HOME > 2016 > 1月

Monthly Archives: 1月 2016

ミノルタ M-ROKKOR 28mm F2.8(中古新入荷品)レビュー

 

今回のレモン社新宿店のブログは、新入荷中古品 「ミノルタ M-ROKKOR 28mm F2.8 レンズ」

をご紹介します。

ミノルタ Mロッコール 28mmF2.8

ミノルタ Mロッコール 28mmF2.8

ご存じ、ミノルタCLE発売当時にライカ製「エルマリートM28mm F2.8」に対抗して作られた、ミノルタ製ライカMマウントレンズです。

エルマリートをはじめ、コンタックスGビオゴン、リコーGRレンズなど名レンズ達と比較され厳しい評価にさらされるなど、なかなか華々しい活躍の記憶に乏しいレンズですが、レモン社新宿店に程度の良い同中古レンズが入荷したので改めて試してみたくなりました。

レビューにあたり使用したカメラボディは、「ソニー α7」です。Mマニュアルモードでの使用です。各種設定はオートです。

開放近くの周辺光量落ちがはっきりと性能として現れる、フルサイズセンサーで試すのです。

 

では、商品のご紹介です。

レモン社新宿店 中古新入荷「ミノルタ M-ROKKOR 28mm F2.8」

商品コード:2111020095834

フード、Rキャップ、付

ランク AB+ ¥85,000-(税込)

レンズ表面も内部もきれいな状態を保っています。マウント部も擦れが少なく、ヘイリコドも動作がなめらか。絞りのクリック感は節度があり良好。付属のオリジナルフードも綺麗です。

 

それでは、いきなりですがレンズを空に向けてショット。

28mm F5,6 1/400 ISO 200

やっぱりF5,6に絞っても周辺光量落ちは残りますね。厳しい条件ではありますが、この年代のレンジファインダー用広角レンズとしてはこんなものでしょうか。

寒空に紅梅ががんばって花を咲かせています。

 

続いて、絞り解放にして後ボケを試します。このレンズはそのままマクロ機構のないマウントアダプターで使用すると、80cmしか近寄ることができないため、少しボケの大きさが物足りません。

28mm F2,8 1/400 ISO 160

 ミラーレスのEVF(ビューファインダー)で、マニュアルでピント合わせするのはやはり難儀します。

遠近感による奥行き感の演出と、被写体を浮かび上がらせる表現が出来ています。ほどほどのボケ量がかえってよいバランスに思えてきます。

もひとつ作例を。

28mm F2,8 1/400 ISO 320

こちらも程よいボケで、背景説明がきちんとできました。

 

次に解像力を見てみたいと思います。

28mm F5,6 1/400 ISO 320

28mm F5,6 1/400 ISO 100

解像感は申し分ないと思います。けっこうカリカリとした描写です。こういう幾何学的な被写体には相性が良いようです。

暗部はわりと潔く切り捨てている感じがします。その分力強く被写体を押し出す描写をしていると思います。

 

歪曲も試してみます。

28mm F5,6 1/400 ISO 400

線の曲りは感じますが、敢えて気にしなくてもよいレベルだと思います。

 

あとはおまけ画像とさせていただきます。

レンジファインダー用レンズは、やはりレンジファインダーボディで使用するのが、特にマニュアルフォーカス機では相性がよいと感じました。

ただEVFはさらに進化していくでしょうから、今後もレンジファインダーレンズ、特にライカL、Mマウントレンズの登場する機会はなくならないでしょう。

 

28mm F5,6 1/400 ISO 200

 

 

28mm F5,6 1/400 ISO 400

 

28mm F5,6 1/400 ISO 100

 

28mm F5,6 1/400 ISO 100

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

商品レビュー キヤノン EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

今回のレモン社新宿店ブログは、新品 「キヤノン EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM レンズ」

をご紹介します。

手ごろな価格のコンパクト望遠系ズームレンズですが、最新ステッピングモーターを採用する

軽快感に優れるレンズです。瞬発力のあるトルクを発生するモーターで、AFの動作がクイックで静かです。

135換算で望遠側は350mmを超える超望遠域に達します。

イメージスタビライザー採用と軽量・コンパクトさで、全焦点域手持ちで撮影出来てしまいました。

撮影にあたっては、サイズ的に相性抜群の「EOS KissX8i」を使用しました。

 

