ニュース 梅田買取センター

ニコンファンミーティング2018潜入レポート【大阪会場】

昨年ニコンが「100周年」という事で開催されたファンミーティング2017。

まさか、今年も「101周年」という事で開催されるとは!!

今年の大阪会場は9月15日、16日と昨年と同じく「堂島リバーフォーラムホール」で開催されましたので、早速初日に行って来ました!。

入口では・・・

公式ツイッターキャラクター「ニコンちゃん(25歳)」がお出迎え

中に入ると

今年もやっぱり「ニコン祭り」状態!!

 

朝一番でお邪魔しましたが、既に多数のニコンファン、ニコンユーザー以外のカメラファンも来られておりなかなかの盛り上がり。

それと言うものやはり・・・

 

ニコンZシリーズの登場!!

もうこれに尽きるのでは無いでしょうか。
キヤノンからも「EOS R」が9月5日に電撃的に発表されたり、「我々が先駆者だ!!」と言わんばかりに壮大なキャンペーンをぶつけて来るSONYと、すさまじく熱いフルサイズミラーレス市場。

マウントの変更し、かつ今までのFマウントとのアダプターを介しての互換性をしっかり持たせるとあって「ニコンファン」のみならず、他メーカーユーザーも熱視線。

 

実際タッチ&トライは私お邪魔した時では結構な混雑でしたが、タップリとデモ機は用意されておりますので、他のブースやイベントを見つつ、ちょっと空いた時に行かれるのもイイかもしれません。
またZシリーズは発売前ですが、XQDカードを持って行くとデータの持ち帰りもOKです。

そんな中、静物撮影デモ機コーナーは比較的早く順番が回って来そうでしたので、早速Z7を・・・

同時発売のマウントアダプターFTZ付きの展示もちゃんと用意されていますので、Fマウントレンズ装着時の操作感もしっかり体感できます。

というか、やっぱり薄い!

けれども、グリップの張り出しはDシリーズの様に深くしっかりとしたホールド性は確保されていました。

また、Z58/0.95Noctや24-70/2.8のモックアップも展示・・・

噂には聞いていたけど・・・

 

ノクトでかっ!!

 

しかし、キヤノンのRF28-80/2.8と言い50/0.95ノクトと言い

「このレンズを実現する為にこのカメラを作った!」

と発表の席で両社ともにおっしゃってたフルサイズミラーレス機への取り組みの姿勢は「展開する以上、既存マウントではもう実現不可能な世界を実現しよう!そして、今後更に発展させて行こう!」という意気が感じられて嬉しくなって来ます。

その他の展示モデルもカットモデル(隠された部分がまた秘密感あおるあおる!)や、今後発売予定のバッテリーパックも・・・

あっ「ドットサイトDF-M1!」

(心の中で「ターゲットスコープオープン!電影クロスゲージ明度20・・・」とつぶやいてみる)装着してみたくなるアクセサリーNo.1。
実際、モニタ上と、ターゲットの位置ズレはそう感じられず(もちろん微調整必要でしょうが)というか「かなり、気合入った作りこみ!」

そのそばには・・・「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」

カタログスペックでは

サイズは200-500mm /5.6E ED VRとそう変わらないどころかむしろ短い!

重量は70-200mm /2.8E FL ED VRとほぼ同じ!

と驚異的な単焦点超望遠レンズと感じていましたが、いざ実物を見ると・・・

「本当に小さい!!」(あくまでも単焦点超望遠レンズとしては)
これは「手持ち撮影が楽しめる」とうたうだけあります!

その中にさり気なく、オーラを放つ展示物が・・・

「ニコンF2植村直己スペシャル!!」

東京会場には展示されていたと聞いていましたが、まさか大阪でも展示とは。

各ブースやステージではプロカメラマンによるセミナーや、Zシリーズ開発秘話、コアなニコンファンも満足な後藤フェローによる「植村直己スペシャル開発裏話」とまあ盛りだくさん。

ちょうど、我らがアベちゃんこと阿部秀之先生によるセミナーが始まる所でしたが、先生が登壇されると「いきなり満席、立ち見」状態!

河野英喜先生の撮影ミニセミナーは開始前にも関わらず既に順番待ちの人気ブース!並行して開催されている「プロフィールフォトコーナー」はZ7のAF精度の高さが体感出来まくり

先ほどもチラット触れました静物写真ブースでは、Zマウントレンズ、FTZマウントアダプターだけでなくZシリーズの売りポイントの一つ「光学ファインダにも匹敵する、EVFファインダ」の見えの良さがもうがっつり体感出来ました。

そして・・・

今年もモチロン「クイズグランプリ」は開催、優勝者へは「豪華な記念品」がプレゼント!!

今回は時間の都合上、午前中駆け足でのレポートになってしまいましたが、もう昨年同様おなかイッパイなイベントです。

昨年は「100周年」という事で開催されたというのは分かるのですが、今年も「Zシリーズ」や他発表された新製品のタッチ&トライだけでなく「ファンミーティング」としての開催に踏み切られた事は「ニコンがこれからもニコンファンの皆さん」と固くつながって新たな製品やサービスに結び付けて行こう!という決意の表れの様に感じられ、とても嬉しく感じました。

また来年も開催楽しみにしていまーす!!

 

 

関連の記事

ニュース
2018/09/05

キヤノンEOSR発表でキヤノン・ニコン・ソニーのミラーレスフルサイズ戦国時代突入!

  • #キヤノン
  • #ミラーレス
ニュース
2018/08/04

【写真展情報】フジフイルム”PHOTO IS”想いをつなぐ。 5万人の写真展【大阪会場】

ニュース
2018/02/03

36回まで金利無料のショッピングローンのご紹介

もっと見る