商品レビュー カメラのナニワ 京都店

タムロン18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) 使用レビュー



タムロン18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028)
使用レビュー

こんにちは、カメラのナニワ京都店 たかはしです。
今回ご紹介するレンズは、タムロン18-400。
APS-C用レンズですので、換算27-600相当と言うスペックになります。

ここ最近のタムロンらしいシンプルデザインに
高倍率シリーズ定番の繰り出しですが、新開発の「三段」繰り出しの鏡筒。
ボディはEOS 80Dを使用いたしました。さて、その実力はいかに。


倍率22.2倍のびっくり高倍率ズーム

18mm
(35mm換算28,8mm)
うーん、広い! 現在のAPS-Cモデルの
キットレンズの広角端とかぶる距離。
35mm
(35mm換算56mm)
おぼろげに見えるあずき色の看板に
クローズアップしていきます。
50mm
(35mm換算80mm)
70mm
(35mm換算112mm)
100mm
(35mm換算160mm)
200mm
(35mm換算320mm)

300mm
(35mm換算480mm)
以前(16-300)の限界はここまででしたが・・・

400mm
(35mm換算640mm)
ここまでいけるようになりました。
28mm時点では豆粒みたいだった看板が
この通り、
文字もしっかり読めます。

近年高倍率といえばコンデジのお家芸でしたが、
やっぱり一眼の大きなセンサーだと解像度が全然違いますね。


肝心の写り
18mm
使用前の想像ではあまりにもよくばりスペックですから
さすがに広角端は結構歪むかもと思っていたのですが、
良く補正されていますね。
11群16枚という構成の中で、歪曲収差補正のために
非球面レンズを効率よく使っているためでしょう。
400mm

200mmを超えてきたあたりから解像力が落ちてきて
400mm望遠端で結構甘くなるので、
シャープさを求めるならば少し絞る事をおすすめします。
とはいえ出来上がった写真の雰囲気はとても良く
色のりの良さ、ボケ味のなめらかさで
解像度分のマイナスを取り返している感じがします。

400mm

レンズ本体705gと缶ビール2本分くらいの軽量、コンパクトさで
レンズの繰り出し量だけ頭に入れておけば、とても取回しよく使えます。

AF速度に関しては高速物相手だと、体感ちょっと遅いかな?という感じですが
普段使いには問題ないレベルですね。ズーム倍率と価格からすると
たいへん健闘していると思います。

先代タムロン16-300や18-270では、微妙に痒いところに届かなかった・・・
でも100-400、200-500、150-600は重いしちょっとやりすぎかな…
そんなスキマを埋めてくれる、高倍率ズームに定評のあるタムロンらしい
1本あれば何でも撮れそうなレンズです。

御入用の際は、ぜひカメラのナニワ京都店へ。

担当 たかはし


 

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2018/11/16

商品レビュー:AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G

  • #AFレンズ
  • #Fマウント
  • #単焦点
  • #ニコン
商品レビュー
2018/11/13

商品レビュー:MS-OPTICS-R&D ヒストリオダゴナール 40/6.3(ライカMマウント)

  • #広角レンズ
  • #単焦点
  • #Mマウント
商品レビュー
2018/11/09

smc PENTAX FA50mm f1.4 猫撮影レビュー

  • #単焦点
  • #ペンタックス
もっと見る