HOME > 2016年 > 7月

Monthly Archives: 7月 2016

ペリカン王道の万年筆M800シリーズにブラックストライプのM805!!

今回はM805の今年のニューフェースとなるブラックストライプを紹介します。以前もデモンストレーター、ティファニーとのコラボなどを紹介をしましたペリカンの王道と言われるM800シリーズの最新作です。

IMG_1125_R
店頭に陳列されたM805とK805の新品

M800といえば1997年のヨーロッパ人気コンテストで世界初の「ペン・オブ・ザ・イヤー」の栄冠に輝いた世界でも有名な万年筆で、太さ・重さ・バランスが良いと世界が認めています。また現在はサイズなどが近くよく比較されるモンブランの149よりかなりリーズナブルで購入時の割引率にも大きな差がつきました。レモン社では万年筆の取扱が銀座店だけですが、希望のニブがあれば、お取り寄せは数日です。

IMG_1198_R
M805ペン先(F)

現在ペリカン万年筆にはM300、M400、M600、M800、M1000というサイズがあり一般的にはM600シリーズがオールラウンドと言われておりました。またM805とM405はペンクリップが金でなく銀となります。また今回のM805からはペン先がロジウム装飾が金と銀とのツートンから銀の一色へと変更されています。長さはわかり易い物と比較すると、iPhone6が137mmと5mmほどの違いです。
IMG_1249_R
上からM805,M600,M400,K620

IMG_1205_R
左からM600/B、M805/F、M400/F

ちなみにK805という同色のボールペンも同時に発売されていますが、139mm/29gと、通常はモンブランのNo.18のボールペン(60年代製/122mm/12g)を日常使いにしている私には少し重く感じました。

まさに今までに生産されていた万年筆の仕上げより地味ながら存在感があるM805が今年発売されました。ここ数年は各メーカーの装飾なども進みカラフルな新製品を発売している中、このグレーともいえるモノトーン的な万年筆の登場はとても新鮮に感じました。また想像ではありますが、この様なカラーリングは使用していて飽きが来ないのではないでしょうか。

IMG_1310_R
涼しげな写真のつもりです。

このカラーの600シリーズが出たら是非欲しいと思っておりましたが、今回M805で試し書きをしてみて、お恥ずかしい事ですが初めてバランスの良さに気が付きまして、現在の次期購入候補の1番となりました。今までは、見た目重視でバランスを重視する事が無かったのです。今後、購入したら最初のインクはもちろん現行のブリリアントブラックにするつもりです。ですが今、気づくとブラック系インクも購入経験無しでありました。キャップの気密性が高いペリカン万年筆にはまさにブラックインクが良い相性なのではないでしょうか!?

IMG_1176_R
現行インクのブリリアンブラックと…

 
ペン先:ロジウムプレート/18金
機構:吸入式
長さ:142mm(収納時) 166mm(筆記時) 
重さ:29g
希望小売価格:59,400円(税込)
※筆記具は銀座教会店のみの取扱となります。

(7月30日現在の在庫は新品のMと中古のFの在庫がございます)

担当:カラサキ

 

代替え電池と電池アダプター

ジャンク品のチェック等をしていると、よく液漏れして目も当てられない機材を目にします。
先日も「あぁ、悲惨な事になっているんだろうな、コイツの電池室・・・」と思いながら電池室を開けますと、幸いにも液漏れは発生しておらず、そして珍しい電池が転がり出てきました。

H-2D水銀電池

MATSUSHITA銘が懐かしいです

現在では生産されていない水銀電池です。MR-9、又はH-D等と呼ばれるタイプはかつて広く普及していましたが、今回お目にかかったのはこれらを二段重ねにしたタイプで、側面には「H-2D」と表記されていました。

水銀電池はおよそ20年ばかり前に生産が終了しましたが、それまでの普及の広さからこれらの電池を使うカメラもまた多く現存しています。それではそれらのクラシックカメラの立場はどうなるか?

