【年賀状】 大丈夫?会社の“上司や先輩”への年賀状の書き方マナー

楽しいお正月休みの前のチョット面倒な大仕事、「年賀状」

なにかと忙しい師走なので、年賀状印刷に頼んだり、売っている年賀状を購入したりする人がほとんどだと思います。

でも、その年賀状、上司や先輩に出しても大丈夫?

 

上司や先輩に年賀状を送る上で気を付けたいのが、年賀状ルールとビジネスマナー。

社会人として失礼のない年賀状を送ろう!

%e5%88%9d%e8%a9%a3

 

 

上司・先輩宛の年賀状マナー

 

◆賀詞は四字熟語

「迎春」「賀正」などの二字熟語は目上から目下へ使うもの。

上司や先輩へは、「謹賀新年」「恭賀新年」など、「謹んで」「恭しく」など謙譲の姿勢を表す文字が入った賀詞を使おう。

 

・謹賀新年

 謹んで新春のお慶びを申し上げます

・恭賀新年

 恭しく新年のお慶びを申し上げます

・恭賀新春

 恭しく新春のお慶びを申し上げます

%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%9e

 

◆忌み言葉は使わない

「去」「滅」「絶」「衰」「破」「失」「枯」「倒」「病」など縁起の悪い言葉は使わない。

例えば、「去年」は使わず、「昨年」や「旧年」などを使うこと。

%e3%81%b3%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a

 

◆手書きのメッセージを添える

 手書きをしないなら、出さない方がマシと言われるくらい、手書きは大切!

 

添え書き文例

・昨年は親身なご指導いただき ありがとうございました

・本年もよろしくご指導いただきますようお願い申し上げます

・昨年中はいろいろお世話になりました 本年もよろしくお願い申し上げます

・今年は入社○年目、これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります

%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%9e

 

◆ボールペンは使わない

 毛筆を使ったことがない人は、使い慣れたボールペンを使いたいと思いますが、

 目上の人にボールペンを使うのはビジネスマナーではNGです。

 

おすすめは・・・・・

 ・毛筆(筆ペン) ・万年筆 ・黒インクのペン などです。

%e3%81%8a%e6%ad%a3%e6%9c%88

 

 

◆1月1日(元旦)に着くように送る

  会社の上司への年賀状は、必ず、元旦の朝に着くように送ります。

  元旦に着くためには、12月25日までにポストに投函しましょう!

%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%9e

 

「お正月なんて、まだまだ先のこと・・・・・」 なんてのんびり構えていると、アッと言う間に期限が迫ってきます!

なるべく早く作成して、忙しい年末を計画的に乗り切りましょう”!

%e6%8c%a8%e6%8b%b6

関連ブログ記事