(適切な代替テキスト)

 

それでは早速レビューに移りたいと思います。

まず、高倍率望遠系ズームレンズのテーマとなる、望遠側絞り開放での色収差を試します。

 

250mm F5.6 1/640 ISO 100

250mm F5.6 1/640 ISO 100

拡大して確認しても、鎖のエッジと鳥の輪郭部に色の滲みがまったく見られません。ボディ側の収差補正は

オートに設定しましたが、それにしても見事で関心してしまいます。入門クラスの望遠ズームレンズなのにですよ。

では、55mm側ではどうなのか確かめたくなります。

55mm F4 1/1250 ISO 100 +0.7ステップ

55mm F4 1/1250 ISO 100 +0.7ステップ

 こちらも、船舶の輪郭部や艦橋部の各エッジをみても、色滲みは確認できません。うーん、すごいですね。

トーンの再現も良く、船体の曲線が再現されていますし、背景の雲とも分離して描写できています。

全田的にヌケがもう少しほしい印象ですが、撮影日は大気の透明感があまりよくありませんでした。

 

 続いて、55mm側絞り開放で周辺光量落ちの具合と解像力変化をみてみます。

連続して絞りを変化させてみましょう。

 

55mm F4.5 1/1000 ISO 100

55mm F4.5 1/1000 ISO 100

55mm F5.6 1/640 ISO 100

55mm F5.6 1/640 ISO 100

周辺部に光量の変化はみられません。やはり望遠系ズームなので、絞り開放から画面の均一性が保たれているようです。

メーカーのMTF曲線をみても中間画角からの落ち込みが少ないですよね。

絞りの変化による解像感の違いは僅かに感じられます。

F4とF5.6を部分的に拡大比較すると、やはりF5.6の方が文字などのエッジがシャープに描写されています。

55mm F4 1/1250 ISO 100

55mm F4 1/1250 ISO 100

55mm F5.6 1/640 ISO 100

55mm F5.6 1/640 ISO 100

 

次は、またも55mm側で絞り開放で、逆光でフレアやゴーストなどみてみます。

 

55mm F4 1/4000 ISO 100

55mm F4 1/4000 ISO 100

55mm F4 1/640 ISO 100 -0.7ステップ

55mm F4 1/640 ISO 100 -0.7ステップ

 少しフレアの影響を受けて、全体が白くベールを被った印象です。ヌケがもう少しほしいと感じましたが、

トーンは出ているので実用上は文句ありません。

 

続いて、350mm超の望遠圧縮効果を試します。200mmを超える望遠となるとついやりたくなるんです。

 

250mm F5.6 1/800 ISO 100

250mm F5.6 1/800 ISO 100

 遠近感が希薄になり、被写体の前後が分かりづらく描写されます。なにか不安感ににも似た感覚を味わえる気がします。

 

さて、ファミリーユースとしてこのレンズが活きるのは、やはり高倍率の画角変化だと思います。

豊富な焦点距離が、この1本のレンズの中に含まれているわけで、被写体と背景が劇的に変化します。

 

55mm-250mm ISO 100

55mm-250mm ISO 100

 人物が主役なら、家族写真に表現の幅がうんと広がります。

 

あと、このレンズ、250mm側でマクロ的な撮影に向いている面があります。

 

250mm F5.6 1/320 ISO 6400 -1ステップ

250mm F5.6 1/320 ISO 6400 -1ステップ

古い洋館のバスルームのアンティークなシャワーヘッドです。立ち入ることの出来ないシチュエーションでも、

遠いワークディスタンスでも、ご覧の通りマクロの領域にまで引き寄せることが出来るのです。

なかなか質感描写に優れています。

 

あとは、おまけショットのご紹介でございます。

 

2500mm F5.6 1/1000 ISO  100

2500mm F5.6 1/1000 ISO 100

 

84mm F5.6 1/2500 ISO 100

84mm F5.6 1/2500 ISO 100

 

250mm F5.6 1/400 ISO 200

250mm F5.6 1/400 ISO 200

 

70mm F4.5 1/2500 ISO 100

70mm F4.5 1/2500 ISO 100

 

