商品レビュー カメラのナニワ 梅田2号店

PENTAX SP(SPOTMATIC)の使い方【フィルムカメラ初心者にオススメ!!】(作例付き)

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

昔のカメラがめちゃめちゃ綺麗な状態で手に入ったら喜びますよね?
デッドストックとかそそられますよね?
ほんで綺麗にモルト劣化してたらテンション上がりますよね?
↑が理解できる人は友達になれそうです。
「綺麗にモルト劣化している」このワード、
変な日本語ですが、伝わる人には伝わるはず、、、

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

シルエットがいいな、、

ペンタックス スポットマチックを手に入れたので
しっかりと解説する所存です。カタカナ表記にすると違和感あるな~、、


【こんな人にオススメ!!】

  1. 写ルンです からのステップアップをしたい人
  2. フィルムカメラを始めたい人
  3. フィルム一眼を始めたい人
  4. M42のタクマーレンズをオールドレンズとして使っていて、
    フィルムカメラを使ってみたい人
  5. タクマーのゴーストやフレアをフィルム写真として撮影したい人
  6. 自称カメクラで黒皮病を罹患された患者様

最後に作例の写真を盛り込んでおりますが、
タクマーのゴーストとフレアは綺麗ですね。
1~5番の方々に対しては入手してぜひチャレンジしてほしいです!

特に6番に関しては特殊で、綺麗なSPのブラックボディをオススメします。
綺麗なブラックボディを入手したのち、SVS2のブラックボディ、
行き着く果てはAP+58/2のオリジナルブラックでしょうか?
筆者はそのように感じおります。。


【フィルムカメラ界の国民的アイドル】

まさにこの一言に尽きる。
日本でいうかな?
それぐらい有名だと思います。

有名な理由として、
当時、普及機としてたくさん売れたカメラであること。
そのおかげもあって、カメラ屋に行けば一台はあります。

どこに行っても見かけるカメラってなかなかないですよね。

値段も手ごろで、フィルムカメラ初心者にピッタリなカメラです。

って書いてるときにうちの店にSPが一台もないことに気づく、、、
説立証ならず。。。


SPSPFの選択肢】

筆者的にはPENTAX SPFよりSPなんだよなぁ~というお話
その違いは見た目です。
つまりはホットシューのアリナシです。
何にもない屋根が個人的に大好きです。
シュっとしていて無駄がないと言いますか、、
まぁ、とにかくかっこいいんですよ。ASAHI PENTAX SPOTMATICただ、SPFの方が使い勝手が良くて実用的です。
なぜなら、開放測光ができるからです。
SP絞り込み測光のため、
絞りを絞ると絞り値に応じてファインダーも暗くなります。
しかし、SPF開放測光は絞りを絞ってもファインダーが明るい状態で維持され、
シャッター切った瞬間に設定した絞り値に絞られます。

まぁ、見た目どっちでもよかったら、使いやすいSPFを選びませう。


【ざっくりとしたスペック】

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

発売年月 1964年発売
①シャッター フォーカルプレーンシャッター B,1~1/1000秒
②ファインダー ペンタプリズム式ファインダー、視野約93%、視度-1.0ディオプトリー
③露出計 平均測光式・TTL露出計〔Cds〕ファインダー内定点合わせ式

とりあえず、露出計以外は機械式で、使いやすいカメラです。


【写真撮影方法】

最低限、知っておけば撮影ができる方法です。

※前提条件として露出計が正常に作動している必要があります。

1. フィルムを装填する

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

まずは、フィルムを装填するために裏蓋を開けます。
巻き戻しノブを上に引っ張り上げ、さらにもう一段上に強く引っ張ると
裏蓋が開きます。ASAHI PENTAX SPOTMATIC

パトローネをフィルム室に入れますASAHI PENTAX SPOTMATIC

巻き戻しノブを戻して、パトローネを固定します。
フィルムの先端を巻き上げレバー下のスプールに差し込みます。ASAHI PENTAX SPOTMATIC

フィルムの先端をスプールの方へ引っ張り、
先端をスプールの溝に差し込みます。ASAHI PENTAX SPOTMATIC

しっかりと奥まで差し込めていない場合、
巻き上げた際に空回りし、上手くフィルムを巻き上げできないことがあります。
36枚撮ったつもりでも実際は空回りしていただけなんてこともあります。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

