店舗情報 レモン社 新宿店

今月はCanonフェア!

10月のレモン社は「Canonフェア」再び!なのです。
Canonボディ&レンズは買取強化実施中、委託手数料もWANTED!と云うことで、お預かりから2か月間、15%適用中です♪(最低手数料¥5,000-、2か月以降は通常手数料となります)

又、新品ボディお求め/ご予約の方にはトランセンドSDHC UHS-1 16GBを
新品レンズお求めの方には「CURA」製レンズクリーナーセットをプレゼント中です!

EEEマークが液晶に現れたら、名残惜しいけどお別れです。

EEEマークが液晶に現れたら、名残惜しいけどお別れです。

写真のカメラは名機「T90」です。当時としては測光方式を一発で切り替えられるなんて、画期的に感じたものでした。豊富な機能を一身に搭載したこのカメラ、当時は「タンク」と綽名されたものです。

ところで「初代F-1」も重戦車なんて呼ばれた事がありましたが、なんで戦車を「タンク」と呼ぶ?と疑問に感じられる方もおられるのでは…?

第一次大戦のヨーロッパにおいて、初めて近代的な戦車が戦線に現れました。長期の塹壕戦が続く状況下、歩兵を随伴して戦線突破を図るべく登場しました。最初に開発・実戦投入したイギリス軍では、ドイツ側に情報が漏れるのを恐れ、秘匿名称を「水運搬車」としていたのですが…これって、英語表記すると「Water Carrier」、略して「W.C.」となりまして、いわゆる雪隠、厠、便所、お手洗い的な物と同じになってしまう事に気が付いたわけですね。で、苦し紛れに「水タンクって事にしよ?」となり、戦車が「タンク」と呼ばれるようになったとか…

実際に「W.C.」のまま運用していたら、不衛生な前線の事ですから案外ドイツ側から「月何マルクで貸し出すのか?」なんて問い合わせがあったかも知れません。そんな事になれば、とっとと戦争も終わったかも…紛争だらけの最近、そんな馬鹿な事を考えてしまいました。

 

 

 

 

関連の記事

店舗情報
2018/10/21

営業時間変更のお知らせ(2018年11月1日より)

店舗情報
2018/10/11

カメラのナニワ あべの店

店舗情報
2018/06/20

【大阪北部地震】地震保険等申請用のお写真、プリント無料で承ります

もっと見る