撮影地情報 タカチホカメラ 西新店

【撮影地情報】太宰府天満宮と坂本八幡宮に行ってきました!

こんにちは、タカチホカメラ西新店です。

「学問の神様」と呼ばれる菅原道真を祀っている太宰府天満宮「令和」で一躍脚光を浴びた坂本八幡宮のご紹介をいたします。


光列車「旅人(たびと)」で太宰府駅へ


天神(西鉄福岡駅)から太宰府駅まで、直通電車で行きました。約20分の旅です!

ただし、こちらの観光列車(旅人・たびと)は1日1本の本数しかないのでお気を付けください。(9:46発)

料金は片道400円で普通列車と同じ料金です。

通常のアクセスは、天神(西鉄福岡駅)から二日市駅で乗り換えて太宰府駅まで行きます。(こちらは1日10本はあります)

「旅人(たびと)」は1号車から5号車まであり、各車両には開運をテ-マにしたデザインになっています。5号車に乗りました。

「太宰府散策きっぷ(西鉄電車)」を使ってお得に楽しみましょう。

天神(西鉄福岡駅)から太宰府駅までの往復切符と梅ヶ枝餅3個つきます。


宰府天満宮へ


「学問・至誠(姿勢)・厄除けの神様」として、日本全国から参拝者が訪れます。

特に「学問の神様」として有名で、毎年数多くの受験生が合格祈願に訪れます。

また、近年では外国の方にも人気スポットになってるようで沢山の外国人が訪れていました。

九州の「梅の名所」としても有名です。

境内には、約200種、6000本の梅が植えられていて、なかでも有名なのはご神木の「飛梅」です。(2月中旬から3月上旬にかけて見頃)


道を通って


太宰府天満宮に続く参道、あいにくの雨模様ですが昼頃から観光客が増えてきました。

少し歩くと参道には美味しいお店やお土産屋さんが沢山あります。

建築家 ・隈 研吾(くま けんご)氏が手がけたスタバです。参道を歩いていると、とても斬新なデザインなので目につきます。

参沿いにある「珈琲専門店 風見鶏」大正ロマンの雰囲気を醸し出しています!


太宰府天満宮名物「梅ヶ枝餅」参道にはたくさんの「梅が枝餅」のお店が軒を連ねています。

その中のお店「かさの家」で食べました!

いつもは行列ができますが平日で雨模様なのか、すんなりと店の中に入って食べることができました。

左が「梅ヶ枝餅」で、右は「お茶」ではなく、なんと「アイスコーヒー」なんです。

オシャレですね!

お土産の包装です。

もちろん、梅のデザインですね。


内の中へ


太宰府天満宮の入り口の鳥居をくぐると、正面に「御神牛(ごしんぎゅう)」が出向かえてくれています。「頭をなでると賢くなる」と言われています。

もちろん私も撫でてきました。

焦点距離:16mm 絞りf/3.2 SS:1/1000秒  ISO:800

 

焦点距離:16mm 絞りf/18 SS:1/25秒  ISO:800

焦点距離:16mm 絞りf/22 SS:1/15秒  ISO:800

焦点距離:35mm 絞りf/3.2 SS:1/1600秒  ISO:800

手水鉢の中には神亀様が泳いでおられます。あまり気付かないと思いますが、手水鉢の中を良く見てみると神亀が刻まれています。

焦点距離:16mm 絞りf/3.2 SS:1/4000秒  ISO:800

楼門の入り口です。

楼門を抜けると風鈴が飾っていました。

太宰府天満宮のおみくじは全国でも珍しく「季節によって色が変わります」8月31日まで「水色」で、9月1日からは秋の稲穂をイメ-ジした「黄色」に変わります。

本殿から見る楼門と反対側の楼門は形が違うんです。

本殿側の屋根が一重ですが反対側(参道側)は屋根が二重になっていて珍しい楼門とのことです。

やっと本殿に着きました。大行列・・・・。

本殿の右に見える木は有名な「飛梅」です。

開花の時期ではないのでもちろん咲いていません。

(開花時期2月上旬から中旬の撮影をお勧めします。)

焦点距離:16mm 絞りf/18 SS:1/125秒  ISO:800

焦点距離:16mm 絞りf/5 SS:1/50秒  ISO:800

境内の奥深く入っていった場所で、誰もいませんでした。

焦点距離:16mm 絞りf/7.1 SS:1/80秒  ISO:800

ロ-アングルで撮るとダイナミックですね。


和ゆかりの地「坂本八幡宮」へ


太宰府駅から「まほろば号」コミニュティバスで「大宰府政庁跡下車」乗車時間約15分で着きます。運賃100円になります。

大宰府政庁跡です。とても静かなところでした。

何もありません・・・・・(静寂)

歩いて10分で坂本八幡宮に到着です。

令和ブ-ムも少し冷めたようで参拝者は6名程度でした。

とても小さな神社という感じでした。

「まほろば号」で大宰府駅に戻って来ました。

太宰府駅の天井です。黄金色でとても綺麗ですね。

大宰府駅のところどころに梅のデザインが施されています。


とがき


福岡の人気観光スポット!福岡県民なら一度は行ったことがある人も多い太宰府天満宮。

国内・海外からの観光、全国からの参拝、修学旅行など年間約800万人も訪れるそうです。

四季折々の自然、歴史や伝統、アートなどたくさんの撮影スポットがあります。

実際に自分の足を運んで、探してみてはいかがでしょうか。

そして、お腹がすいたら、太宰府天満宮でおなじみの「梅ヶ枝餅」がオススメです。

本当に、美味しいですよ!

それでは、楽しいカメラライフをお送りください。


★今回の機材:キャノンEOS 6D+EF 16-35mm F2.8

皆様のご来店とご利用を心よりおまちしております。

 

 

 

 

この記事のハッシュタグ

関連の記事

撮影地情報
2019/09/16

【撮影地情報】喧騒を離れた一隅、横浜・根岸を歩く。

  • #マクロレンズ
  • #広角レンズ
  • #キヤノン
  • #シグマ
  • #タムロン
撮影地情報
2019/09/15

【撮影地情報】池袋から、いざサンシャイン水族館へ

  • #ソニー
  • #Eマウント
  • #シグマ
  • #ミラーレス
撮影地情報
2019/09/09

撮影地紹介~奈良県御所市「葛城坐一言主神社」周辺の彼岸花

  • #富士フイルム
もっと見る