サードパーティーレンズ ナニワグループオンライン

60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS | Sports 製品レビュー【10倍ズームでこの写りってマジですか?】

こんにちは~。編集長 中村です。

カメラ市場が盛況で新製品があまりにもたくさん出すぎるので、レビューがまったく追いついておりませぬ。

デモ機お借りして作例だけ撮ったはいいけど世に出せていないものがまだまだたくさんありまして……。

今回は、そんななかの1つ、SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS | Sportsの製品レビューを今更ながらお届けして参りたいと思います。

2月にデモ機借りて、そこからさんざん引っ張ってしまったのでSIGMAさんには本当に申し訳ないです……。

【60mmから600mmもの幅広い画角をカバー】

デカい……。

こちらのレンズ、ミラーレス用に最適化されたDN仕様のレンズで、60mmから600mmもの圧倒的に広い範囲の画角をカバーする唯一無二の製品となります。

マウント展開は、Eマウント用とLマウント用となっています。今回はSONY Eマウント用のものをお借りました。

一眼レフ用の60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sportsが2,700gだったのに対し、2,485g(ソニーEマウント用)と少し軽量化されました!

それでも重いわ」とか言ってはいけません。

ちなみに、同じくSportsラインの150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sportsは2,100gですので、意外とそこまで重さの違いがありません。

SONY純正レンズ・FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSが2,115gですので、60-600mmという規格外の焦点距離を考えるとまぁ妥当な重さでしょう。
こちらのレンズ、新開発のアルゴリズム「OS2」の搭載によって手ブレ補正効果が広角端で7段・望遠端で6段になりました!

OS HSMの旧製品が望遠端で手ブレ補正効果4段分でしたので、大幅に強化されたと言えるでしょう。

旧製品のIntelligent OS同様、手ブレ補正モードの切り替えも可能です。

モード1では通常の手振れ補正動作ですが、モード2では加速度センサーを用いた流し撮り用設定に変更することができます。
繰り出し式の回転ズームを採用していますが、レンズ先端部を持ってまっすぐ引っ張ると直進ズームのような使い方ができる「デュアルアクションズーム」を採用しています。

後ほど作例をお見せしながら解説していきますが、これがかなり便利です!
α7IIIにつけてみたらこんな感じ。やっぱりデカい……。

ちなみに、新開発のリニアモーター「HLA(High-response Linear Actuator)」を搭載しているため、速くて静かなAF合焦が可能となっております。

それでは作例をお見せしつつ、「画質」がきちんと担保されているかも確認していきましょう!

【大阪城公園で慣らし運転 兼 描写チェック】

まずはちょこっと「慣らし」で大阪城公園に行ってみました(過去形)

3月に撮影しているので、今更ながらの写真とかが多めです。
機動力を重視して一脚運用です。あからさまに不審者すぎる……。

ちなみに三脚座は当然ながらアルカスイス互換ですので、対応している雲台であれば着脱がスムーズにできます。
↑ 60mmで撮影
↑600mmで撮影

まずは60mmから600mmという圧倒的なズームレンジを確かめるべく、広角端と望遠端でそれぞれ撮影してみました。

ヒキで城全体を写して、かなりアップで屋根も撮るという芸当がレンズ交換無しでできるのでなかなかすごいです……!

描写面についても、広角端では城のディテールが損なわれることなくしっかり描写されており、流石の写り。

望遠端でもコントラストやシャープネスの低下は感じられず、「ズームレンジの全域で高い光学性能」という謳い文句は伊達ではなさそうです!

ちなみに今回の記事、すべて絞り開放でのみ撮影しています。
さて、ボケ味なども見ていきましょう。

300mmでの撮影ですが、スパッと切れ味の良いボケでかなりいいい感じ! 玉ボケも綺麗です。
556mmで撮影。すごい切れ味……。

10倍ズームのレンズとは思えないほどのシャープさで正直驚きました。
140㎜で撮影。なんか左端に余計なの写りこんでますが、トリミング無しで掲載しておきます。

わりと冗談抜きで単焦点みたいな立体感ある画がでてきます。マジすごいです。
600mmで撮影。

たしかに高性能のレンズではありますが、こういうガサガサした被写体が多いシーンで望遠側での撮影を行うと周辺部のざわつきや二線ボケが若干発生します。

こういう描写が好みでない方はちょっと気を付けたほうがいいかもしれません。
また、こちらも600mmで撮影したものですが、周辺減光はどうしても発生してしまいます。

とはいえ、こちらは画像編集ソフトで簡単に補正できるのでそこまで大きな欠点でもないかなと思いますが。
減点方式で見ていくと多少は難癖をつけるところがないわけではないのですが、トータルでの描写力は非常に高いと言って差し支えないかなと思います!
さらに! さらに!!

焦点距離200mm時に撮影倍率1:2.4ハーフマクロに近い近接撮影能力を有していますので、簡易マクロ撮影なども対応できる万能さ!
先ほどの画像は200㎜でこれぐらい寄って撮影しました。

ズームして大きく写すのも近寄って大きく写すのも両方できますので、いろいろなシーンに対応できて非常に心強いですね~。
描写力もさることながら、新型リニアモーター・HLAによる速くて静かなAFも素晴らしいです。

木にとまるシジュウカラを逃さず捉えてくれました。羽毛の質感もしっかり描写されておりいい感じ。
サイズがサイズですのでずっと構えているのはきついですが、手振れ補正もかなり強力でしっかり「止まる」ので手持ち撮影も快適に行えます。

デカいし重いけどスペックは本当にすごいレンズです……!!

