コラム カメラのナニワ あべの店

知れば中古カメラをもっと楽しめる 写真フィルムの種類と特徴


フィルムカメラに興味のある方は多いかと思いますが、一言にフィルムと言っても色々と種類やサイズがあるのはご存知でしょうか?

写真フィルムサイズの種類や特徴を知ることで、 中古カメラをよりいっそう楽しむことができます。
今回の記事では、10種類以上のフィルムをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

現在では入手困難なフィルムも

35mmフィルム、ブローニーフィルム、45(しのご)フィルム、110(ワンテン)フィルム、APSフィルム、等々他にも沢山種類があります。

見た目のカッコよさでカメラを購入すると肝心なフィルムの入手が困難であるとか、最悪フィルムが手に入らないなんてこともあり得ます。

ネットオークションなどではなくカメラ屋さんでカメラを購入すれば購入時に一声、
『フィルム入手できませんよ~』とか、『入手困難ですよ~』など、教えてもらえるかと思います。

正直、現在そんなに特殊なフィルムを使うカメラは出回ってないとは思いますが、ポケットフィルムやミノックスフィルムを使うカメラ・・・などは注意が必要ですね。

フィルム形状はロールとシートの2種類

カメラフィルムは形状で分けると、ロールフィルム、シートフィルムの2つに分かれます。

◆ロールフィルム

軸(スプール)に巻きつけられていたり、専用パトローネ(フィルムが感光しないように遮光されている筒状の物)に入っているタイプがあります。
代表的なロールフィルムは、私も含め一般的な皆さんがフィルムと言えば35ミリ判フィルムですが、他にも色々あり、ブローニーフィルム、生産完了になっているAPSフィルムや110(ワンテン)フィルム等がこれにあたります。

◆シートフィルム

名前の通り1枚1枚シート状のフィルムで、大判カメラで使用されるフィルムです。


それでは、色々なタイプのフィルムについてもう少し説明させて頂きます。?

フィルムの種類とそのサイズ・形状

◆35ミリフィルム

フィルムの上下にパーフォレーション(穴)が有るのが特徴です。
名前にもなっていますが、フィルム幅が35ミリです。(勘違いされている方が多いですが、撮影出来るサイズは短辺24ミリ長辺36ミリです)

ライカ社が最初にもともとは映画用フィルム(18×24ミリ判の2コマを1コマとしてカメラを作った。)からの流用でパトローネに入ってます。昔は通称ライカ判、現在はあえて言えばですがフルサイズ判と言われています。取扱いが簡単でサイズ的にも適当な所から一般に広がったとされています。

(サイズ的に適当と言ったのは、フィルムサイズが小さいとプリント時、引き伸ばしに耐えられなく映像が荒れてしまいます、サイズが大きいとプリントには有利ですが機材の大きさが大きく取り回しも悪く、機材を購入する際にも価格的に高価になる為)

◆ブローニーフィルム

ロールフィルムの代表的なフィルムで、幅が約60ミリのフィルムを指します。サイズは「6×6センチ」で等中判カメラに使用されてます。
スプールに遮光紙と巻かれていて、紙巻フィルムと言っていた方もいました。
特徴は、カメラの画面サイズにより撮影枚数が変わるところです。

  • 6×4.5センチ判(通称ロクヨンゴ)なら、15~16枚
  • 6×6センチ判(ロクロク)は12枚
  • 6×7センチ判(ロクナナ)は10枚
  • 6×8センチ判(ロクハチ)は9枚
  • 6×9センチ判(ロクキュウ)は8枚

このフィルムは35ミリ判に比べ645でも画面面積が約2.7倍になるので大伸ばしに有利、画質にこだわりのある方に人気のカメラが多数出ています。

◆シートフィルム

4×5インチ判、5×7インチ、8×10インチ等 1枚1枚シート状になっています。
自身でフィルムホルダーにセットするタイプのフィルムで、フィルムの1辺にノッチ(ノッチコード、コードノッチ)切り欠けがありフィルムの種類により違って表裏が判るようになっています。

?◆ポラロイドフィルム《インスタントフィルム》

本家ポラロイド社は現在フィルムを販売してませんが、「Impossible」というメーカーがポラロイド600シリーズ、sx70シリーズ、スペクトラシリーズのフィルムを販売してます。

◆110(ワンテン)フィルム《ポケットカメラフィルム》

一時、各フィルムメーカーが生産完了して市場から消え去られていましたが、ロモグラフティー社が生産をはじめてたため、現在(2016/11/08)は入手可能です。

?◆APSフィルム《IX240フィルム》

APSはアドバンスト フォト システムの頭文字から来てます。フィルム幅は24ミリ、画面寸法は16.7×30.2ミリで専用カートリッジに入ってます。デジタル一眼でこのフォーマットサイズを使っているモデルがありますのでサイズだけは慣れ親しんでる方も多いのでは?!
只、フィルムは生産完了して現状入手出来ません。

◆ミノックス用8×11《シャラン・アクメル用》

小型スパイカメラで有名な「MINOX」で使用されていたフィルム、他メーカーもこのフィルムを使うカメラを出していて、メガハウスの「シャランシリーズ」や浅沼商会の「アクメルシリーズ」、フジやヤシカ他なども出していたと記憶します。入手困難ですが、中古カメラ屋さんを細かくチェックすればまだ手に入るようです。

?◆ディスクフィルム

コダックがディスク(円盤)に円周に沿って,小さいフィルムを15枚並べた形状のものをプラスチックカートリッジに入れたフィルム。現状、現像所での取り扱いも終わってます。
カメラの大きさが小さく薄い為、携帯するのに良かったのですが、フィルムの画面サイズが小さすぎて画質が悪くあまり普及しませんでした。?

◆その他

その他にもまだまだフィルムの種類はあり、

  • ロールフィルム
  • ミゼット判フィルム
  • 127(ベスト判)フィルム
  • 620フィルム
  • 828(バンタム判)フィルム

これらはインターネットで探せばまだ入手できるかと思います。

まとめ

デジタルカメラが普及する前は、35ミリ判が最もポピュラーなフィルムで、フィルムと言えばそれ(35ミリ判)しかご存じない方も多かった思います。

ですが、その頃から今回ご紹介したサイズ・形状のフィルムは存在していて、フィルムが出て一世紀以上も経ちますから、もっと他のサイズも出ているのではないかと思います。

中古フィルムカメラの購入を検討をされている方、インターネットでまだまだ購入できるフィルムもあるかと思いますので、状態が悪すぎてオブジェにしかならないカメラに注意のうえ、探されてみてはいかがでしょうか?

思いのほか味のある画像が手に入るかも!

この記事のハッシュタグ

関連の記事

コラム
2017/11/30

バルナックライカのフィルム装填方法

コラム
2017/11/30

ライカ親爺のうんちく(もっと続きます)

コラム
2017/11/27

続!初めての一眼カメラにおすすめ!エントリーミラーレスカメラをご紹介!

  • #フジフイルム
  • #オールドレンズ
  • #ソニー
  • #ミラーレス
もっと見る