コラム 心斎橋中古買取センター

ライカヒストリー「オリーブ塗り仕上げM1型」のご紹介

さて今回は、ライカヒストリーと題しまして「オリーブ塗り仕上げM1型」をご紹介します。

1960年に、シリアル№980451~980500の50台、その翌年に、シリアル№1035926~1036000の

75台、1964年には、№1098101~1098183の83台と3ロット合計208台のM1型がオリーブ仕上げ

で、当時の西ドイツ国防軍用として生産されました。

本機のトップカバーはMP型と同様、ファインダー、明かりとり窓、距離計窓の周囲に

額縁状凸枠があるタイプと、標準のM1型そのままの2種類があります。

ファインダーのブライトフレームは50㎜と135㎜用に変更されていて、トップカバーの下辺、

ファインダーアイピースの上あたりに、その視野を示す5 +13.5という数字が小さく刻字

されています。

3ロットのうち、最後の1964年製のグループには標準のM1型トップカバーを用い、ファインダー

視野も35㎜と50㎜のタイプが小数台含まれています。

前者にはクローム仕上げのエルマー50㎜F2.8とヘクトール135㎜F4.5(鏡胴根元の革張りの部分

はオリーブ色のバルカナイト張り)がセットされ、後者にはエルマー50㎜F2.8とズマロン35㎜

F2.8がセットされました。

ライカオリーブ塗り仕上げM1型ライカオリーブ塗り仕上げM1型

ライカオリーブ塗り仕上げM1型ライカオリーブ塗り仕上げM1型

写真は参考用です

参考文献 著者名/片山良平 出版年/1994年 編集人/田中恂
         朝日ソノラマ カメラレビュークラシックカメラ専科№28 M型カメラ図鑑

 

関連の記事

コラム
2018/08/31

【画像付き】ニコンFマウントレンズの見分け方 オートフォーカス編

  • #AFレンズ
  • #Fマウント
  • #ニコン
コラム
2018/08/31

【カメラ専門店スタッフコラム】フイルムカメラを始めてみる その2フイルム感度

  • #フイルムカメラ
コラム
2018/08/31

【コラム】ペンタックス 6×7, 67 について

  • #中判
  • #ペンタックス
もっと見る