カメラ沼の深層 カメラのナニワ 梅田買取センター

約20年前に期限切れした120フイルムを使ってみた【コラム】

みなさん、20年前は何をしてました?

アタクシは生後7歳と約11カ月の人間してました。所謂小学二年生ですわ。

小二の思い出といえば、同じクラスの友達が肺炎で入院したこと。

担任の先生の赤ペンに憧れていた。

それぐらいしか思い出せません。

2002年はルビサファが発売されたそうで「そんな前か...」と記憶力の無さに正月から頭を抱えた。

サファイアやっててんけどな~。さすがに20年経過すると本当に忘れてる。

エビングハウスの忘却曲線どころじゃあない。

大きな事件や事故はニュースで放送され復習するので思い出すことができるが、それ以外のことは思い出すことが出来ないぐらい忘れていたりしますね。

はい、ということで今回は約20年前に期限切れした複数の中判用フィルムを使ったブログです。


【フイルムの保存方法】

みんな買ったフイルムはどこに保管してる?

とりあえず冷蔵庫に入れとこな。

ちゃんと保存してたら劣化しにくいから、ちゃんと保管してほしい。

今みたいなクッソ寒い時期やったら室内に普通においててもええけど、夏の湿度の高いあっつい環境はフイルムにとって虐待。

せやさかい冷蔵庫に入れといて。

一つ注意点、夏とかは冷蔵庫内と外の温度差が激しいから、結露が起こらないようにあらかじめ出しておくようにしませう。


【使用上の注意】

  • 露出をオーバー目(より明るいよう)に撮影する
  • 正しく発色しないことが多い(経過期限によりけり)
  • 現像+データ化の際は自動補正を入れた方が綺麗
  • フィルムのカールが強いので自家スキャンされる際は注意

このなかで特に強調したいことが露出をオーバー目に撮影することです。

もちろん経過年数にもよりますが、期限が切れるとISO感度が下がります。

なので出来る限り明るく撮影することで写真も綺麗に近づきます。


【自動補正と階調補正なしの比較】

出来る限り期限の切れた影響を見るために自動補正階調補正なし(出来る限り補正を外した補正)で作例写真を見比べたいと思います。

鴨川河川敷

FUJIFILM G100 120 階調補正なし

鴨川河川敷

FUJIFILM G100 120 自動補正

鴨川

FUJIFILM G100 120 階調補正なし

鴨川

FUJIFILM G100 120 自動補正

団地

PORTRA160NC 120 階調補正無し

団地

PORTRA160NC 120 自動補正

グラウンド

PORTRA160NC 120 階調補正無し

グラウンド

PORTRA160NC 120 自動補正

公園のベンチ

Kodak GOLD 100 120 階調補正無し

公園のベンチ

Kodak GOLD 100 120 自動補正

カメラを構える人

Kodak GOLD 100 120 階調補正無し

カメラを構える人

Kodak GOLD 100 120 自動補正

このように期限切れフィルムは発色がおかしなことになっています。

しかし、スキャナーの自動補正により、かなりニュートラルに補正をしてくれますのでスキャナーは偉大です。


【作例】

PENTAX 67Ⅱ

作例に使用した機材はPENTAX 67ⅡとSMC PENTAX 67 105mm F2.4です。


使用する前に撮影したフィルムも載せておきます。

※作例写真は出来る限り補正をしないでスキャンしたデータです

FUJIFILM スーパーG100 120

※1997年9月期限

SUPER G100 120

外箱から。何かフジっぽいですね。

SUPER G100 120

1997年9月期限切れです。

SUPER G100 120

箱の中身です。袋に包まれた状態。

SUPER G100 120

袋を開けた撮影前の状態紅白の色合いがいいですね。

SUPER G100 120

撮影後の状態。撮影前の紅白が逆転し、白色の面積が多くなりました。

鴨川

非常に嫌なマゼンタ被り。古デジ(昔のデジタルカメラ)でこんなんあった気がする。

橋

ホワイトバランスの設定を間違えてしまったかのような色合い。とにかくマゼンタ被りの世界。

革靴

室内でもご覧通りの色合い。黒も赤黒くなっています。


Konica セピア 400 120

※1997年期限切れ

コニカ セピア調 400 120

まるでチョコレート菓子のようなパッケージ。

コニカ セピア調 400 120

チョコレート菓子の個包装タイプですね。

コニカ セピア調 400 120

凹凸の無いかりんとうのようなルックス。

コニカ セピア調 400 120

装填するとこんな感じでうっすい板チョコです。

コニカ セピア調 400 120

撮影後の姿は茶色の面積がほぼ無くなっていました。

メガネ

雰囲気が明治や大正時代。セピアが劣化するとこんな感じになるようです。ちなみに写真中央上部の横線は傷です。

シルバーアクセサリー

バングルやリングを綺麗に並べている様子を綺麗に写せなかった写真。とにかく締まりがなく眠たい写真です。

メガネを拭く人

露出をオーバー目に撮っているせいか浅すぎる写真。写真が劣化するってこういうこと。


KODAK GOLD 100 120

※2000年7月期限切れ

kodak  gold 100 120

今でいう昭和レトロ的なデザインと色合いを感じます。

kodak  gold 100 120

一本売りがやっすいな~(PORTRA5本パックを見ながら)

