商品レビュー レモン社 秋葉原店

【商品レビュー】オールドレンズを使おう③

 

皆さん、こんにちは。

秋葉原店の茂木です。

 

外出自粛ではあるものの、身を引き締めないといけない毎日ですね。

 

そんな中、秋葉原店に入荷したレンズ内で、

オールドレンズで人気のM42マウントレンズを紹介いたします。

ちなみに、ボディはCanon EOS RPを使用しております。

 

①、ロシア製 Helios 40-2 85/F1.5(M42)

 

こちらは、被写体の周辺の背景がぐるぐるボケで有名なレンズになります。

一般的に58mmのレンズの方が、お求めしやすく多い印象を見受けられます。

58mmのレンズの作例は、こちらのブログをご覧ください( *´艸`)

 

ちなみに、こちらは85mmのレンズで結構、重たいです。

ただ、こちらは58mmよりF値がF1.5と明るく焦点距離が85mmとなっており、

ポートレート撮影には最適なレンズと言えます。

最近新しくなった、すみだ水族館での魚たちが、今回はモデルになります。

 

Canon EOS RP+Helios 40-2 85/F1.5  (1/125 ISO100 F1.5/+0.3ステップ)

 

お分かりいただける通り、F1.5まで開放で撮影すると、

こちらのように小エビちゃんの周辺でぐるぐるボケが表現されています。

58mmのレンズも体験している私からすると、かなり85mmの印象は大きいですね。

画面に酔ってしまいそうなほどにぐるぐるボケが表現されています。

 

ちなみに、下記のクラゲの写真のようにF5,6以降で絞ると、

かなりくっきりとした印象になるので、ボケ感は無くなります。

Canon EOS RP+Helios 40-2 85/F1.5 (1/100 ISO500 F5.6/+0.3ステップ)

Canon EOS RP+Helios 40-2 85/F1.5 (1/50 ISO500 F8/+0.3ステップ)

 

F8まで絞ると、くっきりした印象になります。

 

デメリットとしては、シャープさが足りないとか解像度が低いとかありますが、

オールドレンズなので、逆に『味』と捉えるほうが良いでしょう。

 

あとは、女性の私にはレンズだけで重量があるので、

首から下げているのは長時間は難しいと感じました。

 

ですが、それ以上にポートレートには向いている、レンズであると思ったので、

みんなと少し違った雰囲気を撮影したい方には、おススメいたします(^^)/

 

 

②、ペンタックス ST105/2.8(M42)

こちらのレンズも、オールドレンズで人気なM42マウントのレンズを

ご紹介いたします。

こちらは、印象的なのは玉ボケができるレンズなんです。

 

玉ボケと言えば、Meyer Optik Goerlitz Trioplan 100mm F2.8がとにかく人気で、

ネットで話題になっていますが、なかなか見つけるのが困難…。

そんな人にお勧めしたい1本です。

 

これまであまり中望遠レンズは使ってこなかったので、105mmなんて使いずらい…、なんて、思うかもしれません。

Canon EOS RP+ペンタックス ST105/2.8(M42) 【1/80 ISO2500 F3.5/+0.3ステップ】

 

こちらは、ペンギンが足を動かし水しぶきを作るシーン。

なんと綺麗な、玉ボケが二つできました。

慣れない画角のためファインダーを覗いて「あれ?」と思う場面もあるかと思いますが、結果として少し違う写真が撮れたように感じます。

Canon EOS RP+ペンタックス ST105/2.8(M42) 【1/80 ISO2500 F3.5/+0.3ステップ】

 

Canon EOS RP+ペンタックス ST105/2.8(M42) 【1/80 ISO1600 F2.8/+0.3ステップ】

 

Canon EOS RP+ペンタックス ST105/2.8(M42) 【1/80 ISO1600 F2.8/+0.3ステップ】

 

確実にピントを外してボケさせると、かなりわかりやすく玉ボケがわかりやすい印象ですね(^^)/

そういう楽しみ方もアリではあると思いました。

 

Canon EOS RP+ペンタックス ST105/2.8(M42) 【1/125 ISO4000 F5.6/+0.3ステップ】

 

最短撮影距離は1.2mとあまり寄れないので、

あともう少し寄りたいと思ってしまいました。

 

ふつうに写りはいいレンズです!

中望遠と言っても小さいし、ピントも合わせやすい。

開放での撮影時はピント面がかなり薄くなるため、

慎重なピント合わせが必要になります。

かなり、動きものの撮影は難しいかもしれません。

 

勿論、玉ボケレンズとしてではなく、中望遠を探している人にもオススメです。

サイズ、重さも小さいのでそこまで荷物にならないのもいいですよ(^^)/

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか!!

なかなかに中望遠並みのレンズを2本、紹介いたしましたが、

これはかなりオススメだと感じました。

 

気になる方は、ぜひ店頭もしくはナニワオンラインショップをご利用くださいませ。

※中古は一点物ですので、売り切れの際はご容赦ください。

 

【使用機材】

ボディ:Canon EOS RP 

レンズ

①、ロシア製 Helios 40-2 85/F1.5(M42)

商品コード:2111040091656

販売価格:58,000円

付属品:元箱 FRキャップ

ランク:AB

 

②、ペンタックス ST105/2.8(M42)

商品コード:2111040093650

販売価格:10,000円

付属品:フード Fキャップ

ランク:B

以上、秋葉原店 茂木でした(^^)/

 

関連の記事

商品レビュー
2020/08/01

SONY α33/MINOLTA AF MACRO 50mm f2.8【京都の猫 撮影レビュー】

【商品レビュー】富士フイルム XF35mmF1.4 R
商品レビュー
2020/07/31

【商品レビュー】富士フイルム XF35mmF1.4 R

  • #単焦点
  • #Xシリーズ
  • #富士フイルム
商品レビュー
2020/07/30

【インスタ映え!】King レンズボールを使って景色を閉じ込めてみた【作例あり】

もっと見る