ニュース レモン社 銀座教会堂店

鉄道模型 入荷情報 トビー!

 今回はHOスケールの鉄道模型トビーの2商品を紹介します。

 横浜にあったトビー模型店は、1950年代よりアメリカ輸出用にHOスケール鉄道模型を製造してきた。
1962年頃より日本型の古典蒸気機関車を製造するようになった。特に今回紹介する6760型と8620型は不朽の名作と言われていて、当時比較的高価であったことと、販売台数が少ないこともあり、現在、程度の良い中古品は鉄道模型ファンの垂涎の的!

トビー6760型

トビー6760型

6760型のプロフィール   1914年(大正3年)より鉄道院(国鉄の前身)が製造した軽旅客用テンダー蒸気機関車である。8620型のボイラーとシリンダーに軸配置4-4-0(2B)の6750型の走行装置を組み合わせたものです。この頃より日本の機関車は国産化が始まり、標準化が進められました。製造台数は88台、全て川﨑造船所で製造されました。その後の輸送の増大により早くも入替用機関車として余生を過ごしました。

トビー6760正面

トビー6760正面

 本モデルは未塗装キットの組立品ですが、今年初め?レストアされたばかりです。添付パーツの取付、モータートルク不足のためマウント加工して交換、走行調整、全体再塗装が施されていまして外観は良好です。
元箱、取説(キット)が付属します。

PLU 2111011957080 HO トビー 6780 キット組 程度 AB+ 委託品 税込¥95,000

 

 

トビー8620

8620型のプロフィール  1914年(大正3年)から鉄道院にて、初めて国産の設計、製造となる。「ハチロク」の愛称で有名な大正期の主力旅客用テンダー蒸気機関車です。軸配置は2-6-0(1C)で先輪と第一動輪を心向キ棒で一体化した特殊な構造となっており急曲線通過と容易としています。製造台数は672両とと多数。台湾や樺太でも活躍しました。明治末期の急行用にドイツ・イギリス・アメリカから輸入された機関車を参考として国産技術の確立をめざして、まずは最高性能を追わず汎用性を重視した設計でした。

 

トビー8620 

トビー8620

↑8620型38624号機の後ろ姿です。本モデルは完成品販売のものです。今年初めにレストアされたばかりで、全体再塗装、空気作用管取付、第一動輪位相ずれ修正、走行調整、バックプレート取付とその為のキャブ゙内ボイラー延長、KD16カプラー取付(片側のみ)、ナンバプレート珊瑚の汎用型にて製作。
元箱 取説が付属しています。

 

 

PLU 2111011957073 HO トビー 8620 程度 AB+ 委託品 税込¥95,000

 

 商品のお問合せはレモン社銀座店鉄道模型コーナーまで。
 TEL 03-3567-5061

 

関連の記事

ニュース
2018/02/03

36回まで金利無料のショッピングローンのご紹介

ニュース
2018/01/24

2018年皆既月食と2018年天体ショースケジュール紹介

CP+2018 
ニュース
2018/01/24

3月1日~4日はCP+2018!

  • #CP+2018
もっと見る