サードパーティーレンズ カメラのナニワ 鹿児島天文館店

タムロン 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063) 使用レビュー

こんにちは、鹿児島天文館店の吉冨です。

今回は、タムロンから2021年10月28日に発売されたフルサイズ対応のソニーEマウント大口径標準ズームレンズ、TAMRON(タムロン) 28-75mm F2.8 Di III VXD G2 (Model A063)をご紹介します。

このレンズは、2018年5月に発売された「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」の第二世代モデルになります。

第一世代目の作例はこちらのレビューでご覧いただけます⇒【レビュー】タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) 【作例あり】

1.従来モデルからの進化ポイント

 ①小型・軽量化しつつ高画質・高解像度化

 ②最短撮影距離が近くなり、最大撮影倍率がアップ

 ③AFスピードが約2倍と高速化

 ④PCとレンズをUSBで繋ぎ、簡単にレンズカスタマイズが可能

第一世代から満足いくスペックでしたが大幅にアップグレードしています。

従来モデルとの比較表

28-75mm F/2.8 Di III RXD 
従来モデル

28-75mm F2.8 Di III VXD G2 
新モデル

モデル名 A036 A063
最短撮影距離

0.19m(ワイド)/0.39m(テレ)

0.18m(ワイド)/0.38m(テレ)
長さ 117.8mm 117.6mm
質量 550g 540g
AF駆動 RXD(ステッピングモーター) VXD(リニアモーター)
レンズカスタマイズ 不可 可能

 

USB-C コネクターポート

従来モデルでは、パソコンと接続する場合「TAP-in Console」が必要でしたが、新モデルG2では直接ケーブルを刺すことができます。

「TAMRON Lens Utility」の使用画面

「TAMRON Lens Utility」とレンズを繋げることで、フォーカスセットボタン・フォーカスリングの設定や、AF/MFの切り替え、ファームウェアのアップデートなど様々なカスタマイズを自分好みに設定することができます。

2.実写

マクロ撮影

最短0.18mで接写 28mmワイド端〈 α7R / ISO200 / SS1/250 / F2.8 〉

最大撮影倍率1:2.7と小さい被写体もかなり大きく写すことができます。従来モデルの最大撮影倍率が1:2.9と元々ハイスペックでしたが、さらにマクロ性能がアップしています。

解像度

絞り値F2.8 28mmワイド端〈 α7R / ISO250 / SS1/2000 / F2.8 〉

絞り値F11 28mmワイド端〈 α7R / ISO250 / SS1/100 / F11 〉

左下部分を拡大(開放F2.8撮影時)

開放F2.8から全面で解像度が高く四隅まで綺麗に描写しています。

従来モデルより、明らかに解像感がアップしていて四隅の木々の細かな枝まで、くっきりと描写しています。

逆光性能

〈 α7R / ISO250 / SS1/1600 / F2.8  〉

太陽を直接フレーミングしても、気になるゴースト・フレアは出てこないので積極的に逆光の撮影ができます。

従来モデルから十分な逆光性能でしたが、さらに強化され新コーティング「BBAR-G2」になっています。

フォーカススピード

〈 α7R / ISO800 / SS1/640 / F2.8 〉

従来モデルも、フォーカススピードがそこそこ早く撮影に不自由なくピント合わせができていたのですが、新モデルはさらに早くなっており明らかな違いを感じるほど格段にスピードアップしています。

ほぼ一瞬でピント合わせが出来るので、動物や電車・スポーツ撮影などの動きのある被写体も楽々、撮影できます。

 

3.作例

〈 α7R / ISO200 / SS1/1000 / F2.8 〉

〈 α7R / ISO250 / SS1/2500 / F2.8 〉

ここから〈 α7R / ISO800 / SS1/2500 / F2.8 〉

〈 α7R / ISO250 / SS1/1600 / F2.8 〉

〈 α7R / ISO250 / SS1/320 / F2.8 〉

〈 α7R / ISO250 / SS1/160 / F2.8 〉

〈 α7R / ISO250 / SS1/200 / F2.8 〉

〈 α7R / ISO250 / SS1/125 / F2.8 〉

4.最後に

もともと完成度の高い、従来モデルに伸びしろは無いと思っていましたが、あらゆる点でアップグレードされており標準ズームレンズとして全く不満点のない素晴らしいレンズです。

特に描写性能とフォーカス性能が格段にアップしており、ズーム全域で写真の四隅まで高い解像度になっています。AFスピードも前モデルから明らかに違いを感じるほど早くなっており、より快適に撮影ができるようになっています。

従来モデルから大幅にアップグレードした完成度の高いレンズで、風景からポートレート、マクロ撮影など幅広いシーンで活躍する使い勝手の良いレンズです。

 

鹿児島天文館店 吉冨

 

 

 

 

この記事のハッシュタグ

関連の記事

サードパーティーレンズ
2022/08/04

タムロン 18-300mm F3.5-6.3 Di III-A VC VXD【神戸の猫撮影レビュー】

  • #猫
  • #タムロン
サードパーティーレンズ
2022/07/21

フジXマウントも新登場 タムロン17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD レビュー

  • #タムロン
サードパーティーレンズ
2022/06/09

【作例レビュー】SPEEDMASTER 中一光学 50mm/F0.95で切り取る雨の情景

  • #中華レンズ
もっと見る