差し込めたら、巻き上げレバーで巻き上げます。
上の写真は差し込んだ状態で一度巻き上げた状態です。
その時に必ず確認することがあります。
・ガイドレールの内側にフィルムが収まっていること
・スプール手前にあるスプロケット(歯車)
 フィルムのパーフォレーション(上下の穴)がかみ合っていること

この二点を確認し、問題なければ裏蓋を閉めます。
閉めたあとに
フィルムを巻き上げてシャッターを切る動作を2回行ってください。

感光したフィルムを空送りするためです。


2. フィルムを巻き上げるASAHI PENTAX SPOTMATICこの巻き上げレバーを反時計回りに巻き上げます。ASAHI PENTAX SPOTMATIC

こんな感じにASAHI PENTAX SPOTMATIC

最後までしっかりと巻き上げましょう。


3. フィルム感度をセットする

装填するフィルムのISO感度に合わせてシャッタースピードダイヤルの周囲をつまみ上げISO感度を設定します
ASAHI PENTAX SPOTMATIC ASAHI PENTAX SPOTMATIC


4. シャッタースピードを決める

3の写真のダイヤルをつまみ上げずにそのまま回し、
シャッタースピードを決めます。


5. 構図を決め、ピントを合わせる

クロスマイクロプリズム(画面中央部)でピントを合わせ、
構図を決めますASAHI PENTAX SPOTMATIC
↑ピントが合っていない状態ASAHI PENTAX SPOTMATIC
↑ピントリングを回しピントを合わせた状態


6. メーター(露出計)のスイッチを入れます

露出計の電池はMR-9水銀電池ですが、
現在は廃盤となっており、
MR-9アダプターで代替え可能です。
ASAHI PENTAX SPOTMATICSWと表記されている部分が露出計のスイッチですASAHI PENTAX SPOTMATIC

スイッチを上げるとメータースイッチ小窓が赤くなり、作動します。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

ファインダー内の右側にある露出計の表示があります。
スイッチを入れていない状態だと適正露出範囲からややマイナス(下)側に
針があります。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

露出計のスイッチを入れました。
露出計の針はプラス(上)側に大きく振れました。
絞りF1.4では露出がオーバーということを示しています。
もし、この状態で写真を撮影すると、明るすぎて白く飛んでしまい、
最悪何も写らないことがあります。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

絞りをF4まで絞ると、適正露出範囲内に針が収まりました。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

絞り環を矢印で示しました。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

絞り環を回すことで数字が大きくなっていき、絞りが絞られていきます。

なぜ、絞りで露出を調整するかというと、
タクマーレンズは絞りが1/2段ずつ変更可能がゆえに、
細かな露出調整ができるからです。
ファインダー内で露出計を合わせたことがある方ならわかると思いますが、
シャッタースピードを1段変更すると大きく針が振れてしまい、
適正露出の位置に針を持ってくることができない場合があります。

かといって、絞りを変えることによる描写の変化は免れないので、
そこは作画意図に応じて、シャッタースピードも変更しましょう。


7. シャッターを押す

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

シャッターボタンを押すと設定したシャッタースピードで切れます。

巻き上げレバーを巻き上げようとしても巻き上がらない場合は
撮り切った合図となります。そのまま無理に巻き上げようとすると
中でフィルムが千切れてしまうので注意です。


8. 巻き戻し

フィルムを巻き戻してパトローネに収める必要があります。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

ボディ底面にフィルムを巻き戻しに欠かせない巻き戻しボタンがあります。
巻き戻す際は必ず押さなければなりません。

ちなみに、露出計を作動させる電池は
三脚ネジ穴横の電池室にMR-9水銀電池を入れます。
今現在、MR-9は廃盤なので、MR-9の電池アダプターで代替えすることが可能です。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

