商品レビュー カメラのナニワ 梅田2号店

【カメラ屋店員が思うフィルム一眼レフ最強の組み合わせ】 Nikon F3 × AI Micro-Nikkor 55m f/2.8S 【作例付】

Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S

台湾へ行き、床屋で髪の毛を切ってもらうも、
パッと見変化がわからない程度しか切ってもらえなかった若林です。

お任せで頼んだので、超クレイジーな髪型にしてもらえると思いきや、普通でした。
あまりパルプンテは信じないでおこう。そう思いました。

日本円で約1,600円、爪で頭皮をえぐるサービスとTシャツの首回りがびしょ濡れになるサービス付きです。興味ある方は若林までどうぞ。

さて、

今回は、Nikon F3 と

AI Micro-Nikkor 55m f/2.8S についてです。


まず、このブログを読んでいただきたいのは

フィルムカメラ初心者~中級者


オールドレンズ初心者~中級者


F3と50mm f/1.4の単焦点を持っている方


「寄れるレンズが欲しい」、「フィルムカメラ欲しい」と思っていらっしゃる方


すでに沼にどっぷり浸かって"IYH"とか"実質タダ"とか"むほっ"と言ってる方にはつまらない記事かもしれません。

そして、私が今回伝えたいこと
それは

Nikon F3 と AI Micro-Nikkor 55m f/2.8S の組み合わせは最強である。


まずは中古相場
              F3:19,000円~50,000円
 AI Micro-Nikkor 55m f/2.8S:10,000円~20,000円

(安いものはあまり状態が良くない場合があるので、しっかり状態を確認して購入することをオススメします。特にレンズの方は絞りのネバリやヘリコイド激重注意です)


F3を実際使用して感じた良い点
 
・プロ使用なだけあって頑丈→現在もまだOH(オーバーホール)できるところもあり、F3の未来は明るい(はず)

・絞り優先(Aモード)で露出を考えなくていい→初心者でも使いやすい

・ファインダーを入れ替えることができる→位置の低いものを撮るとき、DW-3及びDW-4(ウエストレベルファインダー)で対応できる

・多重露光ができる→手動巻き上げで多重露光できるボディは希少(ニコン以外ではなかなか無い)

・Auto Nikkorを使用することができる→AI連動ピンを跳ね上げ無理なく装着可能、しかも絞り込み測光出来ちゃう!

特に多重露光できる点とAuto Nikkorを使える点が素晴らしいと思ってます。

実は私はAuto Nikkor大好きマンで、Nikkor-O Auto 35mm F2 , Nikkor-S 5cm F2 pat.tend 3型 各時代のフードを所持している。

これらのレンズを絞り込み測光飛ばして勘露出で使用することを鯔背だと感じる。

すみません、脱線してしまいました。

続いて

実際使用して感じた悪い点

・電池を入れないとシャッタースピードを変えれない→1/60秒緊急シャッターあるが、機械式かハイブリッドシャッターであれば唯一無二だったと思う

・重たい→でも、仕方がない。それこそNikonのプロ機だものと自分に言い聞かせる

・ホールドしづらい→別売りグリップがあればよかった。(現在買える物があることを知っているがあれは違うような気がしている。)→MD-4(モ-タードライブ)あるとか言わないでね

忘れかけていましたが、

AI Micro-Nikkor 55m f/2.8Sのことも少々

・今だに現行品であり、新品で買える

・絞り開放時ピント面シャープ

・絞るとキレッキレ!

・単体で25cmまで寄れる

・PK-13(中間リング)を使うと等倍まで寄れる

・300gないぐらいで軽い

・中古だと安い

このレンズ総じてコストパフォーマンスがいい!!

使っていて悪い点が思い浮かびませんでした。


私自身、36枚撮りは長くて集中できないので、

ほとんど中判カメラで12枚撮り、16枚撮りしかしていません。
この組み合わせはそんな私に36枚すぐに撮り切らせるのです。


その要素として 寄れること、PK-13(中間リング)で等倍マクロ撮影できること、F3のファインダーの見やすさ、露出を考えなくていい、多重露光できること等、撮影へのアプローチの豊富さが挙げられます。

作例の前にちょいとお遊びを

まずは、レンズ単体でどこまで寄れるかを見て頂きます。

ファインダーはDW-3(F3用ウエストレベルファインダー)を使用してます。

被写体は台湾で購入したカイリジュメイです。

メチャんこかわいいでございますよ!

