です。

 

三浦駅で撮影

美作滝尾駅から鳥取方面へ1つ目の駅で、ここは桜シーズンになると桜のトンネルとなり、多くのカメラマンが訪れます。

 

因美線は、美作滝尾駅だけでなく、知和駅、美作河井駅も風情ある木造駅舎で、一度は訪れてみたいところです。この路線の難点も列車本数が少ないこと。列車で訪れる際には、注意が必要です。でも、列車本数の少ないこの地域だからこそ、素晴らしい木造駅舎が残っているのでしょうね。

 

 

以上、参考になりましたでしょうか?

私もまだ訪れていない路線もたくさんあります。また今回ご紹介した路線の中でも1、2度しか訪れていないところもあり、魅力を十分にお伝えできていない部分もあるかとは思います。

かなり偏った10選になっているかもしれませんが、少しでも鉄道写真の撮影地情報として参考にしていただければ幸いです

また、オススメの鉄道路線が発見できれば、このブログでアップしたいと思います。

 

 

この記事に関するお問い合わせは・・・カメラ担当 池田まで

 

 


オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ 体験セミナーを開催!

2017年6月19日

今回はフォトイベントのご案内です。 ※ご好評により、満席となりました。

オリンパスさんにご協力いただき、「OM-D E-M1 MarkⅡで飛行機を撮ろう!」と題しまして体験セミナーを開催いたします。

オリンパスと言えば、2017年のカメラグランプリ三冠受賞と絶好調のメーカーで、今回はそのグランプリを受賞しましたカメラ「OM-D E-M1 MarkⅡ」で撮影体験をしていただけるイベントとなっています。

E-M1 MarkⅡは動いている被写体を強く意識して開発されたカメラで、今までの「ミラーレスは動体撮影に弱い」というイメージを払拭した1台です。

しかし、言葉で動体撮影に強いと聞いても「ピントこない」、「信じられない」と思う方も多いのではないでしょうか。

今回の体験セミナーでは、そのE-M1 MarkⅡの実力を実際に体験して頂きたく企画いたしました。

被写体は飛行機! カメラの性能を知る上では申し分ない絶好の被写体です。そして撮影場所も人気の大阪空港近くの千里川土手で、夕暮れ時の最高の時間帯に撮影を行います。

OM-D E-M1 MarkⅡで撮影

OM-D E-M1 MarkⅡで撮影

お貸出し機材はE-M1 MarkⅡとMズイコー40-150/2.8PRO+1.4Xテレコンのセットを予定しています。その他のPROレンズもご用意しておりますので、ご希望の方は撮影現場でスタッフにお申し付けください。

 

ミラーレスは初めてという方、他社ユーザーの方、大歓迎です!

ぜひ、この機会にご参加いただき、E-M1 MarkⅡの実力を体験していただければと思います。

参加特典もあります!

 

【ご案内】

日時:7月22日 15:00~19:00 ※雨天決行 但し、荒天時は中止。

定員:先着10名様 (先着順)   ※満席となりました。ありがとうございました。

参加費:1,000円

講師:オリンパス株式会社 永井 広さん

集合場所:グリーンリッチホテル大阪空港前 会議室

お持ち物:SDカード(高速連写に適したものがオススメです。)

 

【当日のスケジュール】

14:45 グリーンリッチホテル大阪空港前 会議室にて受付開始

15:00~15:45 カメラの設定など、使い方の講義

15:50~16:30 休憩・千里川土手へ移動 ※お車でお送りいたします。

16:30~19:00 千里川土手にて撮影

19:00 解散 最寄の駅までお車でお送りいたします。

 

下記、チラシ画像も合わせてご確認くださいませ。

 

【ご注意】

当日は厳しい暑さが予想されます。熱中症対策は各自でお願い致します。また、撮影場所は蚊などの虫がいますので、虫除け対策も合わせてお願い致します。

 

OM-D E-M1 MarkⅡで撮影

OM-D E-M1 MarkⅡで撮影

 

※満席となりました。ありがとうございました。

 

このイベントに関するお問い合わせ・ご予約は・・・心斎橋本店 池田・吉冨まで


中古在庫情報!CONTAX Aria 

2017年6月16日

委託品ですが、人気の「CONTAX Aria」在庫ございます。

1998年 発売 コンタックス フィルム一眼 Aria (アリア)

「小型・軽量・使いやすさ」をテーマに開発されたマルチモードのTTL-AE一眼レフカメラです。

当時のCONTAX シリーズとしては、普及期でしたが外観のデザインや操作方法は

他のシリーズと統一され、フルAE露出モードやコンタックスでは初の5分割評価測光を採用、

普及機ながら、上位モデルとほとんど変わらない機能を備えております。

測光方式は、背面にあるレバーで5分割評価測光・中央部重点・スポットの切り替え式

ファインダーのアイポイントは、25ミリのロングアイポイント設計です。

 

露出モードセットは、向かって右側上面のシャッターダイヤル基部のレバーで切り替えられる。

ペンタ部左のダイヤルは、露出補正用となっております。プラスマイナス2EVで、補正可能

ABC機構(他社ではAEB・BKT)と呼ぶ、3コマ オートブラケティング機能を搭載

ステップは、 1/2、1EVが選択できます。

シャッターは、電子制御の上下走行フォーカルプレーンで、AV・P 16秒~1/4000秒

TV・M 4秒~1/4000秒・B・Xシンクロ速度は、1/125秒

フィルム送り 最高毎秒3コマの連続撮影ができるモータードライブ内臓

フィルムの巻き上げ、巻き戻しも自動で行ってくれます。

 

今、再ブームのフィルムカメラ入門機にいかがですか?