【逆光耐性&色収差補正も良好】

近くの天満橋を通りかかったらちょうど夕日がいい感じだったので、逆光耐性色収差補正のテストもしてみました。

まず広角端60mmで太陽を思いっきりフレームに入れて撮影。

極めて「意地悪」な条件ですが、ごく小さいゴーストが発生したのみでかなり優秀だと感じました。
↑137mmでの撮影
↑290mmでの撮影
↑600㎜での撮影

同じ位置からちょっとずつズーミングしていきます。

ここまで真逆光だとさすがにフレア・ゴーストの発生をゼロにすることはできませんが、かなり強力に抑えられているのは確かですね!

ビルの陰の部分のトーンがしっかり残っていますし、十分実用に耐えるレベルの高い逆光耐性を有しています。
続いて色収差チェック。

真逆光で木の枝を撮ってみましたが、輝度差のある部分にパープルフリンジはほぼ見当たりません

これは正直すごい……!
色収差の出やすい望遠側もチェックしてみましょう。

こちらもほとんどパープルフリンジが発生しておらず、色収差が極めて良好に補正されていることを確認できました。

さて、各性能をチェックしてみてその優秀さを確認できましたので、もっと詳しく使ってみた感想もお伝えしていきましょう。

【鴨川周辺で野鳥撮影テスト】

さて、それではある程度使って感触が分かったので、鴨川周辺で野鳥撮影の使用感もテストをしてみました!
河原町の四条大橋周辺、こんな感じにトンビがいつも舞っていて動体撮影テストにはもってこいなのです。
いや……多すぎじゃない??

ちなみに大マジの動体撮影ということで、使用したボディはα9 IIです。
まずは普通にど真ん中に捉えて1枚。このシャープな写りはマジすごい。

望遠端600mmで撮影して若干トリミングしていますが、ぼんやりした感じがまったくない画で非常に好印象です!
かなりトリミングした1枚。羽根の質感のシャープな感じとかは失われません。

α9 IIじゃなくて約5010万画素のα1で撮ってたら顔だけクローズアップしても十分質感が残るんじゃないでしょうか?

すごすぎる……。
回転ズームを直進ズーム的に操作できるデュアルアクションズームもかなり使い勝手良いです!

普段は広角側で待機しておいて、被写体を発見したらレンズ先端を一気に引き延ばして望遠600mmまで持っていく……という使い方ができます。

ドットサイト等を使わなくても被写体を見失いづらく、しかも手間取らずにすぐさま望遠にできるのでかなり便利です!!
川辺にいたアオサギを撮ってみた1枚。

羽毛の繊維1本1本まで写っていてシャープさと立体感が桁違いすぎる……。
ここら辺の鳥たちはだいぶ人慣れしているようで、こんな近くまで寄ってきてます。

広角端60mmで撮影しましたが、このように周辺の環境や状況が分かるヒキの画もレンズ交換無しで撮れるのが良いですね~。
アオサギもめっちゃいる……。
アオサギの飛び立つ瞬間を目にして咄嗟に撮影した1枚

新開発のリニアモーター・HLAによるAF駆動は素早く、ばっちりピントが合ってくれました!

サードパーティーメーカーのレンズではありますが、動体撮影にあたってAF駆動の速さは本当にまったく問題ないです

【プロフェッショナルクオリティの10倍ズームレンズ】

というわけで、60mmから600mmの圧倒的ズームレンジを持ちながらも、画質AF操作性などなどがきっちり良好であることがお分かりいただけたのではないかと!
正直なところ、使うまでは「10倍ズームレンズの画質なんてたかが知れてるんじゃない……?」と少々侮っていたところがあるのですが……。

実際に使ってみて、本当に全域でクオリティの高い画が出てきてくれることにとても驚きました!
少しざわつき気味の傾向がある後ボケの質感や、強めの周辺減光は若干好みが分かれそうですが……。

ズーム全域でシャープかつトーン豊かな画を出してくれます。
AFもきっちり早いですし、デュアルアクションズームによるスムーズなズーミングも使いやすく、かなり優秀な1本であると感じました!
いくら前モデルから軽くなったとはいえ、だいたい2,5キロあるのでだいぶ重いのですが……。

手振れ補正が強化されているため、600mm手持ちで撮影してもかなりきっちり「止まる」のはかなり心強いです!
標準から超望遠まで大きく画角を変えることができ、最大撮影倍率もハーフマクロに迫る勢いです。

レンズ交換が容易にできない過酷なシーンでも1本でさまざまな撮影をこなせます。

まさしく、プロフェッショナルの道具として申し分のないレンズだと感じました。
今回はSONY Eマウント用のものをテストしましたが、Lマウント用のものは先日5月25日のアップデートでライカ エクステンダーL 1.4xにも対応しています。

Lマウントはまだまだ望遠レンズの選択肢が少ないですので、そういう意味でも貴重ではありますね。



ナニワグループオンラインでもお取り扱いしております~。ぜひともご検討ください!!

それでは今回も長々と書きましたが、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

また次回のブログでお会いしましょう~!!

【おまけ】

最初に大阪城公園へテスト撮影に行ったとき、本当は「梅とメジロ」みたいなの撮りたかったんですよね。

ですが、ぜんぜんメジロが見つからず諦めたのですが……。
あとになって写真を見返したら画面端にチラチラとメジロ写ってるじゃん!

なんで気づかなかったかね……。アホすぎる……。

この記事のハッシュタグ

関連の記事

サードパーティーレンズ
2024/06/11

SIGMA 50mm F1.2 DG DN | Art 使用レビュー【本当に文句の付けようがないレンズ】

  • #オススメ
  • #シグマ
サードパーティーレンズ
2024/04/04

シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM 【神戸の猫撮影レビュー】

  • #猫
  • #シグマ
サードパーティーレンズ
2023/12/08

寸分の隙もない“にゃんこポートレートレンズ”「VELVET 85mm」【京都の猫撮影】

  • #猫
もっと見る