商品レビュー レモン社 新宿店

【商品レビュー】MS-Ootics H-Petz 57/2 (M)

こんにちは、レモン社新宿店のもりやです。

季節は秋、酒とカメラとオールドレンズの秋でございます。

 

今回はMS-OPTICSのレンズ「H-Petz 57/2 (M)」をご紹介します。

元となった「Petzval」とは1840年にフォクトレンダーが数学者のペッツヴァールに設計を依頼し開発したダゲレオタイプ用のレンズです。解放F3.7という当時としては非常に明るいレンズで、パリ万国博覧会でも大好評となりました。

本レンズはライカMマウント用に設計され、軽量・コンパクトながらもその雰囲気を十分に味わうことのできる一本となっています。

 

主な仕様

焦点距離 57mm
開放F値 F2
最短撮影距離 1m(ミラーレスでは0.8m)
レンズタイプ 改良ペッツバール型
レンズ構成 4群4枚
最大径×全長 37x37 mm
重量 110g
フィルター径 40.5mm
レンズフード 専用レンズフード

ソニーα7IIIでの作例紹介

1/320 F2 ISO100

オリジナルのPetzvalは非常にきついグルグルボケが発生するレンズですが、本レンズではポートレートなどにも使いやすい柔らかなボケとなっております。

1/160 F2 ISO400

1/160 F2 ISO400

1/100 F2 ISO400

1/320 F2 ISO100

私見ですが、MS-OPTICSのレンズは暗い場所で光を表現することが非常に巧みなように思います。

1/500 F2 ISO400

1/200 F2 ISO100

露出を暗めに設定すると何とも雰囲気のある感じに仕上がりました。

1/500 F2 ISO100

天気は曇りでしたが、せっかくなので浅草寺でも撮影です。朱色がかなりくすんだ色合いでしょうか。

1/160 F8 ISO100

1/160 F8 ISO100

1/320 F4 ISO100

 

H-Petz 57/2 (M)を使ってみて

本レンズはライカMマウント用ですがミラーレスカメラとの相性も非常によく、癖のある写りが好きな方にとっては非常に魅力的な一本です。

MS-OPTICSレンズの特徴として鋭い描写力と落ち着いた色彩が挙げられますが、本レンズも試写した限りではだいぶ渋い写りの印象を受けました。写真のテーマによっては他には得難い効果が得られるのではないでしょうか。

秋から冬に移りゆくこの季節に、通いなれた散歩道も少し寂しく感じられた一日でした。

1/80 F2 ISO100

こちらのレンズの在庫状況につきましてはレモン社の各店舗にお問合せ下さい。

それではまた!

 

担当:もりや

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2020/01/12

スーパータクマーだけでない!もう1つのペンタックス55mm【猫撮影レビュー】

商品レビュー
2020/01/08

【最強の】GRⅢ【スナップシューター】

  • #リコー
  • #デジタルカメラ
SUPER-ANGULON 21mm F4
商品レビュー
2020/01/01

【コマ間の狭さがアイデンティティ】SUPER-ANGULON スーパーアンギュロン 21mm F4 1st 第一世代 使用レビュー

  • #広角レンズ
  • #オールドレンズ
  • #ライカ
  • #レンジファインダー
  • #Mマウント
もっと見る