HOME > 2017年 > 7月

Monthly Archives: 7月 2017

中古万年筆入荷情報 モンテグラッパ エキストラ1930 タートルブラウン

今回はこのブログでは初めてとなるモンテグラッパ万年筆の入荷情報です。現在、イタリアの万年筆の代表的なメーカーはデルタ、アウロラ、スティピュラのイメージが強く、現在のモンテグラッパは日本国内では知名度がさほど高くはないメーカーかと思われます。ですがなんと1912年にイタリアにバッサノ・デル・グラッパで設立されたブランドであり、グラッパとはこの地域で生まれたお酒の総称とのことで、アウロラより先の1912年の創業であり、イタリアで初の万年筆を製造したメーカーなのです。(ちなみに日本のカメラメーカーのニコンが今年100周年ですので、それより更に数年前となります)その後78年に社名をモンテグラッパとしました。


重いアッシュウッドの木の箱に入っているセットです


外箱のラベルです。シリアルナンバーはありません

そもそもモンテグラッパとはアルプス山脈に属する1775mの山の一つで、イタリアでは最も美しい登り坂を持つ山として知られ手織りイタリア屈指の伝統工芸も盛んな地域であり、装飾品から万年筆まで、技術が活かされているそうです。

高級感がある美しいペン先です

そして1930年代のオリジナルデザインからインスピレーションを受け復刻されたのが、このエキストラ1930なのです。まず店頭での買取時に手にとった外箱に入るこのペンの重量にビックリしました。アッシュウッドという木箱に入った重さがカメラなみの重さなのでした。そして万年筆本体もがモンブラン149の33gに対してなんと41gという堂々たる重さです。これがセルロイドなのかとは思えないズッシリ感ですが、金属部分がスターリングシルバーであり、吸入機構という事での重さなのでありました。外観の美しさだけでなく、手触りと手ごたえを大切にしている万年筆だとは思いますが、試し書きを数回してもバランス以前にやはり自分には重さが気になりました。

キャップトップに創業年の1912の刻印が…

仕上がりはとても美しく書き心地は良く筆記時は数字ほどの重さには感じませんが、普段は20g前後の万年筆を使う自分にはもし入手したとしたらこの重さに慣れるのには時間がかかりそうです。モンブランの149より重い万年筆をお探しのような方には特にお薦めです。そして20万円に近い標準販売価格は若干ですが高めに感じましたが、銀細工の細部までこだわりがありハンドメイド感のある素晴らしい万年筆です。一度、手にとっての試し書きをされては如何でしょうか。

現在、付属品が無いマーブルグリーンも在庫あり(こちらもニブはB)

本体材質:プレシャスセルロイド、スターリングシルバー
ペン先:18金 文字幅:B(太字)
機構:吸入式
サイズ:全長141mm(筆記時)152mm
重さ:41g
新品小売価格:194,400円(税込み)
レモン社中古販売価格:77,000円(税込み)

※こちらの中古品は7月20現在の在庫と価格です
お問い合わせはレモン社銀座店まで。
またカメラのナニワオンラインショップもご利用いただけます。
pluコード:2111012075578

 

担当:レモン社銀座店 カラサキ

 

 

 

 

入荷案内:中古FUJIFILM X-E2(ブラック)

本日ご案内するのは中古品のFUJIFILM X-E2ボディ(ブラック)です。
2013/11/7に発売されデジタルカメラの中では長寿だったのではないでしょうか。X-E1が2012/11/15の発売で
一年後にはX-E2が発売されていますので。

1、商品情報

  • 商品名:X-E2
  • 商品コード:2111040024807
  • 販売価格:45,000円(税込)※2017/07/13現在
  • 付属品:取説 充電器 CD Bキャップ

2、商品の状態

  • 外観:特に目立つ傷、スレなどありません。
  • 機能的な問題はありません。

3、商品の特長

  • ローパスレス構造とX-Trans CMOSII センサーにより、APS-Cサイズで有りながらフルサイズに匹敵する高解像力。
  • AFスピードに優れる位相差AFと暗いシーンに強いコントラストAFをシーンに合わせて自動的に使い分ける“インテリジェントハイブリッドAF”を搭載。コントラストの低い被写体や暗いシーンでも高精度なA Fを実現。
  • 写真を撮りたいシーンに出会った瞬間、「すばやく」撮影できるように、絞り、シャッタースピード、露出補正共に数値入りダイヤルを採用し、構図を決めるための高精細・約236万ドットの電子ビューファインダーを搭載し撮影に集中できるデザイン。

