iphone修理 ナニワグループ

線のような模様iPhone液晶に出てしまった際の修理方法

iPhoneを使用していると、うっかり落とすなどの原因から画面上に線のような模様が入ってしまうことがあります。ガラス面は割れていないにも関わらずね液晶に線が入ってしまうのは、内部の液晶面とタッチパネル面が破損しているためと考えられるでしょう。デジタイザ付き液晶パネル交換は、街のアイフォン修理専門店に持ち込めば即日交換が可能です。


iPhoneの画面は歴代の機種ごとに構造が変化しているので、故障した液晶パネル交換のみを行えば良い場合と、そもそもiPhoneの画面パネルがタッチセンサーだけでなく液晶パネルと一体成型されている機種の場合があります。放置しておくと、誤作動やタッチセンサーが反応しなくなる可能性があるので、パソコンにバックアップを取得して、近くのアイフォン修理専門店へ持ち込むと良いでしょう。


アイフォン修理専門店では、iPhoneの機種別に症状から交換が必要となるパネルの種類を説明した上で、交換修理を行なうので安心です。液晶パネル交換と同時にガラス面まで交換する必要があるのか、内部の液晶パネル交換のみで済むのかは、素人目に見ても区別がつきにくいので、アイフォン修理の専門家に修理見積もりをして、早めに破損部品を交換修理すると良いでしょう。

関連の記事

iphone修理
2017/06/05

iPhoneが勝手に動く!?液晶の不具合が発生したら

  • #オススメ
iphone修理
2017/06/03

iPhoneの液晶が反応しない!治す方法は?修理の費用は?

iphone修理
2017/06/03

iPhoneバッテリーが消耗してきたと感じたら、交換で快適復活しよう!

もっと見る