商品レビュー カメラのナニワ 心斎橋本店

ペンタックスKPを手持ちで撮ってみた!

こんにちは、カメラのナニワ心斎橋本店です。

今回は「ペンタックス KP」を持って撮影に出かけてみました。

場所は、琵琶湖から昇る朝日と周辺の風景の撮影です。

ペンタックスK-Pと言えば、最高ISO819200の「高感度撮影に強いデジタル一眼」と言う事で、陽が昇る前からの撮影と、日中の撮影の写真をご覧いただこうと思います。

まずはこちら

陽が昇る前に撮影現場に到着しましたので、まだ空も暗く月がキレイに見えていましたので撮影いたしました。

今回は高感度撮影に評判の高いKPを使っての撮影ですので、あえて三脚を使用せず、手持ちでの撮影を行いました。

ISO感度6400 シャッタースピード1/13 絞りF8 画像仕上げ:風景

結果ノイズは出ているものの、拡大しないとほとんどわからないくらいですので、ISO6400でも十分常用感度として使用できると感じました。

KPなら、夕方以降の光量の少ない場面でも、高感度撮影を楽しんでいただく事が出来そうです。

続きましてはこちらの写真

ISO感度200 シャッタースピード1/2000 絞りF8 画像仕上げ:鮮やか

天気予報では「晴」と言う事でしたが、低い位置に雲がかかっていた為、太陽が顔を出すまでに少し時間がかかってしまいましたが、雲が良い感じでディフューザ―の役目をはたしている為に、NDフィルターなどを使用しなくても撮影する事が出来ました。

この写真は、逆光で人物のシルエットを入れながら縦位置で撮影いたしました。

今回掲載している風景写真はカメラの機能のみを使用していますので、撮影後の色補正や明るさ補正、トリミングなどは行わず、KPの特徴を知っていただく為に、そのままの色合い、明るさ、画角でご覧いただいています。

朝日編最後の写真がこちら

ISO感度200 シャッタースピード1/250 絞りF8 画像仕上げ:鮮やか

メインである貝殻にピントを合わせ、バックの朝日が水面に反射してきらめく様子を撮影しました。こちらの写真は、今回の撮影の中でも特に気に入っている写真のひとつです。

2432万画素の画質の良さ以外にも、自分が撮影したいと思っている色が出ているところが良いと思いました。

 

太陽の位置も高くなり朝日の撮影を終え、場所を移動しました。

朝日の撮影場所から車で少し走ったところにある場所です。

この場所には、桜並木とキレイな川、そして山々があり、4月半ばというのに山の頂上には雪が残り、雪解け水が川に流れ込んだ影響か、非常に水量が多く感じました。

欲を言えば、青空の色と、桜の色がもっと鮮やかに写れば理想でしたが、本来なら色修正をしたいところですが、今回はそのままの画像をご覧いただいています。

ISO感度200 シャッタースピード1/400 絞りF4.5 画像仕上げ:鮮やか

ですが、ロケーションは最高でした。

 

続いての写真がこちら

ISO感度400 シャッタースピード1/160 絞りF8 画像仕上げ:鮮やか

菜の花畑を撮影中、良い形の花を探していると、タイミング良く蜂が飛んできたので、急いでシャッターを切りましたが、反対側に移動してしまい、その後飛んで行きました。

蜂の写り込みは少ないですが、菜の花の黄色は非常に良く出ていると感じました。

KPの画像仕上げ機能の「風景」「鮮やか」「ナチュラル」などを被写体に合わせて使い分ければ、メリハリの利いた良い色表現が可能です。

では、最後にこちら

ISO感度200 シャッタースピード1/160 絞りF5.6 画像仕上げ:鮮やか

35年くらい前に淀川の土手でつくしが生えているのを見た記憶がありますが、近所の川沿いでは一度も見た事が無く、琵琶湖の周りにはつくしがニョキニョキ生えていて大変驚きました。

大阪からも2時間かからない距離ですので「おっ!!この風景良いな」と感じられた方が居られましたら、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

ペンタックスKPを使って撮影して感じた事は、評判通り高感度に強く、光量の少ない場面でも手持ち撮影が出来ると感じました。

操作性については、今回は動いている被写体がありませんでしたので、操作自体は落ち着いてゆっくりする事が出来ましたが、ボタンも大きく、液晶画面の文字表示が大きいので見やすく操作も簡単でした。

本体は、他の機種に比べ若干大きく感じますが、重さ自体は703gとそんなに重く感じる事はありませんでした。

あと、液晶画面が可動式ですので、最後に撮影したつくしの撮影では、そんなにしゃがむ事無く、ローアングル撮影が出来ましたので、非常に楽でした。

撮影時の注意点として、フルオートの撮影でも問題ないですが、被写体によって露出補正、ホワイトバランス、画像仕上げモードを駆使して撮影すると、さらに良い撮影が可能です。

 

今回撮影に使用致しましたペンタックスKPは、カメラのナニワ心斎橋本店にてお取り扱いいたしております。

ご興味を持っていただいたお客様が居られましたら店頭に実機もございますので、是非当店までご来店下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

PENTAX 67Ⅱ 67 TTLファインダー 6×7 TTLファインダー ミラーアップ
商品レビュー
2021/01/17

PENTAX 6×7(67) 67Ⅱの使い方【中判カメラ初心者にオススメ!!!】(作例付き)

  • #PENTAX67
  • #バケペン
  • #中判
  • #ペンタックス
商品レビュー
2021/01/14

【新製品レビュー】 EマウントAPS-Cセンサー用、F2.8通しの標準ズームレンズ/タムロン17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD

  • #a6100
  • #a6300
  • #a6400
  • #a6500
  • #a6600
  • #商品紹介
  • #新製品レビュー
  • #17-70/2.8DiIII-AVCRXD
  • #APS-C
  • #レンズ
  • #a6000
  • #ソニー
  • #Eマウント
  • #タムロン
  • #ミラーレス
商品レビュー
2021/01/12

おすすめミラーレスカメラPanasonic DMC-GX7【京都の猫 作例編】

もっと見る