HOME > 未分類

カテゴリーアーカイブ: 未分類

ライカ親爺のうんちく(まだまだ)

  焦点距離区分    以前、実焦点距離のお話をさせて頂いた。手持ちの書籍に、資料があったので、記載させていただく。  加工品は公差が決められている。その中でもレンズは、プラスマイナス1/100台の公差で研磨さ…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(その又続き)

MLリング  遥か昔、と言っても20年ぐらい前だろうか、キャノン製ライカスクリューマウント135/3.5(黒鏡筒)をM3で使おうと思い、一緒に国産のリングを買った。その後、レモン社がライカ社との取引を始めた時に純正のリン…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(続々の続々)

焦点距離 商品に表示されているレンズの焦点距離は、設計上の値と異なる。有名なのは、ライカの標準レンズは設計値51.6ミリ、距離計コンタックスは52ミリが設計値になっており、スクリューマウント時代のキャノンもニコンも、いや…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(続続々)

改造  近年、メーカー純正の改造と云うのは極まれである。ニコンD3で内蔵バッファ―増設があり、ニコンD5でカードスロットの変更、マミヤRBで6X8マガジン対応と。マミヤ7Ⅱが出た時に改造サービスが有ったぐらいか。  オス…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(続々)

ライカと現像液ご存じのように、35ミリ判のフィルムは映画用のフィルムと同一である。(厳密にいうのであれば、パーフォレーションの形が異なる)テレビや、DVDでサイレント映画を見ると、コントラストが高いのに気が付く。映画は、…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(まだ、やります)

シンクロ撮影ライカ発売当初は、ストロボやフラッシュ撮影は対応できなかった。まず、ストロボ自体が存在せず、フラッシュバルブも電球自体が無く、マグネシュウム粉を使ったポンだき状態だった。1930年代に、フラッシュバルブ(閃光…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(何回目?)

発展に寄与された方々 アメリカに次ぐライカ市場としての日本だが、これだけ発展させるために、活躍された方々がいらっしゃる。1、 パウルシュミット言わずもがな、シュミット商店(戦前の社名)の創業者である。何社かの日本総代理店…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく

フィルムその2  コダックのフィルム工場は、現在ロチェスターのみだが、以前は全世界に数か所あった。昔、25年以上前だが、フィルムのエッジプリント(現像すると浮かび上がるフィルムの両端にある文字のこと)を見ると、何処の工場…

続きを見る

散歩日和~芝川・見沼代用水周辺~

  今回の散歩は私が写真の専門学校時代に撮影していた場所に行ってきました。 ここを撮影しようと思ったのは、<昔遊んでいた場所が十数年経ってどの様に変化したか、または変わっていないのか。自分の下地となったもの振り返る>とい…

続きを見る

PENTAX講座 最新デジタル一眼を体験されて

4月5日の日曜日に開催された、ペンタックスとレモン社三越日本橋店がコラボした企画、 「PENTAX講座 デジタル一眼カメラ始めてみませんか?」 は盛況のうちに終える事が出来ました。ご参加頂いたお客様には、誠に感謝申し上げ…

続きを見る

1 / 612345...最後 »