撮影地情報 オンラインショップ

撮影地のご紹介~岐阜県関市板取『モネの池』

いつもナニワグループオンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。
担当の千原です。

今回ご紹介する撮影地は、岐阜県関市板取『モネの池』です。

名もなき池 通称『モネの池』は岐阜県関市板取にあります。
『モネの池』の言われは、
『この池は、湧水により自然にできたものです。特に名前は付いていませんでしたが、
池を魅力的な場所にしようと、地域の皆さんが回りの環境を整備し、スイレンを植えました。
あるとき、池を見た人々が「池がクロード・モネの名画にあまりにも似ていて、美しすぎる」
などと、SNSで書き込むと、それが瞬く間に広がり、いつの間にか「モネの池」と呼ばれるようになりました。』
ということです。(案内看板より)

6月18日に撮影に行きました。残念ながら透明度があまりが良くなく納得できる写真は撮れませんでした。
雨降りのあとは水が濁ると聞いていましたので、天気ばかりを気にしていましたが、現地の人に聞きますと
雨が降り、二三日天気が良い日の後が水量も多く水が澄んで綺麗だとのことでした。

又、撮影の時間帯は、今の季節ですと日差しが強くなる前、9時半まででないと良く写真で見る色合いは
出ないとのことでした。

当日は、自宅を6時に出発し現地に着いたのは10時過ぎでしたので、次回は天候と時間帯に留意して
挑戦したいと思います。

又、今回私は初歩的なミスをしてしまいました。何故かISO感度が6400に設定されていました。(実は今回で2回目です)
たぶん前回の撮影時の設定のままになっていたと思います。
ファインダー内でISO感度が表示されているにもかかわらず、気付かず撮影していました。
自分のドンくささにあきれています。

皆様はこのようなことは無いと思いますが、撮影前に設定を確認しましょう。

それではご覧下さい。

モネの池
有名になりすぎです。大勢の人が詰掛けています。

モネの池
XF16-55(28) 1/400 f10 ISO6400

モネの池

XF16-55(44) 1/400 f10 ISO6400

モネの池

XF16-55(55) 1/400 f10 ISO6400

モネの池

XF16-55(46) 1/400 f8 ISO6400

モネの池

XF55-200(105) 1/420 f16 IS6400

『アクセス』
岐阜県関市板取396番地

●東海環状自動車道「関広見」ICから 国道418号線を根尾方面へ、国道256号線に入り洞戸方面へ約26Km

●JR岐阜駅から岐阜板取線で「洞戸栗原車庫」へ、板取ふれあいバスにのり「白谷あじさい園」で下車、
徒歩150mで到着

詳しくは
岐阜県観光連盟公式サイト
http://www.kankou-gifu.jp/spot/5094
をご覧下さい。

私は時間に余裕が無く見学できませんでしたが、余裕があれば

美濃和紙の里会館
http://www.minokanko.com/minowashi/

うだつの上がる町並み
http://www.minokanko.com/udatsu/index.html

など見学されてはいかがでしょうか。

撮影日
2017年6月18日

使用カメラ レンズ
フジフイルム
X-E2
XF16-55mmF2.8 R LM WR
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

最後までご覧頂き有難うございます。
今後もより良いサービスを提供できるよう日々努めてまいりますので、
引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

関連の記事

撮影地情報
2017/11/22

撮影地紹介~ 和歌山県新宮市熊野『瀞八丁』

撮影地情報
2017/11/08

超ローカル情報ですが「第5回 上久原ふるさとかかし祭り」が面白い!

撮影地情報
2017/11/02

撮影地紹介~三重県名張市『香落渓の紅葉』

もっと見る