Home > カメラのナニワ お客様に聞く > カメラのナニワ お客様に聞く - 今川 美佐子様

カメラのナニワ お客様に聞く - 今川 美佐子様

ナニワ商会お客様に聞く 今川 美佐子様

わたしは、カメラさえ持たせてれば機嫌がいいです

ー今川さんは今、どんなカメラをお持ちですか。

*

今持ってるのは、キヤノンが3台(EOS5D MarkIII、 EOS6D、 EOS70D)、オリンパスが2台(OM-D E-M1、E-PL3)、ソニーが1台(NEX-7)の合計6台です。MarkIIIは娘からの誕生日プレゼントです。

わたしは、「何にも欲しないけど、カメラだけは欲しー」という人です。どんなときでもカメラ持たしとけば機嫌がよくなります。

40歳のときに初めて一眼レフを買いました

ー最初にカメラを買ったのは?

最初に自分のカメラを持ったのは、高校三年生のときで、親が買ってくれました。昭和41年だったので、まだ白黒フィルムの時代でカラーフィルムが出たばかりの頃です。その時は、写真に興味はありましたが、難しいことは分からなかったので、文化祭の写真とか撮って遊んでました。

本格的な一眼レフを持ったのは40歳のときです。ある日、夫が「もうすぐ40歳の誕生日やろ。40万円で何がほしい?」と聞かれたので、「カメラほしい」と答えましたら、夫がミノルタのカメラ、レンズ、三脚その他、一式買ってきてくれました。平成2年の頃の40万円なので、なかなか高級なカメラが一式買えたと思います。

この頃から、写真をきちんと撮りたいと目覚めまして、講習会を受けたメンバーでクラブを作りました。

蝶の写真を撮るのが好きです

ー今川さんは、どんな写真を撮っているのですか。

*

蝶の写真。蝶が好きなんです。
日本全国、蝶を撮りに遠征します。
はじめて遠出したのは宮古島。オオゴマダラを撮りました。

やがてできた沖縄仲間とは毎年沖縄の島を訪れたり、蝶仲間と長野、京都、山口県周防大島へアサギマダラの追っかけをしたりしています。

カメラは下取りでも新品でも備品でも何でも
ナニワで買います

ーカメラのナニワとの関わりを教えてください。

*

わたし、新しいカメラが欲しくなったら、古いカメラをナニワに持っていきます。それを買い取ってもらって、新しいカメラを買うお金の足しにするんです。

新しいカメラが出るでしょ。それで、画素数が増えてキレイに映るとか、絞りや露出が使いやすくなったとか、そういう情報を聞くと、「これ買ったら、蝶の写真がもっとキレイに撮れる」と思って、すぐ欲しなるんです。

今は、カメラの新品でも下取りでも、三脚でもアクセサリーでも、パソコンでもプリンタでも用紙でも、何でもかんでもナニワで買います。値段はもしかしたら、よそにもっと安い店があるかもしれませんが、でも、わたし、ナニワがいいんです。

この間は、写真をスマホにWiFiで飛ばす方法を
教えてもらいました

ーナニワのどんな点を気に入っていただいてますか。

*

ナニワさんは、親切だし、行くと楽しいからです。
店員のみなさん、総じて、カメラがお好きなようで、説明を聞いているととってもたのしい。
ナニワさんから「新製品が出ましたよ~」と連絡があると、つい行ってしまいます。説明が上手だし、聞いてて楽しいし、売りつけてきたりとかは絶対ないですけど、だけど説明聞いていると欲しなるんです。
うわー、また買いたくなる~、やめて~、でも楽しいな~、勉強になるな~、面白いな~と思って、また聞いてしまいます。

アフターサービスもいいんですよ。わたしは最近、デジタルカメラで撮った写真を、スマートフォンに、WiFIで送るとことができるようになりました。食べ物の写真とか撮ったらそういうのできると便利なんで、前からやりたいなあと思ってましたが、やり方が今ひとつ分からなかったので、こんなときはナニワに聞けばええんやと思って聞きに行きましたら、その店員さんも最初はやり方を知りませんでしたが、一緒にマニュアル見ながら方法を調べてくれて、めでたく成功しました。ウチの子供ぐらいの年の店員さんでしたが、親切で感じよかったです。

えー、こんなことしてくれるの~、ということもしてくれます。一回、友達が高槻に撮影会に行ったときに、うっかりバッテリー切れで、このままでは撮影できずにピンチだったんですが、きっとナニワにいけば何とかしてくれるに違いないと思って、心斎橋のナニワに飛び込んでみたら、代わりのバッテリーを貸してくれました。

こういう親切なことって、他の大型電器店だとないと思いますし、これ以外にも何度も親切にしてもらってますので、もう私はカメラでもパソコンでもプリント用紙でも、何でもナニワから買います。なんでもナニワ、なにわともあれナニワです。

夢は個展を開くことです

ーこれからどんなカメラライフにしていく予定ですか。

*

私は、夢があって5年後の70歳にはもう一回、個展を開くことなんです。50歳で初めて写真の個展を開きました。60歳の時には、壁画作家の娘と一緒に母子展を開きました。70歳になったら、蝶の写真ばかりで個展を開きたいと思っています。いやこれは実現します。

ナニワさん、これからもずっとお世話になると思います。しょっちゅう行きますので、よろしくおねがいします~。

取材日時:2014年3月
カメラ買取センター電話番号
  • 手軽に売りたい 宅配買取
  • 今すぐ価格を知りたい 無料査定
  • メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