巻き戻しボタンを押すことにより、
通常、時計回りにしか回転しないスプロケットを逆回転できるようにします。

押さずに巻き戻すと、中でフィルムが千切れてしまいます。

万一、中で千切れてしまった場合は裏蓋を開けずにフィルム現像を受付している店舗に
持ち込みましょう。しっかり事情を説明すると、受付の方も対応しやすいです。

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

巻き戻しボタンを押した後、
巻き戻しノブにある巻き戻しクランクを引き起こし、
矢印の方向にひたすら回します。
巻き戻しの感覚が軽くなれば終わった合図です。
裏蓋を開き、フィルムを取り出して終了です。


【作例】

今回はボディの紹介ですが、一応作例も貼っておきます。

「SPの写りが好き」と言う方がいますが、
フィルムカメラは使用するレンズとフィルムによって変わりますので、
「SPに付いているレンズの写りが好き」が正解です。
極論どんなボディを使用しても同じレンズを使用すれば、同じ写りとなります。

※使用レンズはSMC Takumar 55mm F1.8です

【Kodak ProImage 100】

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/8.0 1/250秒 ISO100

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/500秒 ISO100 網戸とガラス越しに写る我が家の古参です。

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO100

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO100 午前6時頃、円形のゴーストが入るぐらい日が昇ってきたので、逆光での撮影を開始する。

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO100 #バスタオル越しの私の世界

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/8.0 1/125秒 ISO100 個人的に好みなフレアが右上に出現しています。

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO100 とにかく円形虹色ゴーストを入れようと必死になると写真の情報量が多くなり、ガチャガチャします。

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO100 日の丸構図でネモフィラを撮影。

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO100 これまた上品なフレア。タクマーが好かれるゆえんなのかもしれません。

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO100 キレイなバルサム切れのようなゴーストです。

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/250秒 ISO100

KODAK ProImage 100 + SMC Takumar 55mm F1.8

夕焼けのグラデーションを強調。すなおにキレイです。


【Cinestill 50D】

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/500秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/125秒 ISO50 Cinestill感がある写真です。やっぱりこのフィルムが大好きです。

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/500秒 ISO100

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/4.0 1/125秒 ISO50 奥行き、逆光、影、最&高!

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/4.0 1/60秒 ISO50 この感じグッド!これを勘露出で撮った自分をほめたい。

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/5.6 1/125秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/8.0 1/250秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/8.0 1/250秒 ISO50 よく訪れる駅の定位置にて撮影。

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/8.0 1/60秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/8.0 1/250秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/8.0 1/250秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/1.8 1/1000秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/4.0 1/500秒 ISO50

Cinestill 50D + SMC Takumar 55mm F1.8

F/8.0 1/250秒 ISO50 絞っても、パキっとしすぎず、低めのコントラストがいい雰囲気をもたらします。


いかがでしたでしょうか?

アタシらしくなく、かなり真面目に書いてしまいました。

とにかく、
フィルムカメラ始めるんやったらSPにしとき!!
ということだけ言っておきます。
フィルムカメラの基礎を学ぶことができるので、
ハードルが高いと思っても飛び込んでほしいです。

しかし、SPは露出計が壊れていたり、ミラーアップしたまま動かなかったり、
巻き上げができずに動かない個体をよく見かけます。
ですので、何か不具合があれば、
カメラ屋か修理屋に持ち込みましょう。
修理をすれば長く使うことができるカメラの一種です。

そして、SPを手にした矢先、その先には沼があることを忘れないでください。
M42マウントという沼は深いです。
気をつけなはれや。

以上、カメラのナニワ梅田2号店の若林でした。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2020/08/01

SONY α33/MINOLTA AF MACRO 50mm f2.8【京都の猫 撮影レビュー】

商品レビュー
2020/07/31

【商品レビュー】富士フイルム XF35mmF1.4 R

  • #単焦点
  • #Xシリーズ
  • #富士フイルム
商品レビュー
2020/07/30

【インスタ映え!】King レンズボールを使って景色を閉じ込めてみた【作例あり】

もっと見る