商品レビュー 梅田買取センター

時代と逆行 ピンホールレンズを試してみた!

みなさま、こんにちは。

梅田中古買取センターの橋之口です。

 

カメラを始めてみようと思ったときに、実際に触ってから購入したり、

作例を見て購入したり、口コミを見て購入したりときっかけは

様々だと思います。

私の場合は作例に憧れて、始めるならポラロイドカメラのSX-70が

いいなと思っていました。(実際初めて手にしたカメラは違いましたが)

実際に撮影してみないとわからないというドキドキ感ももちろん魅力の

ひとつですが、作例を見た時の温かみのあるやわらかさに憧れました。

(語彙力がなくて大変申し訳ないです)

そういうきっかけがあった影響か、

トイカメラ(LOMO L-CAでした)を使用してみたり、

デジタルハリネズミ(初代は200万画)を使用したりもしておりました。

もちろんSX-70も購入しましたが、フイルム代がなかなか捻出できず、

次第に出番が少なくなっていきました。

 

前回のブログでもちらっと登場しましたが、

写ルンですのレンズを再利用しているGIZMON Utulensや

デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼レフカメラで使用できる

ホルガレンズなどもあり、

デジタルのカメラでも使用できる時代と逆行しているアイテムが

あります。(もちろんいい意味で!)

そこで今回は、ピンホールレンズを使用してみたいと思います。

今回使用したレンズは、Pinhole Pro(マイクロフォーサーズ用)です。

これから作例を掲載していきますが、

ほんとにボケボケです(笑)

ピントがばちっと合ってるきれいな写真がお好きな方は、

ごめんなさい。。

それでは作例です!今回ボディは、オリンパスE-PL2を使用しております。

 

なんじゃこりゃ~!アートフィルターのファンタジックフォーカスもかけたせいか、

ボケボケの道頓堀です。

こちらは心斎橋でのカットです。

ピントとは、、と思わせられる写りですね。何も考えずにシャッターを切ることの多い私には、向いているかもしれません。

ちなみに1枚目はフィルターはかけてません。

キター!!太陽を撮るといい感じに!!!

よし、このレンズは使えるぞ!太陽と光源があるときなら

やれるぞ。

 

さみしい、さみしすぎる!それだけではさみしすぎる!

なにかいい方法がないかと、カメラの設定をいじって再度撮影しました。

こちらです。

 

おっ!

やれるじゃないかー!

1:設定でアートフィルターのラフモノクロームを適用。

2:ISO感度も荒れてもいいとガンガン上げる。

3:シャッタースピードが落ちるので、ぶれやすくなりますが

それが味なんだと言い聞かす。

4:センサーのホコリが気になって仕方ありませんが、

それが味なんだと言い聞かす。

上記の4つさえあれば、なんとかなる。(個人的な意見です)

そう確信し、後日の撮影に移っていきます。

 

後日。この日天気予報が雨で前回と違う写真が撮影できると楽しみでしたが、

あいにくの晴れ模様。

気を取り直して、前回学んだことを胸に撮影していきます。

 

今って西暦何年だっけと思うくらいタイムスリップした写真に。

阪堺線の東湊駅です。

個人的に好きな空と電線の組み合わせです。

2枚目の画像は、ススキです。もはや草にしか見えません。

3枚目が一番好きです。1枚目にはどんぐりが、2枚目にはキノコが写っています。

撮影に夢中になっており、気づいたら海に来ておりました。

 

はい、違いますね。道路に写る太陽光を撮影しました。

もはや原型がありませんね(笑)

 

夕方になり、電線に止まっていた鳩がいっせいに飛んでいきました。

何も考えずにシャッターを切る、そのぐらいがちょうどいいと

思わせてくれるレンズです。

 

でも、やっぱり太陽光を入れるのが一番!!

 

いかがでしたっでしょうか。

ピンホールレンズについては、カメラのボディキャップに穴をあけて自作している方

も多いようです。

 

何も考えずにぶらぶら写真を撮るにはいいな~と思いました。

 

それではまた。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2019/10/17

【最高性能のコンパクトフィルムカメラ】KLASSE W 作例付き使用レビュー

  • #フイルムカメラ
  • #フィルム
  • #富士フイルム
商品レビュー
2019/10/16

知らなきゃよかった!こんなレンズ! Orthostigmat 35mm F4.5

  • #オールドレンズ
  • #MFレンズ
  • #単焦点
  • #富士フイルム
商品レビュー
2019/10/14

キヤノン PowerShot G5X MarkII 使用レビュー

もっと見る