商品レビュー レモン社 秋葉原店

商品レビュー:MS-OPTICS-R&D アポリス 135/2.4(Mマウント・Tマウント)

こんにちは、レモン社秋葉原店のもりやです。

 

今回はMS-OPTICS-R&Dのレンズ「アポリス 135/2.4(Mマウント・Tマウント)」をご紹介します。

前回前々回の記事でもご紹介したMS-OPTICS-R&Dブランドの望遠レンズで、重さは約360gです。こちらのレンズも製造数が非常に少ないため、お探しの際はレモン社店頭までお問い合わせください。

 

アポリス 135/2.4の仕様について

本レンズには色収差が少ない蛍石を使用しており、レンズ構成はエルノスター型を採用しています。開放F値は2.4と明るめで、キレイなボケ表現が特色です。

レンズ銅鏡にはヘリコイドの他にコマ収差と中心球面収差を補正できる機構が備わっています。

焦点距離 135mm
明るさ F2.4 - F16
最短撮影距離 1.6m
レンズ型 エルノスター型
大きさ 117×Φ60mm
重量 360g
絞り羽根枚数 16枚
レンズフード ねじ込み式
JANコード

Mマウント:2999991004266

Tマウント:2999991025339

今回はα7IIIでのテスト撮影です。細身のシルエットなので操作性・フィット感とも悪くない組み合わせです。

 

α7IIIでの作例紹介

1/800 F2.4 ISO100

ボケは望遠レンズらしい自然な表現です。ちなみに135mmは最近のレンズにはあまりない画角ですが、風景から近接撮影までをこなせて1本でもけっこう楽しめます。

1/1250 F2.4 ISO100

1/80 F2.4 ISO100 露出補正+1

近接撮影距離は1.6メートルで小物撮影なども可能です。

1/160 F2.4 ISO100

また、開放撮影ではソフトレンズの様なふんわりとした表現もできるので、ポートレート撮影などにも最適な1本です。

1/500 F4 ISO100 露出補正-1

1/320 F8 ISO100

F8位まで絞り込むと非常にカッチリとした仕上がりになりました。

1/400 F2.4 ISO100

1/1250 F4 ISO100

というわけで、今回は恋人たちの行き交う東京スカイツリー周辺での撮影でした。

今日はクリスマス?…り、りろんはしってる!

 

クリスマス・イルミネーションを撮ってみよう!

1/100 F2.4 ISO100

さて、本レンズは条件が整えば非常に美しい玉ボケを作ることができます。

1/125 F2.4 ISO100

左上は壁面にピントが合っている状態で、そこからヘリコイドを回してピントを外していくと徐々に玉ボケが大きくなっていきます。

1/30 F2.4 ISO100

 

アポリス 135/2.4を使用してみて

今回は昼から夕方にかけての試写でしたが、風景・ポトーレート・夜景など、様々なシーンで使ってみたくなるレンズでした。ミラーレスとも相性のいいレンズですので、背景のボケをコントロールして自分だけの作品を作ってみませんか。

1/60 F2.8 ISO100

こちらのレンズは少量入荷の商品ですので、在庫状況につきましてはレモン社の各店舗にお問合せ下さい。

それではまた!

 

担当:もりや

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2019/05/23

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 使用レビュー

商品レビュー
2019/05/20

【作例付】RICOH GR Ⅲ 使用レビュー

  • #リコー
  • #オススメ
  • #コンパクト
商品レビュー
2019/05/16

キヤノン EOS Kiss X5《京都の猫 撮影レビュー》

  • #キヤノン
  • #デジタル一眼
  • #オススメ
もっと見る