商品仕様

画角(水平・垂直・対角線) 23°20’~5°20’・15°40’~3°30’・27°50’~6°15‘
レンズ構成 12群15枚
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り 22~32
最短撮影距離 0.85m
最大撮影倍率 0.29倍(250mm時)
フィルター径 58mm
最大径×長さ φ70.0mm×111.2mm
質量 375g
手ブレ補正効果 3.5段分
  • 焦点距離250mm[35mm判換算400mm相当]、EOS 7D使用時。

MTF特性図

MTF特性図
▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

リコーGXR+P10 KIT 28-300mm F3.5-5.6 VC(中古新入荷品)レビュー

今回は、当店に新入荷した中古品 リコーGXR+P10 KIT 28-300mm F3.5-5.6 VC についてレビューします。

既に販売は終了しているモデルですが、中古デジタルカメラのミドルレンジの中では、レギュラーモデルともいえる人気ぶりです。

搭載されるレンズユニットは28-300mm(10.7倍)ズームです。大きなズーム比で様々な撮影シーンに対応するレンズですが、あえて広角側を集中的にテストし性能を確かめました。

広角側に難が出やすい点をつついてみます。

 

まずは、商品のご紹介です。

レモン社新宿店:中古新入荷リコーGXR+P10 KIT 28-300mm F3.5-5.6 VC」

商品コード:2111020097715

付属品:取説、スペアバッテリー、充電器、ストラップ、Fキャップ、LC-2、USBケーブル

ランク AB+ ¥20,000-(税込)

 

IMG_0001

 

 

まずは28mm開放で遠景をスクエア的に撮影。

 

28mm F3.5 1/2000 ISO 100

28mm F3.5 1/2000 ISO 100

センサーサイズが 1/2.3型と小さめなので、画面中心部分から周辺部まで崩れが無く均一な画質です。

街のスナップや観光地での撮影に向いているようです。

 

同じく広角側での、逆光特性を見てみます。

28mm F3.5 1/2000 ISO 100

28mm F3.5 1/2000 ISO 100

連絡通路の窓に太陽が映りこみ、かなり強い反射を作り出しています。

が、フレアーを非常によく押さえ込んでいます。橋の底部のグラデーション再現が損なわれていません。

 

続けて、逆光下開放で周辺光量落ちを試します。

 

28mm F3.5 1/2000 ISO 100

28mm F3.5 1/2000 ISO 100

これはダイレクトに太陽が画面内に入り込み、並みのレンズではフレアーが大きく出すぎて、被写体のエッジが背景に同化(食われ)してしまいます。

しかしこのレンズでは、ビルのエッジは再現されていますし、オブジェの暗部も潰れていません。

あ、周辺光量落ちのテストでしたね。ご覧のとおり、画面上部の左右端に気になるほど減光は現れておりません。

立派なものです。

 

次に望遠端を試してみたいのですが、この手のコンパクトズームで一眼用望遠レンズのような圧縮効果がでるのか確認したくなりました。

ちゃんと出るはずですが。

 

300mm F15.4 1/410 ISO 400

300mm F15.4 1/410 ISO 400

出ました。歩くとわずかにしか感じないアンジュレーションが、手前から奥までぎゅっと圧縮されて、大きく波打っているように表現できました。

こんなコンパクトなレンズの望遠でも、立派な望遠なのですね。当たり前かもしれませんが、少し感動しました。

 

また、このレンズは最短撮影距離は約1cm(広角時)とマクロ撮影が出来ます。

 

67mm F9.1 1/620 ISO 400

67mm F9.1 1/620 ISO 400

適度に被写体から離れて、影もマクロ撮影。

冬の公園に何気なく落ちていた、かわいらしい被写体です。

 

最後に、GXRボディが備える「ダイナミックレンジダブルショット撮影」を試してみます。

スマホでおなじみの、白とびや黒つぶれを抑えるHDRの機能です。

明暗差がクッキリしている被写体を選び、効果を弱にして撮影します。

 

28mm F7 1/2000 ISO 400

28mm F7 1/2000 ISO 400

こちらの写真、真ん中のビル左側は白く飛び、右側は黒く潰れておりましたが、ごらんの通り自然に仕上がってしまいました。

左下のビル郡もかなりシャドー部が多かったのですが、目立ちませんです。

 

