ニュース カメラのナニワ 梅田2号店

証明写真講座その2 口は目ほどに…

こんにちは、梅田2号店の「ひらた」と申します。 証明写真を撮影してウン年、撮影したお客様数千人のひらたが、 その経験を活かして履歴書用証明写真のアドバイスする新コーナー。 その第2回目も前回に引き続いて「表情」のお話しをしたいと思います。 以下、前回同様無駄話がありますので、お急ぎの方は★印から後を 読んでください。 昨日岡山県に温泉に入りに行ってきました。温泉は「家の風呂より ちょっと大きい」程度なんですが、そこで小学生の兄弟と一緒になり ました。その広さに3人で浸かっていると、何かしゃべらなければ微妙な 雰囲気が醸し出されそうだったので、少年たちのクラブのこととか、最近 やっているゲームのこととか聞いたりしていました。で、夏休みの宿題に ついて尋ねてみたところ、 兄:「ほとんどやってない」との答え(8月3日現在)。 そこはインタビュアーである30数年前のワタクシと変わらず、ホッと したのも束の間、 弟:「ほとんど終わった」 ワタクシもちろんお兄ちゃん派です。 で、話を元に戻して… 前回「目」のお話をして、今回「口」のお話をするのには、実は深~い わけがあります。お話しする内容が「目」のほうが簡単なのです。 「口」のほうが難しいのです。困難なこと面倒なことは8月31日に まとめて片づけていたワタクシとしては先に「目」で後から「口」なの であります(ぜんぜん深~くないですね)。 ★ということで「口」についてお話しします。 突然ですが、みなさんはメールに絵文字を使いますか。ワタクシのような オッサンが使うと引かれてしまうことがあるので、注意が必要ですが、 あの単純な線と点の組み合わせで、顔が笑ったり怒ったり、いろんな 表情を表現できるってなんだか不思議に思いませんか。だから表情の 作り方って難しそうで意外と単純なのかもしれません。 「口」で言うなら、笑顔であれば口角を上げ、「怒り」「不満」なら口角を 下げ、「真面目な頑張り」の表情であれば口を真一文字に結ぶようにすれば よいと思います。証明写真では口角を下げたほうがよいということは基本的に ありません。 では、笑ったほうがいいのでしょうか? 真面目な表情がほうがよいので しょうか? 答えは… 志望職種、業種による、とワタクシは思います。 接客、文字どおりお客様に接するような仕事は笑顔で、カタい目の仕事は 真面目な表情で写ればよいと思います。ただ、先方はあなたの内面を全く 知らないので、写真があまり強い表情だと「とっつきにくいタイプ」に 思われることもあるので、きつすぎる表情にならないよう、若干やわらかい 表情にしたほうがよいでしょう。 IMG_2899R.jpg 口角を上げると、やわらかさ、親しみやすさ、協調性を表現できます IMG_2902R.jpg ぐっと力を入れると、真面目さ、強さ、リーダーシップを感じさせる 写真になります。 IMG_2905R.jpg 口角が下がると… NGです IMG_2907R.jpg 口角が上がっていても、目がトロンとすると頼りない雰囲気になります。 口と同時に目も意識して。 目と同じく口の表情も撮影に来られる前に、鏡の前で練習してみて下さい。 ただ練習してるところを他人に見られると「目」の時より気味悪く思われる かもしれません。特に笑顔になった時など、鏡の前で自分の顔見てニヤニヤ してる人だと思われてしまいますので… カメラのナニワ梅田2号店スタジオの詳しいご案内はコチラ それでは、またまた

関連の記事

ニュース
2018/02/03

36回まで金利無料のショッピングローンのご紹介

ニュース
2018/01/24

2018年皆既月食と2018年天体ショースケジュール紹介

CP+2018 
ニュース
2018/01/24

3月1日~4日はCP+2018!

  • #CP+2018
もっと見る