その答えの一つが、代替え電池を使う方法です。レモン社では上記MR-9/H-Dの代替えとして、「空気電池」を取り扱っております。

MRB625 1.35V

水銀電池にとても近い電圧1.35V

人気のクラシックコンパクト「ローライ35」「ローライ35S」の露出計もこのタイプの電池で対応できます。
*ローライ35シリーズには一部「もっと特殊な電池」を使うタイプがありますので、お求め前に販売スタッフにご確認下さいませ*

使い方は簡単。放置して、電池内に空気を取り込ませるだけです。パッケージを開封しまして・・・

空気電池 1.35V

ちゃんと放置してあげないと、仕事してくれません。

中央の銀のシーリングを取っ払いまして、裏っ返しますと・・・

空気電池 1.35V

繰り返しますが、まずは放置です。

この青いシーリングも引っ剥がしておよそ30分放置です。シーリング裏に隠されていた穴から空気が取り込まれ、使用可能になります。
この空気電池は比較的安価で、レモン社銀座店店頭価格で¥756-(税込・2016年7月現在)となっておりますが・・・当時の水銀電池が驚異的に電池の寿命が長かった事を考えると些か消耗が早く感じられるかも知れません。

代替え電池その2として、MR-9/H-Dと同時恰好で1.5Vのアルカリ電池も一般に流通しているようですが、この電圧差の影響で「露出計の精度に問題が出る」、「回路に負担が掛かる」等を気にされる方も多いでしょう。

全く違ったアプローチとして、電池アダプターを使うと云った方法があります。

電池アダプター

MR-9アダプター。酸化銀電池SR43を使用。抵抗器内蔵で電圧変換

アダプターの価格がレモン社銀座店価格¥2,670-(税込・2016年7月現在)、別途「酸化銀電池SR43」をお求めいただいてお使いいただけます。
初期投資で合計¥3,000-ちょっと超える位になりますが空気電池よりも大幅に「持ち」が良いので、長くお使いになられる方には結果的にランニングコストが抑えられる事になるでしょう。

そしてまた一味違ったアプローチとして。
機械式カメラの多くが露出計用にしか電池を使っていなかった点を鑑みて。いっそ露出計なんて使わない!と云った方法があります。
リバーサルフィルムを使わない方であれば、現在のネガフィルムのラチチュードは大変広くなっているので「余程勘所が狂っていない限り」概ねキレイなプリントが得られます。
水銀電池を買った事のある世代なら・・・要は、マニュアル露出の勘所が頭ん中に出来ている方なら、却ってこの方法が手っ取り早いかも知れませんね。もはや電池切れの心配も要りませんし!

いろいろと方法はありますが、まずは現存するクラシックカメラ達と楽しくおつきあいしていきましょう♪
年々、コンディションを維持できているカメラが減りつつあるように感じられます。お手元のカメラちゃんを可愛がって下さいね!

担当:mm

 

商品レビュー:FUJIFILM XF23mmF1.4R

今回はFUJIFILMさんのXマウント単焦点レンズ、XF23mmF1.4Rに手を出してみました。
35判換算で35mm相当の画角を持つ大口径単焦点レンズです。

XF23mm

フードを着けるとそこそこのサイズですが、重さは気になりませんでした。

先日のレビューも曇天でしたが、今回は完っ璧に雨となりました・・・そんなワケで、事前に「たまたま手にしていた」タイミングで撮影した逆光テスト等をご覧いただいた後はひたすら雨と室内でございます。

XF23mmF1.4R

F7.1 1/3500Sec.

画面に太陽を入れていますが、特にゴースト等は発生せず・・・と思いきや、拡大してから気が付きましたが天頂付近に虹のようなモノが映ってました。蒸し暑い日でしたから、湿気が多いんでしょうね~!
ひょっとすると空気中の水蒸気の拡散効果でゴーストが出なかったのでは?なんて考えながら、その一週間ばかり後に同じような場所で再テストしますと。

XF23mmF1.4R

F9 1/1600Sec.

