商品レビュー レモン社 新宿店

商品レビュー キヤノン EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

今回のレモン社新宿店ブログは、新品 「キヤノン EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM レンズ」をご紹介します。

 

手ごろな価格のコンパクト望遠系ズームレンズですが、最新ステッピングモーターを採用する軽快感に優れるレンズです。瞬発力のあるトルクを発生するモーターで、AFの動作がクイックで静かです。35mm換算で望遠側は350mmを超える超望遠域に達します。

 

イメージスタビライザー採用と軽量・コンパクトさで、全焦点域手持ちで撮影出来てしまいました。撮影にあたっては、サイズ的に相性抜群の「EOS KissX8i」を使用しました。

 

キヤノン EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM レンズ

 

それでは早速レビューに移りたいと思います。

まず、高倍率望遠系ズームレンズのテーマとなる、望遠側絞り開放での色収差を試します。

 

250mm F5.6 1/640 ISO 100

250mm F5.6 1/640 ISO 100

拡大して確認しても、鎖のエッジと鳥の輪郭部に色の滲みがまったく見られません。ボディ側の収差補正は、オートに設定しましたが、それにしても見事で関心してしまいます。入門クラスの望遠ズームレンズなのにですよ。では、55mm側ではどうなのか確かめたくなります。

55mm F4 1/1250 ISO 100 +0.7ステップ

55mm F4 1/1250 ISO 100 +0.7ステップ

こちらも、船舶の輪郭部や艦橋部の各エッジをみても、色滲みは確認できません。うーん、すごいですね。トーンの再現も良く、船体の曲線が再現されていますし、背景の雲とも分離して描写できています。全田的にヌケがもう少しほしい印象ですが、撮影日は大気の透明感があまりよくありませんでした。

 

続いて、55mm側絞り開放で周辺光量落ちの具合と解像力変化をみてみます。

連続して絞りを変化させてみましょう。

 

55mm F4.5 1/1000 ISO 100

55mm F4.5 1/1000 ISO 100

55mm F5.6 1/640 ISO 100

55mm F5.6 1/640 ISO 100

周辺部に光量の変化はみられません。やはり望遠系ズームなので、絞り開放から画面の均一性が保たれているようです。メーカーのMTF曲線をみても中間画角からの落ち込みが少ないですよね。

絞りの変化による解像感の違いは僅かに感じられます。

F4とF5.6を部分的に拡大比較すると、やはりF5.6の方が文字などのエッジがシャープに描写されています。

55mm F4 1/1250 ISO 100

55mm F4 1/1250 ISO 100

55mm F5.6 1/640 ISO 100

55mm F5.6 1/640 ISO 100

 

次は、またも55mm側で絞り開放で、逆光でフレアやゴーストなどみてみます。

 

55mm F4 1/4000 ISO 100

55mm F4 1/4000 ISO 100

55mm F4 1/640 ISO 100 -0.7ステップ

55mm F4 1/640 ISO 100 -0.7ステップ

少しフレアの影響を受けて、全体が白くベールを被った印象です。ヌケがもう少しほしいと感じましたが、トーンは出ているので実用上は文句ありません。

 

続いて、350mm超の望遠圧縮効果を試します。200mmを超える望遠となるとついやりたくなるんです。

 

250mm F5.6 1/800 ISO 100

250mm F5.6 1/800 ISO 100

?遠近感が希薄になり、被写体の前後が分かりづらく描写されます。なにか不安感ににも似た感覚を味わえる気がします。

 

さて、ファミリーユースとしてこのレンズが活きるのは、やはり高倍率の画角変化だと思います。豊富な焦点距離が、この1本のレンズの中に含まれているわけで、被写体と背景が劇的に変化します。

 

55mm-250mm ISO 100

55mm-250mm ISO 100

人物が主役なら、家族写真に表現の幅がうんと広がります。

あと、このレンズ、250mm側でマクロ的な撮影に向いている面があります。

 

250mm F5.6 1/320 ISO 6400 -1ステップ

250mm F5.6 1/320 ISO 6400 -1ステップ

古い洋館のバスルームのアンティークなシャワーヘッドです。立ち入ることの出来ないシチュエーションでも、遠いワークディスタンスでも、ご覧の通りマクロの領域にまで引き寄せることが出来るのです。なかなか質感描写に優れています。

 

あとは、おまけショットのご紹介でございます。

 

2500mm F5.6 1/1000 ISO  100

2500mm F5.6 1/1000 ISO 100

84mm F5.6 1/2500 ISO 100

84mm F5.6 1/2500 ISO 100

250mm F5.6 1/400 ISO 200

250mm F5.6 1/400 ISO 200

70mm F4.5 1/2500 ISO 100

70mm F4.5 1/2500 ISO 100

 

商品仕様

画角(水平・垂直・対角線) 23°20'~5°20'・15°40'~3°30'・27°50'~6°15‘
レンズ構成 12群15枚
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り 22~32
最短撮影距離 0.85m
最大撮影倍率 0.29倍(250mm時)
フィルター径 58mm
最大径×長さ φ70.0mm×111.2mm
質量 375g
手ブレ補正効果 3.5段分
  • 焦点距離250mm[35mm判換算400mm相当]、EOS 7D使用時。

MTF特性図

MTF特性図

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2019/11/19

フジノンレンズ XF23mmF1.4 R 試してみた♪

  • #AFレンズ
  • #単焦点
  • #Xシリーズ
  • #富士フイルム
商品レビュー
2019/11/19

オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROで撮影してみました。

商品レビュー
2019/11/18

FUJIFILM X-A7 実写レビュー!直観的にハイクオリティで雰囲気のある写真が撮れる!

もっと見る