コラム カメラのナニワ 心斎橋本店

懐かしのカメラ 理研光学 STEKY(ステキ―)

なつかしのカメラ 理研光学(リコーイメージング株式会社) STEKY(ステキー)をご紹介します。

第二次世界大戦終戦後の混乱期の物資不足中、GHQによるフィルム生産制限等の影響で

映画用の16mmフィルムを使用するカメラが1947年(昭和22年)に理研光学(リコーイメージング株式会社)

より発売されました。当時、豆カメラと呼ばれるものが売り出されていましたが、どれも玩具的なものでした。

理研光学(リコーイメージング株式会社) STEKY(ステキー)は、本気の豆カメラです。

カメラ本体、望遠レンズなどみんな合わせても片手の手のひらに収まりますがずっしりとした金属ボディー

絞り、シャッターもついており、日本の職人技術の高さがうかがわれます。

フィルムは、16mmフィルムを専用マガジンにて使用、画面サイズは10X14mm

レンズ ステキナー25mm F3.5 ?3群3枚構成  交換レンズ 40mm F5.6

シャッターは2枚羽根 B・25・50・100

大きさ 巾41mm 高さ61mm 奥行29mm(本体のみ)

質量  120g(本体のみ)

 

名前の由来  あるとき完成したカメラの試作機をGHQの高官に見せたところ、そのカメラを手に取って

発した言葉が「ステキネー」これがSTEKY(ステキー)のネーミングの由来だそうです。

 

 

関連の記事

コラム
2021/12/10

【2021年発売】勝手に選ぶ『驚かされた』動画撮影カメラ

  • #動画・ムービー
コラム
2021/10/27

【フィルムカメラはじめよ♪ 006】 カメラと共に、最初に買う物

コラム
2021/10/26

【フィルムカメラはじめよ♪ 005】 現像ってなんだ?

もっと見る