商品レビュー カメラのナニワ 京都店

Nikon D810 + AF-S Micro 60mm f/2.8G レビュー in 桜咲く万博記念公園

こんにちは、カメラのナニワ京都店 たかはしです。
今回レビューいたしますは、ニコンD810+AF-S Micro 60mm f/2.8Gでございます。
さて、その実力やいかに。

DSC_0461_00168

万博記念公園にやってまいりました。
太陽の塔が満開の桜で隠れてしまっています。

DSC_0482_00189
寄ってみました。
良好なボケ味でございます。

DSC_0478_00040 DSC_0477_00039

前ボケと後ボケ、ピントを変えての比較。
後ボケはやや太い印象ですね。
解像力は開放から高く、D810の解像度にもついて来ています。

D810本体の性能の素晴らしさについては
D810+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G レビューにて解説しておりますので、ご参考までに。

DSC_0529_00236
以前、秋ごろ訪れた「花の丘」にはコスモスに代わりポピーが満開。
あえてここでも絞りをあけて春のおだやかさを演出してみました。

DSC_0535_00097

オレンジの一本線の入ったポピーをクローズアップ。
近接付近での優秀な解像力は流石マクロレンズの本領発揮といったところ。

初期設定での撮影だと、液晶画面のレビューで黄色味が強く感じられましたが
後で見返してみると温かみのあるいい色に見えるのはニコンマジックでしょうか。

DSC_0545_00107
そろそろ落ちかけの椿。
写りは繊細ですが、そこに力強さをもたらしてくれるのが
このうれしくなる色乗りの良さ。

DSC_0503_00065

少し距離を出すと、色収差やざわついた感じのボケが出てきます。
ここらの好みは分かれますが
オールドニッコールっぽくて個人的には良い「味」かと。

DSC_0514_00076
雨後に出てきたかたつむりを発見。
周辺減光も出てきますが、そこが逆に「凝視する」感覚に近くて面白いです。

DSC_0514_00076-2
中心を拡大してみても、この余裕。
50mmと85mmの中間、60mmという焦点距離が、
実用に置いて選択の幅を広げてくれるので、
とても扱いやすく、1本で何でも撮りたくなってきます

DSC_0458_00020
何気ない一枚も、豊かな色調・コントラスト、解像感でぐっと雰囲気が出て来ます。
桜の花びらとホースの質感の違いもくっきり描写してくれるので、のっぺりせず立体感があります。

やはり、フルサイズでマクロはバツグンに楽しめますね。
家に帰ってから見返す時も、伸ばせばまた新たな発見にあふれているので
暖かい春先、どんどん持ち出したくなる魅力があります。

nikon D810+AF-S Micro 60mm f/2.8G
お求めの際はぜひ、カメラのナニワ京都店へ。

担当 たかはし

【banner】online-logo

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2018/11/18

【レンズレビュー】京都の紅葉撮るならトキナー高画質レンズがおすすめ!

  • #京都の紅葉
  • #トキナー
  • #AFレンズ
商品レビュー
2018/11/16

商品レビュー:AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G

  • #AFレンズ
  • #Fマウント
  • #単焦点
  • #ニコン
商品レビュー
2018/11/13

商品レビュー:MS-OPTICS-R&D ヒストリオダゴナール 40/6.3(ライカMマウント)

  • #広角レンズ
  • #単焦点
  • #Mマウント
もっと見る