Nikon F3 DW-3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S

こんな感じ、ざっくり25cm

Nikon F3 DW-3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S

ファインダーはこんな感じ

では、PK-13(中間リング)を付けるとどうなるか?

Nikon F3 DW-3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PK-13 Nikon F3 DW-3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PK-13

ISOを上げて、ややザラザラしておりますが、えらい違いです。

撮影は三脚が必須になります。

 

お待たせいたしました。

 

あとは作例を見てご判断を

使用機材は上記したF3とAI Micro-Nikkor 55m f/2.8Sです。

データ化はGT-X830にて行っています。

まずはPORTRA400での作例

Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PORTRA400

 

午前6時半ぐらい、脇に一本だけ咲いていたたんぽぽを撮りました。Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PORTRA400

 

午前7時頃、朝露を撮りました。NIkon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PORTRA400 Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PORTRA400

PK-13(中間リング),マンフロットのミニ三脚と

DW-4(高倍率ウエストレベルファインダー)を使用し

等倍マクロ撮影。解像力侮るなかれ。NIkon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PORTRA400

ダイヤモンドリリーを撮影。

ラメのようにキラキラした質感をしっかり捉えています。NIkon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PORTRA400

クロユリを撮影。

なぜか団地を想起します。Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PORTRA400

ハイビスカスを撮影。

良くも悪くもハイビスカス←(コメントが思い浮かばない笑)

ただ写真を見てほしいだけなんですよ~

 

続いてPROVIA100F

Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PROVIA100F

額紫陽花っていうのかな?

立体感、後ろの玉ボケ(厳密には八角形)イイカンジダネー Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PROVIA100F

これも紫陽花、ややオーバー気味の露出(意図していない)。

この立体感、ボケ感、良きでしょ。Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PROVIA100F

紫陽花に紫陽花を重ねた多重露光です。

自分で撮影しておきながら、何が何だか良くわかりません

Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PROVIA100F

こちらも紫陽花×紫陽花の多重露光

理想を思い描いて撮っているわけではないですが、失敗です。

Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PROVIA100F

これは奇跡的に良く見える1カット。
土台の花が何だったか忘れました。

Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PROVIA100F

最初にトンボを25cmで撮影。その後トンボがいた花壇を合わせました。
トンボのカットはブレていますが、何かおもしろい1カット。

Nikon F3 AI-Micro Nikkor 55mm f/2.8S PROVIA100F

そして、最後の1カット。これが自信作。

我が愛機 KLASSE Sにトンボが止まっていた花を合わせました(トンボはいません)。
レンズからEBCのEB(エクストラ・ビーム)が発射されているような...

おっと、失礼なんでもありません。

 

いかがでしたか?

私が思う最強(←何をもって最強やねん)の組み合わせ。

①Aモード(絞り優先オート)が使える

②多重露光ができる

③ファインダーを入れ替えることができる

④頑丈

⑤寄れる(アクセサリーで等倍まで)

⑥ホントなんでもできる←これが言いたい!

 

あとは実際に手に取り触ってください。

買ってください。

使ってください。

ホント最強です!!

私が35mm判のフィルムで本気出す時はF3を使います。

 

「寄れることへの快楽」、

「どんな撮影もこなすプロ機」

どちらの商品も常に在庫しております故、是非触りに来てくださいまし。

そして、今回ブログを綴ったのは

機械、メカとしてカメラが大好きな 梅田2号店 若林でした。

 

 

 

 

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2018/09/21

写真を贈ったり送ったりするときにオススメ商品!!

Wide-Angle Rolleiflex
商品レビュー
2018/09/18

ワイドローライですが何か?Wide-Angle Rolleiflexのお話

  • #ローライ
  • #中判
  • #フイルムカメラ
商品レビュー
2018/09/07

ペンタックス スーパータクマー50mm f1.4 使用レビュー

  • #単焦点
  • #オススメ
もっと見る