商品レビュー カメラのナニワ 京都店

千代田光学 スーパーロッコール45/2.8 レビュー

こんにちは、カメラのナニワ京都店 たかはしです。

今回レビューいたしますレンズは千代田光学・スーパーロッコール 45/2.8 でございます。

1948年頃に登場。
家紋の梅鉢に形状が似ている為、「梅鉢」ともよばれる独特な形状のピントリングはまさに職人芸。
前期型、後期型が存在し、今回試用する後期型には写真のようなピントレバーが追加されています。

元々ライカコピーで有るミノルタ35のレンズとして登場しましたが、
レンズの光学設計はドイツにならったエルマーのようなテッサー型ではなく、
イギリス寄りの変形トリプレット型なのは千代田光学、後のミノルタの
他とは違う物をつくろうというこだわりでしょうか。果たしてその実力やいかに。

モトコー外観
今回は神戸元町高架下商店街
通称「モトコー」にて撮影を行いました。
ボディはOM-D E-M5にL39アダプターを介して使用。

戦後の闇市をルーツに持つ商店街はノスタルジックな雰囲気で
オールドレンズとの相性も良いです。

??

描写は柔らか目でナチュラルな色味。
45mmと言う画角が程よく、マイクロフォーサーズになれば90mmになるので
これまた使いやすく、梅鉢のピントリングの指掛りも良好。

後期型になってなぜ、ピントレバーが追加されたのかと最初気になったのですが
慣れないうちは、ピントリングと絞りリングが近い為に誤操作することがあり、
そういう時にピントレバーを使いましたし、更に近接撮影時に細かい微調整も利きやすく
使ってみると、確かな改良であることがわかりました。

?
シュウイン・ビーチクルーザー
良い具合に古びた、アメリカのシュウインのビーチクルーザー自転車。
開放でもピントが合ったところの描写はしっかりしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ミシン台
ボケ味は普段は穏やかなボケで、かつ線は太目の印象。

特徴的なレンズの外見とは裏腹に結構実直なのか、と思いきや
撮影距離と光の条件によっては
派手にトリプレットらしいグルグルボケが出ることもあり、楽しませてくれます。


洒落た洋服店
強い光源のある場所では歳相応のフレアが。
今回使用した個体はコーティングに劣化が見られるため、フレアが出やすい傾向があるようです。

?
モトコー5番街 

解像力は決して高くはないけれど描写力のある、不思議なレンズ。
その硬過ぎない描写は、モノクロに良く合います。

モトコーは現在、高架下の耐震補強計画に伴い存続が危ぶまれています。
2017~18年には無くなる可能性がありますので、撮影のチャンスは残り限られています、
色濃く残る当時の空気を写し取りたい方は、お早めに。

rokkor
40年代、ミノルタの黎明期の意気込みを感じられるスーパーロッコール 45/2.8
お求めの際はぜひ、カメラのナニワにどうぞ。

担当 たかはし

関連の記事

商品レビュー
2017/12/07

レモン社銀座店:商品レビュー シグマ30mmF1.4 DC DN(マイクロフォーサーズマウント)016

  • #単焦点
  • #ミラーレス
商品レビュー
2017/12/05

今年最後の流星群の紹介!ふたご座流星群とこぐま座流星群

商品レビュー
2017/11/30

簡単で便利!スマホとカメラの接続方法

  • #キヤノン
  • #オススメ
もっと見る