年賀状 カメラのナニワ 京都店

インクいろいろ、年末編


2007年もあとわずかですが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?
この時期、年賀状作成の追込みをされている方が多いと思います。
そこで毎年、年賀状、写真を印刷するときにかかるプリンターのインク代が悩みの種
という方が多数いらっしゃいます。


プリンターのインクと言えば、やっぱり本家本元の純正インク(EPSONやキヤノン)
も良いですが、純正インクを使っているとやっぱりコストがかかるのが
気になるところです。
そこで、リサイクルインクや詰替えインクなどの登場です。
リサイクルインクとは、簡単に言ってしまうと、使用済みの空のインクケースに
専門の業者が詰替えインクを注入して再生品として販売しているので、
当社おすすめは、「エコリカ」です。今、ラジオやテレビでコマーシャルを流していす。
 
詰替えインクとは、その言葉どうりで、使い終わったインクケースを処分せず、
自分で空ケースにインクを注入して再度使うことです。
当社おすすめは、「エレコム」です。


で、どれぐらいのコスト差がでるかというと、
例えば、キヤノンのBCI-7Eの4色(ブラック、シアン、マゼンダ、イエロー)で比較してみると、
【キヤノン 純正品】
bci7e4mp.jpg
BCI-7E/4MP(ブラック、シアン、マゼンダ、イエロー)で、¥3864-になります。
【エコリカ】
CA07E3P_BOX_7EBK.jpgカメラ買取・レンズ買取
ECI-CA07E3P(シアン、マゼンダ、イエロー)で、¥2340-
ECI-CA07EB(ブラック)で、¥790-
トータルで、¥3130-になります。
【エレコム 詰替えインク】
THC-7BCSET4.jpg
THC-7BCSET4(ブラック、シアン、マゼンダ、イエローの4回分)で、¥2479-になります。
で、結論は。 
キヤノン 純正インクと比較するとエコリカ差は、¥734のお得です
キヤノン 純正インクと比較するとエレコム 詰替えインクとの差は、¥1385です。
ただし、詰替えインクは4回分なので、実質1回分で比べると、¥3244のお得です
(※ただし、詰替えインクは、インクだけなので、空インクケースが必要になります。)
この中で一番のコスト安なのは、詰替えインクです。
しかし、何を一番に優先するのかで、購入するものは変わってきます。
例えば、
詰替えインクは、コストが一番安くなりますが、空インクケースが必要ですし、
インクを空インクケースに注入するという手間がかかります。
色彩では、やはり純正品より品質は少しおとります。
エコリカは、純正に比べて安く、詰替えインクみたいに手間はかかりませんが、
やはり純正品より品質は少しおとります。
最終的には、画質優先は純正インクで、大量印刷、コスト優先は、エコリカ、詰替えインクに
なると思いますので、目的に順じて製品をお選びください!
またブログ上でお会いすることを楽しみにしております。
それでは、皆様よいお年を!

関連の記事

年賀状
2018/11/11

平成最後の年賀状を届けましょう!

年賀状
2018/10/17

年賀状印刷受付始まりました!!

年賀状
2017/11/30

スマホからカンタン注文♪ご自宅で年賀状印刷~スマホからご注文完全マニュアル~

もっと見る