商品レビュー カメラのナニワ 鹿児島天文館店

キヤノン RF24-240mm F4-6.3 IS USM実写レビュー【作例多数】

こんにちは、鹿児島天文館店の吉冨です。

今回は、キヤノンRFマウントの高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」のレビューを作例を交えてご紹介します。

1.仕様

マウント キヤノンRFマウント
最大径×長さ 約φ80.4×122.5mm
質量 約750g
フィルター径 72mm
最短撮影距離 0.5m(24mm時)
最大撮影倍率 0.26倍(240mm時)
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
手振れ補正効果 約5段分

広角24mmから望遠240mmの広い範囲を一本で撮影できる、35mmフルサイズに対応した光学10倍ズームレンズです。

焦点距離24mm時 全長 約122㎜

焦点距離240mm時 全長 約192mm

重さは750gとそれなりに、ずしっとしていますがこれ一本あれば他のレンズを持ち運ばなくても良いため、トータルの機材重量は軽くなります。

ガチャガチャとレンズ交換する手間もないので、撮影を身軽におこなえます。

 

新しい超音波モーター「ナノUSMモーター」で高速で静音性に優れており、動きのある被写体や動画撮影も快適に撮影することができます。

 

2.操作性

フォーカス⇆コントロールリング切替スイッチがついています。

このスイッチを切り替えることフォーカス(ピント合わせ)⇆コントロール(ISO感度や露出等の機能を割り当てることができます)の切り替えが出来るので瞬時に撮影に必要な設定を変更することができます

 

ズームロックのスイッチが付いているので、高倍率ズームでよくおきてしまう〝移動中にズームが伸びてしまう〟というトラブルを防ぐことができます。

 

3.実写テスト

広角側 24mm時 F6.3

広角側では、すこし周辺減光が気になりますが絞りを一段半ほど絞り込んであげると気にならない程度に解消されます。周辺減光を無くしたい場合は少し絞り込んだ方がよさそうです。

中央に写る‘‘サイ‘‘へ向かってズームをします・・・

 

望遠側 240mm時 F6.3

遠くに写っていたサイも光学10倍ズームで、これだけ大きく写すことが出来ます。

望遠側の描写力はすばらしく、四隅までしっかり解像しています。

 

広角側 24mm時

続いて、広角側の描写を見ていきます。

広角側で撮影した上の写真の「右下の端」を拡大します。

 

絞り開放F4.0

絞りF5.6

絞り開放F4.0から、色のにじみも少なく良好な描写です。

高倍率のレンズは、ガラスの枚数が多くなるため色のにじみが出てきやすいので正直、周辺部の描写にはあまり期待していなかったのですが、とてもシャープに写っていたので驚きです。

また、当たり前のことですが一段絞り込んだF5.6から上の方が、よりシャープになるので周辺までしっかり写したい場合には一段以上絞り込んだ方がよさそうです。

 

望遠側240mm時 最短撮影0.5m 絞りF6.3

最大撮影倍率は0.26倍と簡易的なマクロレンズとして使用することができます。

マクロ撮影等ピント面がシビアになる撮影でもフルタイムマニュアル(オートフォーカスの後、フォーカスリングを回転させるだけで即時にマニュアルフォーカスが可能な機能)を搭載しているので、ピントの追い込みを素早くできます。

最小絞りF6.3(テレ側)と明るくはないですが、最短撮影距離付近で撮影すると大きなボケ具合で花やポートレートなどボケを生かした撮影も十分にこなしてくれます。

ボケ味は距離によって少々うるさくなる場合もありますが、背景選びと距離感を意識して撮影することで、なめらかな優しいボケ味で撮影することができます。

 

動体撮影

動き回るシマウマも高速オートフォーカスのおかげで楽々撮影することができました。

スポーツや鉄道、野生動物など容易に近づいて撮影ができない動きのある被写体にも最適なレンズです。

 

〈逆光耐性〉太陽を画面中央に位置し撮影

逆光耐性のテストをおこないました。

結果は、太陽が画面外にある逆光の場合ではゴースト・フレアは出てきませんが太陽がフレーミングした状態では角度によって多数ゴーストやフレアが出てくるといった結果でした。

逆光の際はゴースト・フレアの影響がでることが多いので、別売りにはなりますがフードを付けての撮影がオススメです。

 

シャッタースピード 1/3秒 手持ち撮影

シャッタースピード1/3秒と低速シャッターでも強力な手振れ補正効果のおかげでブレることなく撮影ができました。しっかりと手振れ補正が効いてくれるので薄暗い時間帯や室内でも安心して撮影ができます。

 

4.作例

焦点距離:240mm ISO:200 シャッタースピード:1/80 絞り値:F6.3

焦点距離:240mm ISO:1000 シャッタースピード:1/2000 絞り値:F6.3

焦点距離:240mm ISO:200 シャッタースピード:1/80 絞り値:F6.3

焦点距離:240mm ISO:500 シャッタースピード:1/200 絞り値:F6.3

焦点距離:240mm ISO:200 シャッタースピード:1/60 絞り値:F6.3

焦点距離:240mm ISO:200 シャッタースピード:1/60 絞り値:F6.3

焦点距離:33mm ISO:400 シャッタースピード:1/400 絞り値:F4.5

焦点距離:240mm ISO:400 シャッタースピード:1/80 絞り値:F7.1

 

 

5.最後に

こんな方にオススメしたいレンズです。

・撮影機材を軽くしたい

・極力レンズ交換をしたくない

旅行・山登りなど出来るだけ撮影機材を軽くしたいけど広角から望遠、マクロまで幅広いシーンを高い描写力で写真に収めたい方。

また、運動会やスポーツ撮影など砂埃の多い場所で撮影があり極力、レンズ交換をしたくないといった方にオススメです。

これまで高倍率ズームは、画質を犠牲にするもの。便利さを手に入れるには画質はあきらめないといけないものと思っていましたが、このレンズは便利な上にどの焦点距離でも合格点を上げたくなる描写力で、便利さと画質の両方を兼ね備えたバランスの良いレンズです。

鹿児島天文館店 吉冨

 

 

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2021/10/28

【フジXユーザー必見】タムロン 18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD(Model B061)使用レビュー

  • #AFレンズ
  • #タムロン
  • #富士フイルム
商品レビュー
2021/10/25

【新神レンズ】XF33mmF1.4 R LM WR登場。新たな相棒はこれだ!

  • #AFレンズ
  • #単焦点
  • #富士フイルム
商品レビュー
2021/10/21

持ち続けることで馴染む -DOMKEの魅力に迫る-

  • #カメラバッグ
もっと見る