商品レビュー レモン社 横浜店

【フィルムレビュー】「LOMOCHOME Purple XR 100-400」

皆さま、こんにちは。

花粉が落ち着いてきて、そろそろ外に洗濯物が干せる・・・!と
意気揚々としているレモン社・横浜店の花田です。

(去年も花粉症がどうのこうのって書いてた気がするなぁ)

今回もフィルムレビューやっていきます。

 

・・・・・・第一印象は、異端(苦笑)
「LOMOCHOME Purple XR 100-400」
あちこち行ってまいりました。

まず始めに、
「おっけーぐーぐる ろもくろーむ ぱーぷる」
と検索してみました。
商品レビューは★4.7と高評価でしたが海外の方のレビューばかり。

その他にもネットで情報を漁ってみましたが
前回の「Kodak ColorPlus 200」と比べても記事が少ない、とても少ない。


パープルという名前なのだから、とにかく紫色になるのだろう

という印象を除けば、ISO感度を100-400と変更可能なところも魅力でしょうか。

一体どうなることやら、、、と思いながらフィルムを装填し、
もう出来上がってからのお楽しみだ!と開き直って、いざ撮影へ(笑)

 

とりあえず撮ってみた。

1/250秒 F値8.0 ISO200

1/125秒 F値 8.0 ISO200

1/250秒 F値 5.6 ISO400

ネットで見た写真に比べたら、紫色もそーーーんな主張もなく、
思ってたよりいけそう、この程度であれば、今後も面白く楽しめそう。
と、L判プリントを見たときは思いました。

ただ郵便局や標識の赤色は、
コントラストが高く、目立ちますね。

比べてみた。

1/60秒 F値 5.6 ISO200

1/250秒 F値 5.6 ISO100

1/500秒 F値 5.6 ISO100

おや、何やら写真の様子がおかしいです。

本来緑色のところが薄紫色~紫色へと変化しています。
そして白い花々もうっすらと色が入っているのがわかります。

おおおおおもしろい。
さっきの写真とは少し違う雰囲気があります。


ちなみに、デジタルカメラで撮影したものがこちら▼
(ISO感度、シャッタースピード、F値、全て同じようにしています。)

Wow・・・・・・

改めて見ると世界観がまるで違う。
現実はこんな色していたのかと、見返しながら思います。

モノクロフィルムは使ったことがありますが、
それともまた違う、なかなかの衝撃。


そして、ここから私がもっともっと衝撃を受けた写真たち。
デジタルと合わせて、どうぞご覧ください・・・(笑)

 

これが▼

こうなります▼

1/125秒 F値 8.0 ISO400

おーーーい、南武線!大丈夫か!
横須賀線なんて常磐線(快速)みたいな色してますし、
埼京線と相鉄線は足して2で割ったみたいな色してますし、
湘南新宿ラインは、、、保ってますね。
こんな色のNewDaysも見たことがありません。

というツッコミをせざるを得ないような写真になりました。

 

こちらは▼

こうなるようです▼

1/250秒 F値 11 ISO100

こればっかりは最初見たとき、さすがに声出して笑いました。
何がどうなっちゃってるの!?というの本音が漏れます。
紫色は緑色に、緑色は紫に、黄色はピンクに・・・
まさかこんなに変換されるなんて、想像もつきませんでした。

本領発揮といったところでしょうか。
左上のパンジーなんて、もう眉毛とおひげがボーボーの
おじさんキャラクターにすら見えてくる・・・。

 

これは▼

これで▼

1/125秒 F値 8.0 ISO100

(なんか空にゴミが舞ってますが見えてないことにします。)

私が知っているフジカラーではない。
夕日が当たっているフジカラー・・・でもこうはならない気がします。

そんな中、赤色は強い。奥の文字はあまり変化がみられません。
青い空はグレーといいますか、あまり色が出ないのも面白いですね。

 

これは▼

こうです▼

1/125秒 F値 5.6 ISO200

所々深いところは緑色のまま(それとも青色というのでしょうか)
これを撮影したときは、
きっと全面紫色になるんだろうなぁと思っていたばかりに
何とも不思議な一枚となりました。

全ての緑色が紫色になるわけではなさそう・・・(  . .)φ
不思議が尽きませんね。

 

空も比較してみた。

1/500秒 F値 9.0 ISO100

1/250秒 F値 8.0 ISO100

1/250秒 F値 8.0 ISO100

「空」といっても緑色に寄ったり、白に寄ったりと差があるようです。

特に3枚目、
空のグラデーションはとてもきれいに写っていて驚きました。

時間は15時~16時くらいだったかと思いますが、
実際の空は水色のみの夕日にはまだ早い時間。

目ではこのグラデーションを捉えられないんだなぁと
しみじみとするお気に入りの一枚です。

濃すぎる緑色は紫色と判定されずに
つぶれてしまったのは、少々さみしいところでもありますね。

(それはそれで「味」にも見えるのがいいところ)

 

まとめ (というほどでもない)


いかがだったでしょうか、

「LOMOCHOME Purple XR 100-400」

今回は晴れの日の夕方になる前で使い切ってしまったので
夜は撮ることができませんでしたが、
ISO400までいけるとなると天気にもあまり左右されないかもしれません。

個性がとてもとても強いので(大事なことなので2回言いました。)
使う場面、使う時は、考えさせられる一本かと思います。
使い勝手はよいですが、日常的には使用しがたい……苦笑

ファインダーを除いた時とは全くの別物に仕上がるのはとても楽しかったので、
非日常感として使用するには、わくわくが止まらないフィルムですね。

 

ただ、この雰囲気をなんと表現したらいいのか、
私の持っているボキャブラリーでは対応しきれませんでした(笑)

この予測不能なフィルム、皆さんもぜひ試してみてください。

 

使用機材

ボディ Canon New F-1
レンズ NFD 50/1.4とかSuperTakumar 35/2とか
ボディ Canon EOS 8000D
レンズ EF 50/1.8 STM

 

おまけ

1/125秒 F値 7.0 ISO200

1/60秒 F値 6.0 ISO400

1/250秒 F値 5.6 ISO100

1/125秒 F値 7.0 ISO200

 

それでは、また次回の記事で。

花田

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2021/07/25

【初めての方も!】Nikon35Ti -使い方&作例付き-

  • #35Ti
  • #初めて
  • #初心者
  • #使い方
  • #フイルムカメラ
  • #ニコン
  • #コンパクト
商品レビュー
2021/07/24

【商品レビュー】キズ付いた ツァイス ビオメター80/2.8で撮影してみました。 

  • #ツアイス
  • #PENTACON6
  • #中判レンズ
  • #カールツァイス
Z fc 16-50 VR SL
商品レビュー
2021/07/23

Nikon Z fc 16-50 VR SL レンズキット 作例付き使用レビュー

  • #zfc
  • #ニコン
  • #ミラーレス
もっと見る