イベント カメラのナニワ 心斎橋本店

CP+(シーピープラス)2017 レポート【マンフロット編】

こんにちは、カメラ担当 吉冨です。本日は、2017年2月23日(木)~26日(日)にパシフィコ横浜にて行われる、日本最大級のカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+ 2017」の視察行いましたので、各社から発売される新製品をご紹介させて頂きます。

マンフロットブース

毎年、他社にはない独自の商品をみせてくれるマンフロットです。今年も数多くの新製品が出展されているので、ご紹介していきます! カメラバッグの新モデル「Windsor(ウインザー) コレクション」です。

Windsorバックパック

 

WindsorメッセンジャーS

 

WindsorメッセンジャーM

 

Windsorショルダーバッグ

 4月20日に4タイプ(Windsor バックパック、Windsor メッセンジャー M、Windsor メッセンジャー S、Windsor ショルダーバッグ)発売されます。第一印象は「これ、ほんとにカメラバック?」といった感じで英国調でありながらカジュアルなデザインで、ジーパンにTシャツといったラフな服装にも合いそうなデザインです。 

お洒落な外見ですがしっかりと収納することができます。

外観はオシャレなデザインですが、しっかりとした丈夫な生地で作られた外観に、たっぷり収納が出来るインナーの作りは、さすがマンフロットといった感じです。 続いては、大人気のトラベル三脚「befree(ビーフリー)」シリーズに新たなカラーバリエーションが4色(レッド、グレー、ブルー、グリーン)追加されます。

befree colorの4色(レッド、グレー、ブルー、グリーン)

 befreeとは、2013年6月に発売されたアルミニウム製のトラベル三脚なのですが、befreeの最大の特徴が・・・脚を180°開脚させることで無駄のないコンパクトな収納が出来るんです。このサイズなら、持ち運びも苦にならないですよね。「befree color」シリーズ、4色は共に2017年3月17日に発売です。 続いてはコチラ

XPRO monopod+ シリーズ

 マンフロットの一脚XPROシリーズがリニューアルして登場従来との違いは、価格改定による値下げとフルードビデオ一脚のベース部との対応になります。XPROシリーズの主な特長は・・・
  • "クイックパワーロック"というXPROシリーズ独自の機構で片手でもロック操作がスピーディーにおこなえます。
  • 幅の広く、肉厚なゴム製レッグウォーマーが付いているのでグリップ感に優れています。
素材は、アルミニウムとカーボンファイバーの2種類から選ぶことができ、アルミニウムは3段、4段、5段/カーボンファイバーは4段、5段のいずれかの中から選択できます。リニューアルされた「XPRO monopod+ シリーズ」は3月17日に発売されます。 以上、今年も数多くの、便利で個性豊かな商品が並ぶマンフロットブースでした!

関連の記事

イベント
2017/08/16

デジタルカメラを持ち出し、大阪初の世界文化遺産を目指す古墳群へ 

イベント
2017/07/05

兵庫県伊丹市自衛隊駐屯地に行ってきました。

イベント
2017/06/21

京都の国宝・重要文化財を特別に見せてもらいに行きました。

もっと見る