コンパクトデジカメより一回り大きいサイズではありますが、適度な重量が信頼感を演出し、取り回しの非常に優れた高性能機種という印象のカメラでした。

 

GXRの主な仕様
項目 仕様
フラッシュ フラッシュモード オート(低輝度時及び逆光時自動発光)/赤目軽減/強制発光/スローシンクロ/発光禁止
調光範囲

カメラユニットの仕様を参照してください。

調光補正 ±2.0EV 1/2 または1/3EVステップ
マニュアル発光量 FULL、1/1.4、1/2、1/2.8、1/4、1/5.6、1/8、1/11、1/16、1/22、1/32、1/64
画像モニター 3.0型 透過型液晶 約92万ドット
撮影モード オート撮影モード/プログラムシフトモード/絞り優先モード/シャッタースピード優先モード/マニュアル露光モード/シーンモード(動画/ポートレート/スポーツ/遠景/夜景/斜め補正モード)/マイセッティングモード
画質モード F(Fine)/N(Normal)、RAW(DNGファイル形式) ※1
記録媒体 SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、内蔵メモリー(約86MB)
記録データ容量 カメラユニットの仕様をご確認ください。
画像ファイル形式 静止画 JPEG(Exif ver.2.21) ※2、RAW(DNG)
動画 AVI ※3(Open DML Motion JPEGフォーマット準拠)
圧縮方式 JPEGベースライン方式準拠(静止画、動画)
その他主要撮影機能 連写/M連写プラス、セルフタイマー(作動時間:約10秒/約2 秒/カスタム設定)、インターバルタイマー(撮影間隔:5秒~1時間、5秒単位) ※4、カラーブラケット、白黒(TE)、色空間設定、ノイズリダクション、ヒストグラム表示、グリッドガイド表示、被写深度表示、電子水準器、ホットシュー
その他主要再生機能 縦横自動回転再生(カメラユニット装着時)、一覧表示、拡大表示(拡大倍率最大16倍)、画像サイズ変更
外部インターフェース USB2.0(High-Speed USB)Mini-B、マスストレージ対応 ※5
AV出力(NTSC)、HDMI出力端子(Mini HDMI TypeC)
ビデオ信号方式 NTSC、PAL切り替え
電源 リチャージャブルバッテリーDB-90 (3.6V)、ACアダプター(AC-5 オプション):3.8V
電池寿命 カメラユニットの仕様を参照してください。
外形・寸法 113.9mm(W)x70.2mm(H)x37.5mm(D)突起部含まず
質量 本体約160g(バッテリー/メモリーカード/ネックストラップ/端子キャップを除く)
付属品約66g(バッテリー/ネックストラップ/端子キャップ)
三脚ネジ穴形状 1/4-20UNC
使用温度範囲 0℃~40℃
デート保持時間 約1週間
使用湿度範囲 85%以下
保存温度範囲 -20℃~60℃

 

RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VCの主な仕様
項目 仕様
カメラ部有効画素数 約1000万画素
撮像素子 1/2.3型CMOSセンサー(総画素数1060万画素)
レンズ 焦点距離 4.9 ~ 52.5mm(35mm 換算値28 ~ 300mm)
F値