4、実写

FUJIFILM X-E2(1)

F2 1/2000秒 ISO200

FUJIFILM X-E2(2)

F2.8 1/480秒 ISO200

FUJIFILM X-E2(3)

F10 1/13秒 ISO200

FUJIFILM X-E2(4)

F5.6 1/2400秒 ISO200

FUJIFILM X-E2(5)

F1.4 1/2400秒 ISO200

FUJIFILM X-E2(6)

F4 1/850秒 ISO200

FUJIFILM X-E2(7)

F11 1/20秒 ISO3200

上記写真は全て先日ブログでご案内しましたXF35mmF1.4 Rを使用しました。撮影地は東京国際フォーラム、KITTE、東京駅です。

本カメラはHDRの度合いが設定できます。今回はDR100%で撮影しました。OFFがないので困りました。
1枚目の骨格(?)の白色はやや不自然な感じがしました。WBはオートにしていますが、空の青がかぶったサイド部と白く塗られた感のある天井部が実際とは違う感じです。

F4とF5.6、作例にはありませんがF8は解像度は高く、F11以上に絞り込むと回折で甘くなる傾向にあります。

5、操作性

電子ビューファインダーにチラつきがほとんどなく光学ファインダーに近い感じです。撮影の情報が全てファインダー内で確認出来ますので、フィルムカメラを使っている感覚でした。操作に置いて秀逸なカメラの一つと言えます。

 

以上です。

担当:いりえ

 

 

レモン社銀座店商品レビュー:PENTAX 06 TELEPHOTO ZOOM

今回はPENTAXさんのQシリーズ用交換レンズ「PENTAX 06 TELEPHOTO ZOOM」をテストしてみました。
Q7に装着した場合、35判換算で69mmから207mm相当をカバーする重量約90gの超軽量望遠ズームですが、なんとまぁ侮れない事に開放F値はズーム全域でF2.8通しの優れものです。

06 TELEPHOTO ZOOM

PENTAX 06 TELEPHOTO ZOOM 沈胴式です。

撮影にあたってはズームリングを回転させ、沈胴状態から12mmばかり繰り出された状態になりますが、この状態はズーム全域で長さが変わりません。

06 TELEPHOTO ZOOM

レンズ繰り出し状態です。この状態で、Q7では大雑把に70-210mm位の感覚で使えます。

外装の質感は悪くありませんが、この繰り出し操作の際のクリック感は・・・正直に申し上げればかなりチープな感触ですが、PENTAX  Qシリーズを愛せる方々は(私も含め)「可愛ければ許す」くらいの事を云ってのけるのではないでしょうか?
*Q/Q10では83mm~249mm相当のズーム域となります

小さく可愛く携帯性良好ではありますが、こうなるとついついイージーに構えてしまいがちです。とは云え、望遠端で換算200mm越えのレンズになりますので、手ぶれ補正内蔵ボディではありますが撮影に際してはホールディングに気を付けましょう。

それでは早速実写へ参ります。

●近接とボケ
公称ではズーム全域での最短撮影距離は1m。大手メーカーの一眼レフ用70-200mm F2.8クラスの最短撮影距離が1.1m~1.2m程度である事を考えると特に不満はありませんが、本音を云うと「もう半歩分でも寄れたらなぁ」とも感じます。

06 TELEPHOTO ZOOM

F3.2 1/1000Sec. 44mm ほぼ最短撮影距離

まあ、あと一歩踏み込む勇気があるかどうかは別の話ではありますが。
絞り羽根5枚構成のレンズですが、背後の輪郭が特にうるさくなる事もなく素直なボケ具合です。
マクロ的な表現であれば、06 TELEPHOTO ZOOM よりは02 STANDARDの方が向いているかも知れません。

