イベント カメラのナニワ 心斎橋本店

CP+ (シーピープラス)2018 現地レポート【タムロン編】

こんにちは。カメラ担当の池田です。

CP+レポート、まだまだ続きますよ。

次はタムロンブースの様子です。

タムロンからは新製品レンズの発表がありました。
まずは

「70-210mm/4 Di VC USD(Model A034)」
です!

35mm判フルサイズ一眼対応のレンズで、
F4通しの新しいラインナップです。

このレンズの魅力はなんと言っても小型軽量ということです。

軽量と言っても約850gありますので、
キヤノンならEOS6D MarkIIEOS80D
ニコンならD750D7500
などに装着したくなる1本です。
もちろんKissシリーズなどにお使いいただいてもOKです。

実際に触ってきましたが、
オートフォーカスも超音波モーター(USD)内蔵ですので、
速くて快適なピント合わせをしてくれました。
手ブレ補正効果も約4段分と大きく、
暗いシーンなどでも安心して使えそうです。
さらにはボケ味もキレイでした。

また最短撮影距離が0.95mと近接性能が高く、最大撮影倍率は1:3.1を実現しており、花の撮影にも最適です。

発売は
ニコン用が2018年4月2日
キヤノン用が2018年4月26日
を予定しております。

 

そして、いよいよ登場してきます!
タムロン初のソニーフルサイズ機対応のレンズ

「28-75mm/2.8Di III RXD(Model A036)」

です。
今まではAPS-Cサイズ用Eマウントのレンズは発売されていましたが、
フルサイズ対応は初めてとなります。

まだ開発発表ながら、カタチは出来ていました。

高級感たっぷりの外観で、新しくステッピングモーターユニット(RXD)が搭載され、
ソニーが得意とする動画撮影にも適しています。

F2.8通しのレンズながら、
重量550gと軽量・コンパクトな仕上りです。

発売は2018年中頃予定とハッキリしていません。
しかし、ソニーユーザーにとっては今から待ち遠しい1本ではないでしょうか。

以上、CP+ 2018のタムロンブースの様子をお送りいたしました。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

イベント
2018/09/08

フジXシリーズで撮る「ちん電(阪堺電車)撮影体験セミナー」を開催

  • #オススメ
  • #富士フイルム
イベント
2018/08/31

【写真家たちの新しい物語】 吉永陽一写真展「いきづかい-いつもの鉄路」【大阪地区写真展情報】

  • #富士フイルム
イベント
2018/08/21

芸術に触れる一生に一度の秋・写真展をPickUp!

もっと見る