入荷情報 レモン社 新宿店

【入荷情報】Rollei C35

本日ご紹介する商品は こちら

Rollei C35 です。

ナニワグループオンラインには近日掲載されます。


【Rollei35シリーズについて】

Rollei35シリーズと言えば『元祖 高級コンパクトカメラ』として非常に有名なカメラであり、CONTAX Tシリーズ、リコー GRシリーズ、ミノルタTC-1などの一世代上のモデルに当たります。


当時からローライは他社より部品供給を受けて、それを組み立てて製品化する手法を取っており、このローライ35シリーズでも、レンズはカールツァイスのテッサー(のちにゾナー、トリオターも)、シュナイダー製クセナーを採用し、シャッターはデッケル社、露出計はゴッセン社など、当時の一流メーカーの部品を使用しています。


【Rollei C35について】

で、このC35ですが、いわゆるローライ35シリーズの廉価版に当たります。

1967年にローライ35(テッサー搭載タイプ)が発売になり、その後1969年にレンズが3群3枚トリオター40mmF3.5付き、露出計をセレン光読み取り式に変更した普及版B35が発売。

そしてさらに1/30以下のスローシャッターを非搭載(Bはあります)、露出計も取っ払ったモデルC35が発売されます。

廉価盤として登場したC35ですが当時は不評だったのかわずか2年ほどで製造を終了します。

しかしながら昨今このC35が見直されており、人気が出てきています。何故見直されているかは後程。


【C35スペック】

レンズ :カールツァイス製トリオター沈胴式 40mm F3.5

レンズ構成 :3群3枚

フィルター径 :24mm

シャッター :デッケル社製コンパー B、30、60、125、250、500

焦点調節 :目測式

最短撮影距離 :0.9m

重量 :250g


【C35人気のワケ】

で、何故見直されているか、ですが。

ローライ35シリーズは不調になる箇所が概ね決まっています。


①スローガバナー(シャッタースピード低速が出ない)

②露出計(メーターが動かなくなる、電池室の液漏れなど)

③沈胴レンズ機構周辺(シャッターチャージせずに収納orロックボタン押さずに回そうとする等)


が代表的な個所ですが、なんとC35は

①スローシャッター非搭載(Bだけありますが)

②露出計もなく、そもそも電池を使わない


と不具合が起こりやすい箇所を2ヵ所も事前に潰してくれているありがたい(笑 カメラです。

また、その製造期間の短さから製造台数も少なめ(約9200台、B35が約20万台なのでかなり少ない!)で価格も高騰するケースも散見されます。


C35各部】

ではC35を見ていきます。

これはレンズを沈胴させた状態です。

軍艦部にはフィルムカウンター、シャッターボタン、フィルム巻上レバーの3つしかありません。

この個体は上部真ん中に凹みがありますね。


背面です。

超シンプル(笑

MADE IN GERMANYの表記があります。


底部です。

左からストロボなどを装着するアクセサリーシュー、その右側にあるのがフィルム巻き戻しボタン。

真ん中が裏蓋開閉ノブ、右にあるのがフィルム巻き戻しレバーです。


【ローライ35、B35との違い】


ローライB35

こちらはB35です。

前面のプレートがB35に。

ファインダー横にセレン光の受光部があります。

また軍艦部には中央に大きく露出計があります。

C35のシンプルさが際立ちますね。


ローライ35(テッサー)

こちらは初代のローライ35です。

ファインダーの位置が右端にあり変わっているのがわかるかと思います。

またレンズの左右にシャッター速度と絞りのダイヤルがありメカニカルな印象を与えます。


C35はファインダーが中央に移り、35T、35Sをお持ちの方が購入されると戸惑うことが多いです。

その理由がコレ



中央に寄ったことでファインダー内にレンズの鏡筒の一部が見えるようになります。

ファインダーの明るさも上位モデルに比べると低下しますが、それでも充分に明るく、見やすく、歪みも感じられない良いファインダーだと思われます。

またレンズとより近くなっている為、撮影画像との差も感じられにくくなります。


【取扱いの注意点】

これはローライ35シリーズ共通ですが

  1. 必ずフィルムの巻き上げを行ってからレンズをしまうこと
  2. フィルムを撮り終わった際は巻き上げ途中になっていることが多いので、フィルム取り出し後に必ずフィルム巻き上げを行う事。

この2点が非常に大事です。

無理に沈胴させようとすると壊れます。


また、このカメラは距離計がなく目測式です。

目測式のカメラを使用する際は、

・少し絞って(F8以上)撮影をする。

・感度が高めのフィルム(400以上)を使う。

のがピントの合う範囲が広くなり、失敗写真が少なくなると思います。



【まとめ】

ローライC35はローライ35の廉価版・普及機ながら、故障個所の少ない安定した機械式のカメラです。

絞りリング・シャッタースピードなども合理的に配置されたシンプルでいて効率的な改善の施された傑作カメラであり、その製造数の少なさから見かけたら押さえておいて損のないカメラではないか、と思います。


商品ランク :B ※上部凹みなどの為

価格 :¥32,000

付属品 :フロントキャップ、ストラップ、ケース


中古カメラは1点モノですので品切れの際はご容赦ください。


担当 :みなみ

この記事のハッシュタグ

関連の記事

入荷情報
2017/11/17

【入荷情報】Thule Covert DSLR Backpack TCDK-101

  • #リュック
入荷情報
2017/11/16

ニコン AF-S 300/4E PF ED VR 中古商品入荷情報

入荷情報
2017/11/15

キヤノン EF-S 24/2.8 STM 中古在庫情報!

  • #単焦点
  • #キヤノン
もっと見る