中央ビル上部にほんのりゴースト発生。正直なところ、カメラを覗きながらゴーストが出るアングルを探してたので(要するに意地悪してた)、いつの間にやらAFゾーンがズレ込んでピンボケ気味である事を白状します・・・が、そこそこ逆光には強そうですね、このレンズ。

大口径レンズではついつい絞り開放付近で遊びたくなってしまいますが、まずはやや絞って中~遠景を。

XF23mmF1.4R

F9 1/1100Sec.

F8以上に絞っていますがこの段階では特に回折の影響も感じませんでした。四隅の画質も安定しており、安心してガッチリ絞って使う事が出来るレンズだと思います。

そしてこれ以降は雨の日の撮影です・・・

XF23mmF1.4R

F1.6 1/4000sec. 半端な絞り値なのは、手が滑った為です

最短撮影距離28cmと云うスペックは特別際だったものとも感じませんが、ちょっとだけ持ち上げた傘の水滴に合焦出来る距離ではありました。
精巧な作りのレンズですが防塵防滴仕様ではないので、雨の日はちょっと気を遣ってあげましょう。

XF23mmF1.4R

F5 1/300Sec.

遠景の解像は如何に?なんて心積もりでしたが、もはや雨の影響で何だか判らない状況です・・・

光量の低い天候なので、絞り開放は使い放題です。

XF23mmF1.4R

F1.4 1/2900Sec.

もっと盛大な周辺光量落ちを期待してましたが、思っていたよりも控えめな光量落ちでした。
光量落ちも含めて背後の空に濃淡が出ればなぁ、なんて目論んだんですが。

XF23mmF1.4R

F2.2 1/1000sec.

程なくして、もはや遠景の解像力に関しては触れない事にした方が良さそうな天候となりました・・・

移動しながら、目に付いた百合の花を覗き込むと

XF23mmF1.4R

F1.4 1/2400Sec.

花の陰にクサカゲロウさんが雨宿りです。
「草+蜉蝣」でクサカゲロウです。「臭か~!下郎!」ではありませんのでご注意を。そんな事を云い出すと「ウスバカゲロウ」についても何か云いたくなりますが、ここはひとつ自重しましょう。

機材に良い具合に水滴が付着してきたので、そろそろ室内へ移動します。

 

XF23mmF1.4R

F1.4 1/600Sec. ASA640

背後に光源を入れてみましたが、これで口径食云々するのも無理ありますので。

単純に口径食の傾向だけを見たいならば、目一杯アウトフォーカスにして点光源を入れれば済みます。

XF23mmF1.4R

もはや作例では無い・・・

詰まらん・・・お前の仕事は詰まらん!
やってて詰まらないんですから、見てる方も詰まらないでしょう、きっと・・・
今回は夜間撮影の時間が取れませんでしたので、残念ながら上の詰まらぬモノをもって口径食チェックとします(陳謝)。

35判換算で35mm相当の焦点距離では、室内撮影ではちょっと狭っ苦しいと感じる事もしばしばですが、超広角特有の強いパースも無いので切り取り方次第では充分使えます。

XF23mmF1.4R

F4 1/52Sec. ASA1250

垂直/水平共にスッキリと歪曲無く、ごく自然に描写してくれました。

大体チェックすべき事はやった気がするので、あとは気ままに・・・

XF23mmF1.4R

F2.5 1/2400Sec. ASA400

 

XF23mmF1.4R

F1.4 1/480Sec. ASA400

 

XF23mmF1.4R

F1.4 1/1400Sec. ASA400

 

XF23mmF1.4R

F1.4 1/125Sec.

