コラム レモン社 秋葉原店

初めてのストロボ!なぜストロボが必要なのか?

こんにちは、レモン社秋葉原店です。

 

今回は初めてストロボを購入・使用される方への基礎情報を紹介したいと思います。因みにストロボ=スピードライトです。

初めに、なぜストロボを使うのか?ですが、暗い場所での撮影や室内の照明ではキレイに撮れない等色々な要因があるからです。

暗い場所なら感度を上げれば撮れるんじゃない?と思う方もいらっしゃいますが、これ以上感度を上げられない、感度を上げるとノイズが出てしまう。と困る時が出てきます。そんな時にストロボがあれば解決する事が出来るのです。(状況により全てが上手くいくとは限りませんが・・・)

 

初めてストロボを購入する時どんなのを買えば良いのか悩まれると思います。購入される際のポイントを簡単にまとめてみます。

先ず、「どの様な場面で使用するか」

夜のポートレイトで使うのか、室内物撮りで使うのか等、どんなシチュエーションで使用するかを考えます。それを踏まえた上で下記を参考にしてください。

・「使用しているカメラメーカーの純正品かサードパーティ製か」

純正品は値段が高くなります。が、純正品の場合はカメラ側とストロボ側が連動して設定をある程度やってくれます。サードパーティ製のストロボでも使えない事は無いのですが、細かい設定がカメラ側と連動しないので設定情報を入力する必要があります。設定が間違っていると上手く写らないという事が起きてしまいます。

・「大きさ」

コンパクトなタイプですと持ち運びには便利ですが、角度が固定されていたり、動かせても少しの範囲だけ、GN(ガイドナンバー)が小さい。等が上げられます。

※GN(ガイドナンバー)とは、光の強さの事です。このGNの数字が大きいほど強い光が発光できます。

・「撮影モード」

TTL調光というモードがあります。これはレンズから入る光を評価して、シャッターを切った瞬間に適切な光量を計算する為にストロボを少し発光させ、周囲の光の量も合わせて最適な発光量を決定するシステムのことです。

初心者の方はこのモードがあると撮影しやすいと思います。但し、100%ちゃんとした写真が撮れるというわけではないので、撮影したら必ず確認して下さい。

※最近はこのモードが入っているストロボも増えてきましたが、必ず入っているわけではないので確認して下さい。

 

 

それではストロボを使うとこんな感じになります。という使用例です。

先ずはストロボなしの状態です。

ストロボ無し

ストロボ無し

ストロボ無しだと暗い写真になってしまいますね。

次にストロボを装着します。

この向きで撮影すると

真正面

真正面

img_6027

ストロボ真正面

真正面からストロボを直接当てるため固い光になり、背景が近いと壁に影がでます。

これは嫌だ!という方はバウンスを駆使します。

バウンスとは被写体に直接光を当てず、天井や壁にストロボを向けて光らせ、その反射光で被写体に光を当てる事です。

ただ、気を付けなければいけない点は、バウンスさせる距離により光量が落ちてしまったり、バウンスさせる場所が白くないと効果が発揮できない。等の注意点があります。

 

次に、このように天井に向けて撮影してみます。

天井に向けて発光させる事を「天井バウンス」といいます。

天井に向けて

天井に向けて

この向きで当てると

天井バウンス

天井バウンス

影が消えて光の質感が柔らかくナチュラルな光となります。

応用として横の壁に当てる「壁バウンス」で撮影すると

壁に向けて

壁に向けて

img_6035

壁バウンス

横に陰影が付き、また違った一枚となります。

この様に向きを変えるだけでイメージが変わります。

 

購入されたら色々と試してみて下さい。レンズもそうですが、ストロボがあるだけで一気に世界が広がりますよ!

 

担当:88(B3)

 

関連の記事

コラム
2018/08/31

【画像付き】ニコンFマウントレンズの見分け方 オートフォーカス編

  • #AFレンズ
  • #Fマウント
  • #ニコン
コラム
2018/08/31

【カメラ専門店スタッフコラム】フイルムカメラを始めてみる その2フイルム感度

  • #フイルムカメラ
コラム
2018/08/31

【コラム】ペンタックス 6×7, 67 について

  • #中判
  • #ペンタックス
もっと見る