06 TELEPHOTO ZOOM

F3.2 1/250Sec. 45mm 06 TELEPHOTO ZOOM

一方、02 STANDARDで望遠端/最短付近ですと・・・

02 STANDARD

F4.5 1/250Sec. 15mm 02 STANDARD

開放絞りは1段半ばかり違いますが、近接撮影遊びに関しては02 STANDARDの方が寄れるわ滲むわで向いていそうです。
望遠端209mm相当とは云っても、実際の焦点距離は45mm。背後との距離等を考えないとボケは期待出来ませんから、気を付けましょう。

06 TELEPHOTO ZOOM

F2.8 1/1250Sec. 45mm

ついでに、ごくごく大雑把な玉ボケチェックがこちら↓

06TELEPHOTO

F2.8、40mm  四隅は玉状を期待できないようです。

 

●周辺光量/周辺画質
ズーム全域で、開放でははっきりと四隅が落ち、F4であまり気にならなくなり、F5.6で解消する、と云った具合になりましたが、周辺画質の低下も同じでした。

06TELEPHOTO

望遠側 絞り開放F2.8 1/3200Sec.

絞り開放では明らかに周辺部が緩く、上の写真でも画面下の窓、手すりなぞかなり甘くなっています。
一段絞ってF4ですと・・・

06TELEPHOTO

同じ位置で一段絞りF4

幾らか改善し、そう目くじら立てる事もないかな、可愛いから・・・位のレベルになりました。
今度はF5.6まで絞ります。

06TELEPHOTO

2段絞りでF5.6

グリグリ拡大するような事をしなければ、周辺画質も問題無くなりました。
基画像で見ますと、上デッキの手すり等々にはっきりと顕れていた色収差も、F5.6までは目につきました。まぁ、敢えて収差の目立ちやすい被写体を使っているのですが・・・

広角側でも周辺画質を試してみましょうか。

06 TELEPHOTO

F2.8 1/1600Sec. 18mm 画面両脇が甘いです・・・

画面中央部以外がかなり甘~い状況になっています。
こちらも一段以上絞る事で大きく改善します。

06TELEPHOTO

同じ位置で、F5。5.6のつもりでF5になっていました。

両脇の建造物等も大幅に引き締まった画質になりました。
画質優先と云う事であれば絞りF5.6以上がオススメ。
画質よりも大切なモノがある!と云う場合は絞り開放も積極的に使っていきましょう。

06TELEPHOTO

F2.8 1/3200Sec. 15mm

 

●逆光
普段から02STANDARDが逆光に強いわけがないと思いながら使っていますが、今回の06 TELEPHOTO ZOOMも似たような傾向でした。画面に直接太陽はNGです。

06TELEPHOTO

F8 15mm 画面全域に盛大に・・・

 

画面からギリギリ太陽を逃がしてあげられると、やや眠いなりにもフレア/ゴーストを回避できました。

06 TELEPHOTO

F7.1 1/320Sec. 24mm

耐逆光性はちょっと残念なようなので、この06 TELEPHOTO ZOOMをお使いの際は極力フードを装着される事をオススメします(別売ですけど)。

06 TELEPHOTO ZOOM、使い始めると小型軽量化故の無理もあるとは感じますが、Qシリーズをお持ちの方々にはまず「Must Buy」なレンズだとオススメします。何しろ他に選択出来るモノが無い・・・じゃなくって、とにかく可愛いレンズですから!

PENTAX 06 TELEPHOTO ZOOM
PENTAX Qマウント
レンズ構成:10群14枚(EDガラス×2・異常低分散ガラス×1)
絞り羽根構成:5枚
レンズシャッター、NDフィルター内蔵
最短撮影距離:1m
フィルターサイズ:φ40.5mm
寸法:φ50×56mm(格納時)
重量:90g

お問合せはレモン社各店
又はナニワオンラインまでどうぞ

ブログ作成 :レモン社 銀座店 松浦

06TELEPHOTO

F5.6 1/200Sec. 39mm

 

06TELEPHOTO

F8 1/200Sec. 17mm

 

06TELEPHOTO

F5 1/800Sec. 44mm