 

XF23mmF1.4R

F2.5 1/42Sec. ASA1600

 
Xマウントレンズシリーズの中では「古株」に属するXF23mmF1.4Rですが、スペック的にはAF速度以外に見劣りする点が無さそうな印象でした(あくまでも最新機材と比較しての話ですヨ!通常のスナップ撮影には充分対応できるAF速度です!)。
フードを装着するとそこそこの大きさにはなりますが、それでも「一眼用」の35mmF1.4級レンズよりもはるかに取り回し易いと感じます。Xシリーズユーザーの皆様には是非一度弄くってみて欲しいレンズです。

FUJIFILM XF23mmF1.4R
レンズ構成:8群11枚(非球面レンズ1枚)
絞り構成:7枚円形絞り・1/3ステップ 最小絞りF16
最短撮影距離:28cm
寸法:φ72x63mm
重量:300g(本体のみ)

お問い合わせはレモン社各店舗
又はナニワオンラインまでどうぞ

XF23mmF1.4R

F1.8 1/250Sec. ASA640

担当:松浦

 

カビ対策お済みですか?

雨にも負けずカビにも負けず・・・と云いたいところですが、複数機材があると「うっかり」放置状態となり、カビを招きかねないのも事実ですね。出番の無い機材ほどカビが生えやすいのが悩みの種。

でも、もしもある程度のスペースが確保できるのなら、防湿庫をご用意されては如何でしょうか?

Canon Powershot D20

Canon Power Shot D20 F3.9 1/20Sec. ASA1000 

ほとんどのモデルが極めて省電力仕様なので、電気代も気になりません。モデルによりますが、一日あたり0.5~1.5円位が一つの目安だと思います。うっかりカビを生やして重修理・ユニット交換なんて事になればそのコストは・・・です。

雨が続くとなかなか機材を持ち出さなくなりがちですが、雨ならではのシャッターチャンスもあるのでたまにはカメラを持ち出してあげたいところです-と云いながら、ついつい防水コンパクトでお茶を濁しがちな自分に喝!

曇天~雨の日は光量が低いので、絞り解放でガンガン撮影できる良い機会かとも思いますが、撮影が終わりましたらまずは機材をしっかりタオルドライしてあげましょう。

恐らくあと10日ばかりで梅雨明けとなりましょうが、それでも日本の夏の湿度は手ごわいものです。
夏休みでしばらく家を空ける・・・とか、部屋で熱帯魚を飼っている・・・なんて皆様、くれぐれもカビにご用心下さいませ。

防湿庫のご用命は
ナニワオンライン 保管・メンテナス用品ページまでどうぞ。
松浦

中古キヤノンセール実施中、その他

7月7日、梅雨の半ばながらも東京の空は晴れ晴れとしていますが。それでも天の川が見えない悲しさと云ったら。
愚図愚図云っても仕方がないので、少しだけ気風の良いお話を。
7月のレモン社店頭は、中古キヤノンセール実施中です。キヤノン製品の中古&委託品を表示から3%OFFでお求めいただけます。

中古 キャノン 安い

デジタルも、銀塩も、アクセ類も、です。

写真向かって左のカメラ、新着品です!
EOS 80D+EFS18-135キット、元箱一式揃ったAランク品¥140,000-(税込)です。勿論、こちらも店頭でご購入なら3%OFFとさせていただきます!
(PLUコード:2111011992524/レモン社銀座店在庫中古品)
*7/7現在、新着品につきオンライン掲載待ちの状況ですが、店頭には展示しております。

もう一つのレンジファインダーカメラはⅣSb+50/1.8、ラピッドワインダー付。
ABランク、¥56,000-(税込)。(PLUコード:2111011936108/レモン社銀座店在庫中古品)
ボディには元箱・取説が付属していますが、海外仕様らしく英文表記。名称も「Ⅳ-S2」となっているのが興味深いところです。その他に各キャップ、ノーマルの底蓋、レンズフード、コシナ製28/35ファインダー(シルバー)やらVCメーター(ブラック)やら無闇に豪華な付属品付きです。*VCメーターはカメラ側シューとの間に隙間があるようで、一枚テープを貼る等の対処が必要です*
ボディ外観は年代なりの使用感がありますが、シャッター幕もそこそこ綺麗でスローシャッターもキチンと動いています。
レンズは絞り羽根に油が少々。少しだけクモリがあるようにも見えますが、実用にはまず問題無いレベルと見受けられます。