ランク:B (スレあり)

付属品:Bキャップ

委託販売価格:¥65,000-

PLU:2221130192573

こちらの商品は、委託品となりますので

カメラのナニワ 心斎橋店 店頭のみの販売となります。

カメラのナニワ 心斎橋店では、各種フィルムもそろえており、隣のプリント工房では、

現像受付もおこなっております。

最近では、フィルムを現像してインスタグラムにUPされて楽しまれておられる方も急増中!

どうやってできるの?カメラのナニワ プリント工房にフィルムをお持ちください。

お持ちのスマホにデーター転送いたします。

当店では、新品デジタルカメラ・レンズはもちろん中古カメラ豊富に揃えております。

ご不要のデジタルカメラ・レンズを高価買取させていただきます。

まずはお問い合わせください。

カメラのナニワ 心斎橋店   TEL: 06-6281-4133

カメラのナニワ プリント工房  TEL: 06-6281-4116

ご来店お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

 


☆ハイブリットインスタントカメラ☆フジフィルム「SQ10」

2017年6月16日

こんにちは、カメラ担当 吉冨です。

今回は、instax “チェキ” 史上初のデジタルカメラ「SQ10」のご紹介です!

☆デザイン


すっきりしたデザインなので老若男女、誰でも違和感なく使えるシンプルなデザインです。

サイズは、横幅・約12cm×高さ・約13cmと これまでのチェキと比べても,

ほとんど同じくらいの大きさで、とてもコンパクトです。

ボタンの配置はレンズを中心に左右対称のダブルシャッターボタンになっており「左右共シャッター」「どちらか一方をシャッター」などから設定することができます。

背面側も無駄のないシンプルなデザインで、直観的な操作ができるコマンドダイヤルがついており撮影者の意図どおりに画像編集や加工、プリントまですべての操作ができます。

見た目以上にホールド性にも優れており、正面のレンズ周りと背面の液晶画面の両サイドにグリップがついているので360°どこからでもシャッターボタンを押しやすい設計になっています。

 

 

☆「SQ10」の特長


① チェキ初のスクエアフォーマットでアート性が高くオシャレに決まる!

② 撮影した画像を保存、好きなタイミングで画像を調整・加工(明るさ・フィルター・ビネット)してプリントができる!

③ 作品の幅を広げる撮影モード&プリント機能(二重露光撮影・バルブ撮影・マクロ撮影・サムネイルプリント)を搭載で遊べる!楽しめる!

 

 

☆使い方


①  好きなだけ撮影します。

本体の内蔵メモリーに50枚、外部メディア「microSD/microSDHC」対応でたくさん撮影することができます。

②  好きな写真を加工します。

フィルター・明るさ調整・ビネット(周辺光量)を調整して思い通りの作品を作ります。何気ない写真でもオシャレなアート作品を作れます

③  好きな写真を好きなタイミングでプリントします。

プリント出力時のアクション画面で、更にワクワク感が高まります!

また、本体側面にオートorマニュアルスイッチがあるので(写真①)好きなタイミングでプリントできます。

写真①



簡単手順で好きな写真を好きなタイミングでプリントできます。

簡単で楽しい!SQ10!

 

☆実写


最短10cmのマクロ撮影もできます。

バックを意識して被写体にグッと近づいて撮影することで程よいボケ感も出すことができます。

 

二重露光も簡単に撮影することができます。

デジタルカメラになったことで、確認・撮り直しができるので失敗する事なくアート性の高い写真を撮ることができます。

 

バルブ撮影モード搭載で、光の軌道を使って文字を書いて遊ぶことができます。

さらに夜景や室内撮影など暗い場所で撮影する際にバルブモードを使うことで、ノンフラッシュでも綺麗に撮影することができます。

 

 

 サムネイルプリントでお気に入りの写真を1枚にまとめることもできます。

コマ数も4コマと9コマから選ぶことができ、お気に入りの写真を組み合わせて作品を作ることもできます。

アートフィルター:Monochrome

 

アートフィルター:Cornelius

 

アートフィルター:Roppongi

アートフィルターは全部で10種類もあります。フィルターには、Monochrome(モノクローム)、Sepia(セピア)など古典的なアートフィルターから、Roppngi(六本木)、Cornelius(コーネリアス)、Martini(マティーニ)など、ユニークなアートフィルターまで、たくさんの中から選択することが出来ます。

ノーマルで撮影した何気ない写真でもフィルターを使うことで、思いもよらないオシャレな一枚になることもあるので色々試してみると楽しいですよ!

 

☆まとめ


SQ10を使ってみて感じたことは・・・

  • 従来のチェキと比べて失敗写真をプリントすることがないので経済的!

  • 10種類ものアートフィルターや、バルブ撮影などの撮影モードで遊べて楽しい!

  • 好きな写真を好きな枚数プリント出来るので、ベストショットを皆でシェアできる!

 

最後に今回実際に撮影して感じたことは、デジタルカメラ化されたことで露出(写真の明るさ)とピント位置を確認しながら撮影できたことを、なにより便利に感じました。

従来のチェキでは、ピントを外したりメインの被写体が黒潰れしてしまってもプリントされてしまうのでミスプリントが出てしまうということがありましたが、デジタルチェキ「SQ10」では好きな写真だけ選んでプリントできミスプリントがなくなるので、お財布にも優しいインスタントカメラです。

好きな写真を好きな時に好きなだけプリント出来る、とても楽しいカメラです!

 

この記事に関するお問い合わせは・・・カメラ担当 吉冨まで

 

 

 

 

 


1 / 62412345...102030...最後 »