悩んだらコレ、年賀状に添える手書きの一言で親近感アップ!

img3
そろそろ年賀状の準備の季節ですがみなさん準備は出来てますか~

 

私はと言いますと、いつでも出来る環境下の中お客様優先でなかなか自分の分が後回しになり

毎年なかなか時間が割けずいつっも師走のギリギリの時期に作ってしまいます

作ったら作ったであて先だけ書いてそのまま出すのはダイレクトメールみたいで

相手に対しても無作法なので

手書きで一筆付け加えるのが私流(たぶん皆さんそうかもしれませんが)なのですが

毎年おんなじ文章じゃ~新鮮味が無い

ま~だいたい私の場合は

【今年もよろしく】とか

【今度吞みに行きましょう】とか【また会いましょう】とか【お元気ですか】とかが多いんですが

当社の年賀状印刷、少々スペースがあり一筆したためる事が出来ますんで少しぐらい時間を掛けて

手書き文を加えることでより親近感アップ?(したつもりになる)

 

※一筆入れるのが面倒なのでスペースをなるだけ作らないでってご注文もお受け出来ますが

年に一度の行事ですが一枚のポストカードが差し出されるお相手に対し

「気にかけています」ということをさりげなくアピールできるチャンスですし

お相手に興味を持って頂ける重要なツールでもあるんですね。

なのでそのまま一筆入れずに出すダイレクトメール型の年賀状に対して

手書き一筆書き添えの年賀状ってあなたの印象が強く残る重要な一枚になるんです。

 

でもでも、なんて書くん?ということで

いくつか例文をご紹介しま~す

 

まずは一番気を遣う目上の方への年賀状+一言例

【今年で○○歳とか入社○年目、これまでのご指導を活かせるようにさらに努める決意でおります】や

【いかがお過ごしでしょうか?お体気をつけてお過ごしください】とか

【昨年中は親身なご指導を頂きありがとうございました】など

 

同僚や友人宛には

【お互いにとって益々良い一年になりますように】とか

【お互いに飛躍の年にしたいですね~】なんか書いたり

【お仕事大変でしょうが頑張ってください】とか

 

しばらくご無沙汰の友人宛に

【あっという間のこの一年でしたが○○さんはどんな一年でしたか?今年も宜しく】とか

【いま、どんな仕事ばしよるとね? こっちは相変わらず○○しよるとよ】とか

 

ただ社交辞令で出す疎遠な親類関係は何も書かず手は抜いちゃいますが

時間余裕があれば手を抜かずに済むので今年は自分の分も早めに年賀状を

作ろうかと改めて思いました。

 

当社の印刷年賀状ならWEBからでもオーダーカンタン

気に入った絵柄を選び、真ん中のあいさつ文を決めて

住所・氏名を入力するだけあとはお引取り店舗を決めると最短当日仕上げです

店頭での手書き注文用紙からのご注文ももちろんいけますが

店頭受注は20%~最大半額に対して

ネットだと12月11日までの受付が30%~最大半額なんですよ~

ネットでのご注文は⇒http://www.cameranonaniwa.co.jp/nenga/

ぜひご検討くださいネ。

関連ブログ記事