ニュース レモン社 新宿店

CONTAXブログ第3弾 Biogon28/2.8 桜はきれーね編

遅くなっていまいましたが、CONTAXブログをお伝えします。

今回はGレンズ!あこがれの高価ツアイスレンズです!

ツアイスの広角といえばビオゴン。周辺光量の低下がみられるのがビオゴンの特徴ですが、フルサイズではないので関係ありませーん。ビオゴンの青色の特徴も出すべく、近所の桜を撮影してみました。

が、あいにく天気が悪く、青空がだせない、、、。

※掲載が遅くなり、季節感のない写真となってしまいましたが、お許しください。

SONY DSC SONY DSC

デジタルなので俗にいうツアイスの空気感が再現しずらいか。

SONY DSC SONY DSC

縦位置で奥行感を強調。やはりボケはきれいかも。

SONY DSC SONY DSC

瞬間青空が、、、。急いでショット。うーむデジタルだとやはりビオゴンの青色を出すのが難しいか。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

湖面のやわらかさの再現力は、フィルム時代のレンズの特徴かもしれません。なかなかです。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

我が母校の近所。きれいです。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

桜の名所だったんところに、なんとソーラーパネル。うーむ、微妙。

SONY DSC

なにげない風景もGビオゴン28/2.8なら気軽にショット。良いレンズです。

SONY DSC SONY DSC

同じ場所の夜景(夜桜)も撮影してみました。きびしい条件でGビオゴンはどうか?

うーむ良くわからないか。ツアイスらしさは光が回っている時でないと難しそうです。

今回のレンズはこれ

IMG_0017

レモン社新宿店に4本あります。

4万円台の高級レンズになります。

ぜひ、GWの撮影旅行にお使いください。

関連の記事

ニュース
2018/02/03

36回まで金利無料のショッピングローンのご紹介

ニュース
2018/01/24

2018年皆既月食と2018年天体ショースケジュール紹介

CP+2018 
ニュース
2018/01/24

3月1日~4日はCP+2018!

  • #CP+2018
もっと見る