kodak  gold 100 120

21年も前のフィルムと思うと感慨深いものがあります。

kodak  gold 100 120

個包装のパケです。カラーリングは阪神タイガースの黒と黄色だけ使ったユニフォ-ムみを感じます。

kodak  gold 100 120

個包装を開けるとこんな感じ

kodak  gold 100 120

装填したらこんな感じ。

kodak  gold 100 120

撮影後はこんな感じ。

道路

何か...漂う昭和感。昭和の映像感ありません?たまにテレビで流れるやつ。

木の枝

大幅に期限切れしたフィルムにまともなホワイトバランスは存在しません。黄緑が強く出ています。

信号

坂を下った先にある都会の景色の写真ですが、まるでライトルームで色被り補正を緑にかけ過ぎた写真かのよう。それに伴いただよう昭和感。悪くはないけど良いともいえない。それにしてもアタシの内に存在する水平警察が疼く。

 


Kodak PORTRA160NC

※2004年12月期限切れ

PORTRA160NC 120

現在の中判用ポートラのすべては5本売りになっていますが当時は一本から売ってたようです。

PORTRA160NC 120

Worldwide Sponsorにオリンピックのロゴが入っています。

PORTRA160NC 120

個包装のパケ。今のPORTRAと若干色味が違いますね。

PORTRA160NC 120

個包装を開けるとこんな感じ。

フィルム装填

装填するとこんな感じ。上品な紫が個人的にツボです。

PORTRA160NC 120

撮影後のPORTRA160NC。封をするテープが中に巻き込まれ固着しており止めることができないため、コンビニでセロハンテープを購入しました。期限切れ中判フィルムはテープを持ち歩くことをおすすめします。

池を見る人

ISO100で撮影したが、露出はアンダー。もう少しオーバー目に撮る必要性があった。全体的に青緑被りがあり重たい印象。

階段前に立つ人

アンダーなことはさておき、67の立体感がエグい。そして青緑の被り。もはやCineStili 800Tで撮ってるような青さ。

木

最短撮影距離1m 絞り開放F/2.4で撮影。この青緑の被りが逆に生かされて良い世界観になっていると思います。めっちゃええやん。。

展望台

午後4時20分頃の夕方。シアンが強いんじゃぁ~。やっぱりギリギリ許せない色被りかな。

ビル

景色や風景に期限切れは向いてないですね。こんな色被りされたらたまったもんじゃないね。


FUJIFILM REALA  100 120

※2013年期限切れ

FUJIFILM REALA100 120

個包装のパケは現行のPRO160NSと変わりません。

REALA100 120

装填するとこんな感じ。

REALA100 120

撮影後はこんな感じ。

ローライ35

手ブレとピン甘はいといて、約8年前に期限切れしたとは思えない綺麗な写り。出来る限り補正を取り払ってこの感じはまだまだ現役で使えそう。

照明

この写真も期限が切れたとは思えない立派な写り。質感やトーンなど惚れ惚れします。

パネル

「見える、以上のことを。」いつもお世話になっております。ブログの作例写真によく登場する神戸元町のメガネ屋さん折角堂です。その店内にあるパネルなんですが、若干のマゼンタが見受けられます。それ以外は問題なさそう。


オイラのブログどうだったカナ(^_-)-☆

期限切れフィルムは保存環境によって劣化の度合いが変わるから、一概に同じようになるとは言い切れないのでご了承くださいネ💦

あくまでも一資料として参考程度にしてくれたらイイナ~なんて思ってマス❕❕

約20年前ぐらいだと「フィルムの種類が豊富ダッタヨ(^_-)-☆」と聞くけど、ネット上にはなかなか作例は載ってないから、作例を見ることが難しいと思うヨ。

そういった意味でもこのフィルムの作例を残すことが出来てオイラ満足ダナ(^O^)

もちろん、当時の期限切れていない状態ではないケド、こういうフィルムがあったこと、ナツカシイナ~なんて思ってくれたら嬉しいナ(^^)

あっぶね~💦
若林の中のオジが急に現れたので文章が乱れました。失礼いたしました。

さて、アタクシが勤務しておりますカメラのナニワ梅田2号店ではカラーネガ120フィルムの現像を行っております。

今回ご紹介した期限切れフィルムに関しましては受付は可能ですが、追加料金や追加納期を頂戴することがあり、仕上がりを保証することはできませんのでご了承ください。

まずはご相談ください。

以上、カメラのナニワ梅田2号店の若林デシタ✨👼🥺👶

この記事のハッシュタグ

関連の記事

カメラ沼の深層
2022/04/21

ジャンクカメラ「FUJI TW-3」を直してみた

  • #フイルムカメラ
カメラ沼の深層
2022/02/21

MS-OPTICS APOQUALIA1.3/35ⅡSLIMを触ってみた【商品レビュー】

  • #MS-OPTICS
  • #Mマウント
APSフィルムnexiaとCONTAX Tix
カメラ沼の深層
2021/12/14

令和3年にCONTAX TixでAPSフィルムを使ってみた件

  • #フイルムカメラ
もっと見る