F3.5 ~ F5.6

撮影距離
範囲(レンズ先端より)
通常撮影:約30cm ~∞(広角)、約150cm ~∞(望遠)(レンズ先端より)
マクロ撮影:約1cm ~∞(広角)、約27cm ~∞(望遠)、約1cm ~∞(ズームマクロ)(レンズ先端より)
レンズ構成 7群10枚(非球面レンズ4枚5面)
ズーム倍率 光学ズーム10.7倍、デジタルズーム4.0倍、2.8倍(動画、画像はHD)、オートリサイズズーム約5.7倍(画像はVGA)
フォーカスモード マルチAF/スポットAF/マニュアルフォーカス/スナップ/∞/マルチターゲットAF(AF 補助光、フォーカスブラケット機能あり)
ブレ軽減機能 イメージセンサーシフト方式ブレ補正機能
シャッタースピード 静止画 1/2000秒~30秒(撮影モード、フラッシュモードによりシャッタースピードの上限と下限が変わります。
動画 1/30秒~1/2000秒
露出制御 測光モード マルチ(256分割)/中央重点測光/スポット測光(TTL測光式、AEロック可能)
露出制御モード プログラムAE、絞り優先AE ※1、マニュアル露出、シャッター優先AE、ターゲット移動機能
露出補正 マニュアル補正(+4.0 ~ -4.0EV 1/3EV / 1/2EV ステップ)、オートブラケット機能(-2EV ~ +2EV 1/3EV / 1/2EV ステップ)
ISO感度(標準出力感度) AUTO、AUTO-HI、ISO100/ISO200/ISO400/ISO800/ISO1600/ISO3200
ホワイトバランスモード AUTO /マルチパターン AUTO /屋外/曇天/白熱灯1/白熱灯2 /蛍光灯/手動設定/詳細設定、ホワイトバランスブラケット機能
フラッシュ 調光範囲 約20cm~4.0m(広角) 
約28cm~2.5m(望遠)(ISO AUTO)
撮影モード オート撮影モード/プログラムシフトモード/絞り優先モード ※1/シャッタースピード優先モード/マニュアル露光モード/シーンモード(動画/ポートレート/スポーツ/遠景/夜景/斜め補正モード/ダイナミックレンジダブルショット/ズームマクロ)/マイセッティングモード
連写 連写撮影枚数(画像サイズ〔RAW〕選択時) ノイズリダクションOFF時:5枚
ノイズリダクション弱、強、MAX時:4枚
M連写プラス撮影枚数(1組) Low(3648×2736):15枚(5コマ/秒)
Hi(1728×1296):26枚(30コマ/秒)
超高速連写撮影枚数(1組) Low(640×480):120枚(60コマ/秒)
Hi(640×480):120枚(120コマ/秒)
画質モード ※2 F(Fine)/N(Normal)、RAW(DNGファイル形式) ※3
記録画素数 静止画 16:9 3648×2048、3264×1840
4:3 3648×2736、3264×2448、2592×1944、2048×1536、1280×960、640×480
3:2 3648×2432、3264×2176
1:1 2736×2736、2448×2448
動画 1280×720、640×480、320×240
記録データ容量 RAW 16:9 NORMAL:約12923KB/画面、FINE:約14160KB/画面、VGA:約11347KB/画面
4:3 NORMAL:約17202KB/画面、FINE:約18854KB/画面、VGA:約15096KB/画面
3:2 NORMAL:約15311KB/画面、FINE:約16779KB/画面、VGA:約13439KB/画面
1:1 NORMAL:約12956KB/画面、FINE:約14195KB/画面、VGA:約11377KB/画面
L 16:9 NORMAL:約1630KB/画面、FINE:約2779KB/画面
4:3 NORMAL:約2169KB/画面、FINE:約3704KB/画面
3:2 NORMAL:約1930KB/画面、FINE:約3295KB/画面
1:1 NORMAL:約1633KB/画面、FINE:約2784KB/画面
M 16:9 NORMAL:約1329KB/画面、FINE:約2253KB/画面
4:3 NORMAL:約1761KB/画面、FINE:約2990KB/画面
3:2 NORMAL:約1567KB/画面、FINE:約2660KB/画面
1:1 NORMAL:約1327KB/画面、FINE:約2248KB/画面
5M 4:3 FINE:約2287KB/画面
3M 4:3 FINE:約1474KB/画面
1M 4:3 FINE:約812KB/画面
VGA 4:3 FINE:約197KB/画面
電池寿命 CIPA規格準拠 DB-90使用時:約440枚 ※4
外形・寸法 カメラユニットのみ:
68.7mm(幅)×57.9mm(高さ)×44mm(奥行き)(CIPA ガイドラインによる)
GXRボディ装着時:
113.9mm(幅)×70.2mm(高さ)×49.8mm(奥行き)(CIPA ガイドラインによる)
質量 カメラユニットのみ:約160g(レンズキャップ/端子キャップ除く)
ボディ装着時:約367g(レンズキャップ/バッテリー/SD メモリーカードを含む)
使用温度範囲 0℃~40℃
使用湿度範囲 85%以下
保存温度範囲 -20℃~60℃

 

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link