Home > カメラのナニワ お客様に聞く > カメラのナニワ お客様に聞く - 小堀 信幸様

カメラのナニワ お客様に聞く - 小堀 信幸様

カメラのナニワお客様に聞く 小堀 信幸様

100台以上のコレクションを50台にスリム化

ー小堀さんは現在、カメラを何台持っていますか。

いま持っているのは約50台。
うち10台がデジタルで40台がフィルムです。

以前は、100台以上、持っていましたが、最近カメラのナニワに50台ほど売りましたので。

カメラは「集める」ことの方が好き しかし…

ー小堀様はカメラ蒐集が趣味なのですか。

そうですね、撮影もしますが、どちらかというと、カメラそれ自体のデザインやメカニズムに魅力を感じる方です。

いちばん好きなのはオリンパス、次はPENTAXです。どちらも小型のボディの中に、精巧な機構が内蔵されている点に惹かれます。

カメラ蒐集を始めたのは15年前です。レモン社のことは、友人と情報交換する中で、「あそこ良いよ」と紹介されて知りました。さっそく行ってカメラを一台買いましたが、そのときのやりとりで、接客担当の方に深い専門知識があることが分かり、好印象を持ちました。それ以来、カメラは、ほとんどレモン社で買うようになりました。

私は、何でも「集めること」が好きなようです。本も数千冊、持っています。CD(またはレコード)やDVD(またはレーザーディスク)も数千枚以上。洋服も100着近くあります。

集めるのが好きなので、基本的には貯め込みます。売りません。数年前にレモン社から「買い取りもやってます。売れるカメラはお持ちですか」と案内を受けましたが、売る気はなかったので、丁重にお断りしました。

しかし、最近になって、そのコレクション生活も、ついに、やめなければいけなくなりました。

ただいまコレクション全体のスリム化計画を進行中

ー「コレクション生活をやめなければいけなくなった」とは具体的には?

*

家族から「いいかげん、モノを減らしてほしい」と強く求められました。妻からは「ウチだってそんなに広くないんだし、孫だって来るんだし、もうちょっと人が過ごして心地良い空間にしましょうよ」と言われました。

私としては、自分が買った物は、いつまでも手元に置きたかったのですが、そうわがままも言えません。カメラ、本、CD、DVDなど、すべての蒐集物をトータルに減量することになりました。

ただいまスリム化計画の真っ最中です。カメラのナニワにカメラを売ったのもその活動の一環です。

カメラのナニワに50台を下取りに出す

ーカメラのナニワのことはどこで知ったのですか。

その頃、レモン社からダイレクトメールが届いて、その中に「カメラのナニワでカメラの買い取りを承っている」という旨が書いてあり、「ふうん、カメラのナニワというのはレモン社の親会社なのか。まぁ、ここでいいだろう」と思い、さっそく電話しました。

電話対応は、淡々としていて良かったです。わたしは電話対応に情緒的な共感は求めません。普通に対応してくれればそれで良いと思う方です。

その後、段ボールやプチプチなどの送付キットが送られてきたので、それにカメラ50台を詰め込みました。

カメラを梱包しているときは、「また誰かに使われるかも知れないんだし、輸送中に壊れるのはいやだな。いままで大事に使ってきたカメラなんだしな」と思い、余分な新聞紙を念入りにつめこみました。

段ボールは計5箱になりました。運送会社の人が運び去った後は、「ああ、いっちゃったんだな」と少ししんみりしました。

その後、査定額の知らせがありました。「それでいいです」と答え、作業は完了しました。

先輩ユーザーからのアドバイス

ーこれからカメラを下取りに出そうと考えている人に「ある種の先輩ユーザー」としてアドバイスなどあればお聞かせください。

「売ると決めたら、売る。後ろを振り向かない」のがいいと思います。カメラは自分の手元から離れますが、また次の誰かが使ってくれるわけですから。

カメラのナニワさん、今回はありがとうございました。これからもがんばってください。

ー小堀様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

取材日時:2013年11月
カメラ買取センター電話番号
  • 手軽に売りたい 宅配買取
  • 今すぐ価格を知りたい 無料査定
  • メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