デジタルも、銀塩も/中古品も、委託品もセール対象ですので是非ともご来店下さいませ。
*各種割引特典は対象外とさせていただきます*

さて7月の更なるのイベントは・・・やっぱりキヤノン関連なのです。
◎委託手数料の優待対象「WANTED」はCanon EFマウントLレンズです。
お預かりより2か月間、優待手数料15%を適用させていただきます。
*お預かりより2か月目以降は通常手数料となります*
Canon Lレンズ買取強化実施中!
(FD又はEFのLレンズです。赤線のアレです。スクリューレンズを意味するLではありませんのでご注意を。)

そんなこんなで7月のレモン社は「ひたすらCanon推し」かのように思われるかもしれませんが、勿論他のメーカーさん達も万遍なく愛しています!
カメラが欲しい!欲しくて欲しくてたまらんのです!
そんなワケで、各メーカーごとの超特別優待手数料扱い「8%WANTED」のカメラ達のご案内です!
*こちらも適用は2か月です*

Nikon    D5/D4シリーズ、D810、D500
Canon    EOS 5Ds/5DsR、5DMKⅢ
SONY    α7シリーズ
FUJIFILM X-T1、X-Pro2
OLYMPUS E-M1、PEN-F(フィルムカメラぢゃないですよ!)
PENTAX  K-1、645Z
Leica     M型デジタルシリーズ

これらのカメラ達と、訳あってお別れをお考え中の皆様・・・レモン社各店にご相談下さいませ!

p.s.
鉄道模型 天賞堂カンタムも7月の超優待手数料8%WANTED対象です♪ 

レモン社銀座店;松浦

商品レビュー:フォクトレンダー ULTRON 28mm F2 VM

今回も雨模様の商品レビューとなってしまいました。
フォクトレンダーのVMマウントレンズで、ULTRON 28mm F2をご紹介致します。

解放F値2の大口径でありながら、超高屈折率ガラスの採用により、全長51.2ミリ(フード含む)で最大口径55mmによりレンジファインダーカメラに内蔵されたフレームを使用する際に、ファインダーのケラレが軽減されています。
非常にコンパクトなレンズです。

カメラはM9を使用しました。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(1)

F4 1/500 ISO160

開放から2段絞ったF4での撮影です。暗部もベターっとつぶれることなく、そして線もしっかりと描写されています。
また白の描写も見事(カメラの恩恵?)です。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(3)

F5.6 1/500 ISO160

最短撮影距離が70cmと寄れないので、前ボケを生かして使用しなければいけないレンズです。これは本レンズに限らず、レンジファインダー用のレンズの宿命とも言えます。
画面中心の丸い穴にピントを合わせてF5.6で撮影しましたが、かなりボケてくれます。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(2)

F2 1/250 ISO160

大口径レンズの醍醐味の一つに開放での暴れっぷりがお客様との対話でも話題になります。
コントラスの低い日だったのでほどほどに溶けるような描写となりましたが、光の周りのいい快晴だと違った描写を示してくれそうです。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(4)

F2.8 1/90 ISO160

明暗比の高い風景ですが、暗部に完全な黒つぶれもなく、描写力の高いレンズと印象を深めました。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(5)

F11 1/500 ISO160

周辺光量落ちはF11まで絞っても認められますが、開放付近を多様される場合は、それなりの覚悟が必要です。
光量落ち前提での撮影になると思います。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(6)

F2.8 1/4000 ISO160

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(7)

