商品レビュー カメラのナニワ 心斎橋本店

タムロン16-300/3.5-6.3Di Ⅱ VC PZD 使用レビュー

こんにちは。 カメラ担当の池田です。

平野部では、まもなく桜が満開になりますね!今回は、そんな春の行楽に便利な一眼レフ用のレンズをご紹介いたします。その商品はタムロン16-300/3.5-6.3Di Ⅱ VC PZD で広角16mmから望遠300mmまでをカバーする驚異の18.8倍ズームレンズです。

タムロン16-300 外観③

タムロン16-300 外観② アップ

このレンズはAPS-Cサイズカメラ専用レンズで、35ミリ換算では約24mm~450mm相当になり、これ1本あればあらゆるジャンルの写真が撮影可能と言っても過言ではないでしょう!

レンズ交換が面倒な方にもおすすめです(笑)

重量は540gと軽く、コンパクトなサイズとなっています。

もちろん手ブレ補正機能も搭載されています。

超音波モーター「PZD」を搭載していますので、静かで速いオートフォーカスを実現しています。

マウントはキヤノン、ニコン、ソニー用が発売されています。ちなみにソニー用は手ブレ補正機能が付いていません。

 

今回はこのレンズをキヤノンEOS7Dに装着して、神戸の街を撮り歩いてきましたので、その使用レビューを書いてみたいと思います。

タムロン16-300 外観①

 

まず初めにこのレンズの最大の魅力、高倍率ズームの比較写真をご覧ください。

神戸北野のラインの館に咲くモクレン。

広角16mmで撮影。

タムロン16-300 16ミリ

 

続いて100mmで撮影。

タムロン16-300 100ミリ

 

そして望遠300mmで撮影。

タムロン16-300 300ミリ

すごい倍率ですよね! 

 

そしてこのレンズのもう一つの魅力がマクロ撮影ができること!

ズーム全域で最短撮影距離が0.39mで最大撮影倍率は1:2.9になります。

最短撮影距離で撮影した写真をご覧ください。

タムロン16-300 須磨離宮 300ミリ F7.1 水滴

小さな水滴もこんな風に撮ることができます。

本格的なマクロレンズほどボケ味はキレイとは言えませんが、背景の選び方次第である程度キレイに表現することはできます。

タムロン16-300 須磨離宮 300ミリ F8

タムロン16-300 須磨離宮 300ミリ F7.1

タムロン16-300 須磨離宮 92ミリ F7.1

タムロン16-300 須磨離宮 270ミリ F8

上の写真のように、ピントを合わせる被写体とその背景との距離を大きくとることで、キレイにボカすことができます。

その時の絞りは開放絞り値を選びましょう!

 

そして次の写真は前ボケを活かした写真です。

タムロン16-300 花 前ボケ F6.3

レンズのすぐ前にモクレンの花びらを近づけるだけで、キレイなやわらかい前ボケを出すことができます。

 

広角から望遠まで撮影でき、さらにマクロ撮影もできるとなれば文句なしですよね!

本当に便利な1本です。

 

続いて逆光撮影のテスト。

わざと画面の中に太陽を入れて撮影してみました。

タムロン16-300 16ミリ F8逆光 

私の目で見る限りゴーストは出ていません。

そしてもう1枚。風見鶏の館にて。

今度はカーテン越しのソフトな逆光状態での撮影。

タムロン16-300 風見鶏③ 16ミリ F8逆光

逆光でもゴースト、フレアもなくキレイに描写しています。?

タムロンのコーティング技術も素晴らしいものです。

この日は若干日射しが弱かったので、状況によってはゴーストなどが発生する可能性もありますが、個人的には優秀なレンズだと感じました。

 

最後のテストは歪曲収差。

これは高倍率ズームでは出やすい現象です。

タムロン16-300/3.5-6.3Di Ⅱ VC PZDはどうなのか?

まずは広角16mm側で撮影。

タムロン16-300 16ミリ収差

大阪駅で撮影したものですが、ホームの屋根などを見ていただくと歪んでいるのがわかりますよね?

これが歪曲収差で樽型収差と呼ばれているものです。

 

続いて少しズームをして26mmで撮影。

タムロン16-300 26ミリ収差

わかりますでしょうか?今度は逆に歪んでいるのが・・・。これは糸巻型収差と呼ばれるものです。今回はこれ以上のテストはしていませんが、歪曲収差は大きいように思いました。究極の高倍率ズームですから、仕方がないのかもしれませんね。

ここではわかりやすいように水平ラインの多いところで撮影しましたが、日常の撮影でこのようなシーンはあまりありませんよね。

だから心配することもないでしょう!

 

この日撮影しました神戸北野の写真をご覧いただければと思います。

タムロン16-300 風見鶏外観 35ミリタムロン16-300 風見鶏 16ミリ

タムロン16-300 風見鶏 66ミリ F6.3タムロン16-300 風見鶏① 22ミリ

タムロン16-300 風見鶏 50ミリ F6.3タムロン16-300 風見鶏② 37ミリ F8 

高倍率ズームレンズならではの機動力で、撮影を楽しむことができました。各メーカーの画質にこだわったレンズが良いのは当たり前なのですが、高倍率ズームも1本ぐらい持っていてもいいかなぁと感じます。

ボディとの組み合わせとしては、キヤノンならEOS70DやEOS7D MarkⅡ、ニコンならD7200、ソニーならα77Ⅱあたりとのバランスが良いでしょう。

 

これからが撮影、行楽に最高のシーズンです。

みなさん、素敵な写真を撮ってくださいね~。

 

この記事に関するお問い合わせは・・・カメラ担当 池田まで

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2019/03/06

富士フイルム FUJICOLOR 100 猫撮影レビュ-

  • #フイルムカメラ
  • #オススメ
  • #富士フイルム
商品レビュー
2019/03/01

【これ以上50mm単焦点を生やさないために】COSINA Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF

  • #コシナ
  • #MFレンズ
  • #Fマウント
  • #カールツァイス
商品レビュー
2019/02/27

【レンズレビュー】シグマ「Art 24mmF1.4DG HSM」で早春の京都を撮ろう!

  • #AFレンズ
  • #シグマ
もっと見る