F5.6 1/250 ISO160

いつも撮影している旧郵便局長室での2枚です。
1枚目はフィルム時代の感覚そのままの描写で、2枚目は最近撮り始めた構図の写真です。比較する枚数が少ないのですが、床にピントを合わせて景色をややぼかし悠久の時を上手く収められたような気がします。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(8)

F8 1/4000 ISO160

耐逆光テストですが、期待はしていませんでした。その通りの結果ですね。
但し、雲の描写が期待以上でした。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(9)

F5.6 1/4000 ISO160

街頭の右側の建物。かなり緩い。28mmの広角レンズでのF5.6はかなり絞り込んでの撮影ですが、内蔵のフードでは光線カットが不足なのでしょうね。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(11)

F11 1/1500 ISO160

意地悪な構図での撮影ですが、前述の通り明暗比が高くてもしっかりと写真として収めてくれてます。

voigtlander ULTRON 28mm F2 VM(10)

F4 1/1500 ISO160

寄れない不自由さを甘受出来るのであれば、オススメの一本です。

 

[商品仕様]

焦点距離

28mm

口径比

1 : 2

最小絞り

F22

レンズ構成

8群10枚

画角

75°

絞り羽根枚数

10 枚

最短撮影距離

0.7m

距離計連動範囲

∞~0.7m(カメラにより異なる)

最大径×全長

φ55.0×51.2mm

フィルターサイズ

φ46mm

重量

244g

レンズフード

標準フード付

最後に使用感・操作感ですが、ヘリコイド、絞りリング共に良好です。流石にフィルム時代にレンジファインダー機を作られていただけのことはあります。写真の撮り手のことをしっかりと考えての設計です。

担当:いりえ

 

今月の鉄道模型 委託・買取情報

7月の鉄道模型委託WANTED、買取、お得情報!

鉄道模型をより高価に売却されたいお客様に耳寄りなお知らせ!

委託WANTED 「日本型HOブラス(真鍮製)モデル」につき手数料15%

メーカーを問いません。天賞堂、カツミ、エンドウ、アダチ、中村精密、トビー、宮沢、鉄道模型社………もちろん珊瑚もOKです。

 ↓

珊瑚 9600型

珊瑚 9600型

 さらに、委託特別WANTEDとして「天賞堂カンタムサウンド搭載車」に限り何と8%でお預かりいたします。

絶対お得!この機会に是非!

◎お客様ご希望金額でお預かりしたします。

◎遠方のお客様には、委託品を送料着払いにて送って下さい。

天賞堂 DD51 ユーロライナー カンタムサウンド

天賞堂 DD51 ユーロライナー カンタムサウンド

 7月の買取強化商品は「ムサシノモデル」です。
      買取価格一例

★国鉄 DD51 1100番代後期型 寒地山陰    ¥110,000
★JR  DD51 北斗星 Aタイプ            ¥110,000
★JR北海道 DD51 北斗星 1100番代      ¥110,000
★EF10 24号機 門司 ステンレス          ¥110,000
★EF57 東北製 SG 2号機              ¥115,000
★国鉄 EF65 121~135               ¥118,000
★国鉄 EF65 0番2次ブルトレ牽引 PS17     ¥115,000
★EF510 1,2号機 レッドサンダー           ¥140,000 
★EF510 北斗星                      ¥130,000
★EF510 カシオペア                    ¥130,000
                    

 

ムサシノモデル DD51

ムサシノモデル DD51

◎遠方のお客様には宅配キット無料お届け、着払いにて品物を送り下さい。

◎出張買取、査定無料
 買取ご希望商品が大量にあるお客様、スタッフが査定&買取にお伺いいたします。

 

委託買取についてお問合せはレモン社銀座店鉄道模型コーナーまで。
 〒104-0061 東京都中央区銀座4-2-1 銀座教会堂ビル8F  
 TEL 03-3567-5061 FAX 03-3567-8100